沖永良部島移住体験ツアー2015 1日目

2015年11月20日(金)~11月22日(日)の日程で開催される、沖永良部島移住体験ツアーを取材しました。
今日は、その初日。
11月も下旬というのに、なんと25度を超える夏日!
沖永良部空港沖永良部空港
空港で参加者を出迎え、ツアースタートです。

ツアーのコーディネーターを務めるのは、移住歴12年目のNPO心音(こころね)安徳さん。
参加者の希望に沿ってツアー内容を組み立てようと、1組限定のツアーにしたそうです。
そんな貴重なツアーに参加したのは、福岡からの30代ファミリーのNさん。

ツアー中に滞在する島民泊あ~みちゃで、オリエンテーションを行ったら、
あ~みちゃWEBサイト↓
http://amicha-okinoerabu.blogspot.jp/
オリエンテーションオリエンテーション
あ~みちゃあ~みちゃ
視察先の保育園に向かいます。

まずは、島で一番規模の大きい和泊保育園。0歳児から6歳児を預かっています。
保育園を視察保育園を視察
続いて、お隣知名町にある保育園と幼稚園が一体になった認定こども園を訪問。
認定こども園訪問認定こども園訪問
待機児童の状況は?
申し込み方法は?
など、参加者の質問に、園長が丁寧に説明くださいました。

その後、地元の商店などを見学しながら品揃えを確認しながら、宿に戻ります。

夜は、初日のメインイベント「先輩移住者との交流会」です。
ウェルカムボードウェルカムボード島の食材を使った料理島の食材を使った料理
先輩移住者と交流先輩移住者と交流
行政の取り組みを紹介行政の取り組みを紹介
交流会に参加された地元の先輩移住者は、
定年後に移住して2年目で、カレー店経営にチャレンジ中のKさんと、
参加者と同じ年齢で家族で移住して5年目のEファミリー。
移住の心構えや準備、集落との付き合い方や仕事の見つけ方など、親身にアドバイス。
焦らずじっくり考えて移住して欲しいと、参加者に理解を求めました。

参加者の要望を把握しながら、明日の行程も決めます。

明日は、滞在先の近くの玉城集落にある、空き家物件の視察からスタートです。