沖永良部島ってどんなところ??

沖永良部島(おきのえらぶじま)は奄美群島の南西部に位置する島で、
鹿児島県大島郡に属し、九州本島から南へ536km、沖縄本島から北へ約60km、
北緯27度東経128度付近に位置する隆起サンゴ礁の島です。

東西約20km・西辺の南北が約10km、面積93.65km²。
南北に伸びる琉球海溝の西側に連なる南西諸島に属します。

隆起サンゴ礁の島で、全島ほとんどが裾礁型のサンゴ礁起源石灰岩
(第四紀層の琉球石灰岩)で被われています。

温暖な亜熱帯性気候で年間平均気温は22℃であり、奄美群島の中では
冬の気温が比較的温暖で沖縄本島とほぼ同じです。

沖永良部島の文化は沖縄本島に近く、同じ琉球文化圏にも属しています。
奄美群島では概ね奄美大島から与論島方面に南下するに従って琉球文化の色彩が濃くなっています。

温暖な気候と適度な降雨は農業に適しており、島には赤土の畑が広がっており、
ジャガイモやサトウキビの他、特産のテッポウユリ(エラブユリ)やフリージアなどの球根栽培、
グラジオラスなどの花卉栽培などが盛んです。

和泊町公式サイト
知名町公式サイト

交通アクセス
◆飛行機◆
沖永良部島まで直行便が出ている主要空港は、鹿児島、那覇になります。
鹿児島便:JAL
JAL公式サイト
沖縄便:第一航空
第一航空公式サイト

◆フェリー◆
東京(鹿児島経由)、神戸(大阪経由)、鹿児島、那覇(奄美群島経由)が主要航路となります。
鹿児島~沖永良部島で約18時間です。フェリー会社は、マリックスライン、マルエーフェリーです。
マリックスライン
マリックスライン公式サイト
マルエーフェリー
マルエーフェリー公式サイト