与論島(よろんじま)ってどんな島?

◇与論島(よろんじま)、ヨロン島(よろんとう)どっちが正しいの?
正式には「与論島(よろんじま)」ですが、昭和40年代の観光PR戦略として、南国の島、海外の島をイメージして「ヨロン島(よろんとう)」という表現や活字を使っていました。
今では「よろんとう」の方が島外では多く使われているかも知れませんね。
与論島与論島

◇地理
 与論島は鹿児島県の最南端に位置しており、島の南方23km先には沖縄本島が間近に望めます。
北方32km先には沖永良部島、鹿児島までは560km以上あります。
周囲をエメラルドグリーンの海原と珊瑚礁に囲まれ、周囲23km、面積20.49k㎡、最高標高97mの平坦で小さな島です。

◇気候
年平均気温が22.7℃と温かい島ですが、冬の季節(1月)は15℃前後、寒い時で10℃くらいまでは下がることもあります。
また、冬は偏西風が強く、体感気温はもっと低く感じることもあります。

◇交通(島へのアクセス)、料金等
与論島までの交通手段は、飛行機と船(フェリー)になります。

▼飛行機の場合
>鹿児島~与論(1時間20分):日本エアコミューター http://www.jac.co.jp/

>奄美大島(曜日により沖永良部島経由)~与論(45分~):日本エアコミューター

>沖縄(那覇)~与論(40分):琉球エアーコミュータ http://rac.churashima.net/index.html

※いずれの便もJALグループなので、各地からの乗継割引等もあります。
●例えば今の時期・・・・・東京発着の場合
>鹿児島経由:羽田空港8:05⇒9:55鹿児島12:25⇒13:45与論着
・・・・・特別乗継割引47,350円(片道)
>沖縄経由:羽田空港8:35⇒11:15沖縄12:35⇒13:15与論着
・・・・・・・・特別乗継割引設定なし
※特別乗継割引はJALと日本エアコミューター路線の設定です。
(これは旧JASとJACのグループ会社の名残です)
※もちろん、全日空やスカイマーク、LCC等との乗り継ぎも時間により可能ですので、マイレージや早割等と組み合わせてご利用いただけます。
 又、夏季シーズン等は増便もあるのでオフシーズンより接続しやすくなりますので、ご確認ください。
※マイレージ特典航空券やおともでマイル、最近では片道マイル等色々ありますので併用してご利用ください。

☆でも普段一番お得なのは、パックツアーかも知れませんよ!
●例えば4・5月の平日出発・・・・各地発着・沖縄経由の場合(パンフレット:JALパックふらり沖縄より)
>東京:2泊3日朝食付き(2名1室1名のツアー代):40,800円~
>名古屋:2泊3日朝食付き(2名1室1名のツアー代):43,800円~
>大阪:2泊3日朝食付き(2名1室1名のツアー代):38,800円~
>福岡(鹿児島経由):2泊3日朝食付き(2名1室1名のツアー代):49,300円~
こんな感じになります。

▼船(フェリー)の場合
>鹿児島と奄美諸島、沖縄本島を結ぶフェリーが毎日上下便1便ずつ運航しています。

>マルエーフェリー http://www.aline-ferry.com/

>マリックスライン http://www.marix-line.co.jp/index.htm

※車も積み込めます。
●鹿児島~奄美大島・名瀬港~徳之島・亀徳湊~沖永良部島・和泊港~与論島・与論港~沖縄・本部港~沖縄那覇港

※のんびり船旅もいいかも知れませんね。但し、1日1便ずつなので各島で1泊が必要かも。
>東京・鹿児島志布志・奄美大島・沖縄那覇航路もありますが、普段は与論に寄港しません。また、神戸・大阪・奄美大島・徳之島・沖永良部島・与論・沖縄航路も寄港が不定期なので確認が必要です。
http://www.aline-ferry.com/

◇言葉
日本語(共通語)時々方言、ところにより方言ばかりでしょう!ちなみに文法は一緒です。
※方言と共通語を使い分けているだけで、みんな共通語が話せるのでご安心を!

◇文化
かつて琉球の時代が340年続いたので、地理的・文化的にも琉球文化が色濃く残っていますが、薩摩の琉球征伐や戦後の分離時代を経て、琉球と大和の文化が混ざった与論文化とも言えます。(行政区は鹿児島県です)

◇リンク情報
気候や医療、教育等の詳しい情報は以下をご覧ください。

●与論町 http://www.yoron.jp/

●ヨロン島観光ガイド http://www.yorontou.info/

●webよろん http://www.yorontou.net/

●与論情報サイト http://www.yoron.tv/

☆小さな島ですが、人も気候温かく、程よく賑やかで、医療・学校も整っていて、物価は高いけど、賃金も安いけど、ちょうどイイ感じの島だと思いますよ。
百聞は一見に如かず!一度訪れてみてください。お待ちしています。

他にこんな情報があれば・・・・というのがあればお申し付けください。
よろしくお願いいたします。

与論島コーディネーター 柳田孝志