移住希望者の受け入れに関する島民意識調査協力のお願い

新型コロナウィルス対策の特別処置法に基づく緊急事態宣言が、首都圏を含め全国で解除されました。ただ、都道府県をまたぐ移動については、九州域内が5月末、全国では6月中旬まで自粛要請が続いております。

これまでの移住支援は、移住体験ツアーなど、まず来島してもらい、人とのつながりを大事にする島にあって、出来るだけ多くの島民との接点を持ってもらうことに力点を置いてきました。しかし、この対面を重視する支援活動では、新型コロナウィルスの第2波、第3波などが発生した場合に対応できなくなるため、移住支援においても「新しい生活様式」を取り入れた在り方を模索中です。
つきましては、移住を検討している方々の受入についての島民意識に関するアンケートを島内に在住されている方々にご協力をお願いする次第です。忌憚のないご意見を賜れば幸甚です。ご回答いただきました内容は、今後のよりよい移住支援体制構築に活用させていただきます。

株式会社ねりやかなや
代表取締役 山腰眞澄
info@neriyakanaya.jp


*************移住に関する島民意識アンケート*************

下記アンケート項目に、ご回答ください。
記入後に、末尾の「送信」ボタンをクリックしてください。

※「収束」とは一定の状態に落ち着く意味で、完全に終息する意味ではありません。

移住体験ツアーなど、集落の生活や島民との接点を持ってもらうプログラムがあります。人口集積の高い地域ばかりでなく、過疎地域も回り、職場見学、行事出席や宴席などの密閉、密集、密接の3密のメニューもあります。