花良治移住体験ツアーin喜界島 初日

こんにちは。
喜界島移住体験ツアーレポーターのrieです。

台風の影響で延期した喜界島移住体験ツアー2014は、
2015年3月4日(水)~3月8日(日)の4泊5日で開催されました。

名称は「~住んで学んでお手伝い~花良治移住体験ツアーin喜界島」
花良治移住体験ツアーバナー花良治移住体験ツアーバナー

空き家再生ゲストハウス「花良治おもてなしハウス」のある
花良治(けらじ)集落を拠点にしたツアーで、
集落散策や集落の方々との交流、花良治おもてなしハウスの看板づくりなどが目玉です。

集落を限定してチャレンジした今回のツアーですが、
なんと、募集開始から申し込みが相次ぎ、わずか1週間で定員オーバー。
しかも、参加者は全員20代!(驚)

東京の大学で観光を学ぶ、島好き&田舎好き女子3人組、
鹿児島南大隅町で地域おこし協力隊として活動するSさん、
奄美市にインターンしている熊本、鹿児島の大学生3人組の7名。

東京から到着した参加者東京から到着した参加者

みなさん、田舎には興味はあるけれど移住はまだ先のこと。
このツアーに参加しても良いのか不安だったようで、
事務局にも参加して良いかとの問い合わせが先にあったようです。

これに対して、受け入れの喜界島観光物産協会の東さんは、
「3月は学生さんの春休み。だから学生が来ることも想定内。」と笑い、
「今回のツアーで喜界島ファンになって、いつか移住してくれればと思って
企画したんで、ウェルカムです。」と自信げです。

おもてなしハウスの前でおもてなしハウスの前で

前置きが長くなりましたが、初日のツアーレポートです。

この日は、鹿児島、奄美大島、東京からと、参加者がバラバラに到着するため、
案内役の東事務局長は大忙し。

到着したら、まず、花良治おもてなしハウスへ。

おもてなしハウスの説明を受けるおもてなしハウスの説明を受ける

おもてなしハウスの写真に見入るおもてなしハウスの写真に見入る

初日の夜は、これからお世話になる花良治集落のみなさんと
島豆腐入りのすきやきを囲んで懇親会。

集落の方と顔合わせ集落の方と顔合わせ

「どうして、こんなマイナーな喜界島を選んだの?」
「何が目的なの?」
地元の方は参加者に興味深々です。

参加者を質問攻め参加者を質問攻め

「都会で生まれ育ったから、田舎がどんなところか知りたくて・・・」

「地元の方と一緒に看板づくりとか、普通じゃ体験できないから!」

「奄美大島との違いを知りたかったから!」

そんな問答を繰り返しながら、徐々に盛り上り、最後はみんなで記念撮影!

記念撮影記念撮影

明日は集落散策です。
晴れますようにと、みんなで祈って解散となりました。