『奄美群島 市町村+Masumiだより』では、市町村とねりやかなやが発信する移住支援情報をご紹介しています。

瀬戸内町のコーディネータ、南澤良幸です

田舎暮らし・島暮らしをお考えのみなさん

こんにちは、
移住支援コーディネータの南澤良幸と申します。

奄美大島の奥座敷といわれる瀬戸内町の嘉鉄に住んでいます。
奄美に移住して、早10年の月日が過ぎました。

出身は生まれも育ちも東京で、家内ともども
奄美大島には移住を考えてから初めて来ました。

都会の喧騒を離れて、田舎暮らしがしたいその思いだけで
10年前に移住してきましたが、かなり無茶な
移住の仕方であったと思います。
面白い経験がたくさんできかなり刺激的な時間を過ごしています。

移住希望者の方々には、私が経験したことを基に
移住希望者の思いを沿いながら、よりよい移住を
実現できるように力になればと思いますので、
いろいろなことを話しながら、奄美移住の力になれればと
思いますのでよろしくお願いいたします。

東京のサンシャインでお目にかかりましょう!

Masumiです。

今週末の11/26-11/27に東京の池袋サンシャインシティで
全国の島々が集まる「アイランダー 2011」が開催されます。

全国の移住促進に積極的な離島に交じって、奄美群島も
ブースを出展します。
そのブースには、奄美群島広域事務組合のメンバーと
来年1月20日実施予定の奄美大島移住体験ツアー
ガイド、水間忠秀さんと私が詰めてます。
ツアーのこと、移住のこと、なんでもお話しましょう!

開催は11/26-11/27 10:00~18:00
東京 池袋サンシャインシティ 文化会館3階展示ホールC
詳しくはこちら↓
http://www.i-lander.com/2011/index.html

★喜界島★移住支援コーディネーター紹介 ~其の壱~

みなさん、こんにちは(^0^)/

喜界島の移住支援コーディネーターになりました。

喜界町観光協会観光コーディネーターの上園田健です。

鹿児島県大島郡喜界町小野津(onotsu)在住の26歳。

1986年に喜界島で生まれ、中学・高校は野球部に所属。

卒業までの18年間を喜界島で過ごしました。

卒業後は一度島を離れ鹿児島で洋食のコックをしていました。

その後、様々な土地で多くの人に出会い、様々な事を学び、

こんな自分でも何か島の役に立てないか、という思いを

胸に4年前にUターンしました。

島民の皆様に支えられながら、喜界島暮らしを満喫しています。

まだまだ未熟な私ではございますが、少しでも移住希望者の方の

お役に立てるよう、、移住支援コーディネーターとして精一杯

頑張りますので宜しくお願いたします。

奄美市の移住コーディネーターについて②

こんにちは。
奄美市の原 英之(はら ひでゆき)です。

簡単にプロフィールを紹介します。
1974年生まれのIターンシングル、奄美市住用町に在住。
神奈川県の茅ヶ崎市生まれ。東海大学の海洋学部を卒業し、
しばらく潜水士として全国の海を潜っていました。
その後、ダイビングのインストラクターとして沖縄の小さな島に移住しました。

幾つかの島を経て、奄美大島へ。今は、島では唯一のマングローブの中を
カヌーとダイビングが出来る、ダイビング&カヌー珊瑚茶屋を経営しています。
その傍ら、漁協の正組合員として、漁師の顔も持っています。
基本的に海にいることが多いので、エラが生えてこないかだけが心配です。

どうぞ、よろしくお願いします。

連絡先:鹿児島 奄美市 住用町 西仲間339
TEL:0997-56-3020

【奄美大島 島人生活 NEO】というブログやっています。
サンゴや海、最近の奄美(住用)の情報など満載です。
   ↓
http://amaminootomodati.blog89.fc2.com/

ねりやかなや、設立4年目となりました!

Masumiです。
平素からねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

3年前の今日、2008/11/20に株式ねりやかなやを設立し、
その年の12/29に奄美大島への移住支援サイト ねりやかなやを
オープンしました。

私ごとではありますが、その年の6月に夫が急逝し、本当に失意の
どん底にいた私ですが、多くの方々に支えられてここまで来ることが
できました。
東京時代の友人、そして、この地、奄美大島でポツンと一人と
なってしまった私を陰ひなたで支援して下さる方々、
島外からも惜しみなくご支援頂いている方々、
そして、何よりこのサイトをご覧頂いている読者の方々に
深く御礼申し上げたいと思います。

2010年からは、奄美大島だけでなく、喜界島、徳之島、沖永良部島、
与論島までの奄美群島全体の移住支援サイトになりました。
今後も南の島への移住を検討されている方々へ適切な情報を
タイムリーにお届けできるよう、がんばって参りますので
今後ともよろしくお願い致します。

2011/11/20

ねりやかなや代表 山腰眞澄

徳之島町の移住支援コーディネーターについて①

初めまして、徳之島町の遠藤智(えんどう さとし)です。

徳之島町亀津の通称“アガリンバリ”と呼ばれる、
徳之島一(?)の夜の飲食街に住んでいます。
夜な夜な、通りに響くカラオケの歌声と喧騒をBGMに、PCに向かっています。

出身は宮城県の気仙沼市。大学から東京に進学し、
「教員になって帰ってこい!」という親の希望で教員免許を取りながら、
IT関連の民間企業に就職しました。

バブル全盛期で心の癒しを求めていた頃に出会ったのが現在の家内で、
“徳之島”の「と」の字も知らない南の島で暮らすことになりました。
石橋を叩いても渡らないほど慎重な私が、何故?島への移住を決めたのか
未だに不明です。

島暮らしは平成5年からで、あっという間に18年が経過しました。
私自身、何の先入観も持たずに来たので、あるがままを受け入れ、
身の回りに起きる状況に対応してきたからかも知れませんが、
来るまでは、予想もしなかった人生を送っています…^_^;

暮らすまで知らなかった島の魅力を知ってもらいたいと
WebSiteを開設して13年が経ち、島暮らしを考える方から
アドバイスを求められることもあります。

Iターンに関して、頑張っている人もいれば、それぞれの事情で
去って行った人たちも見ています。

奄美市の移住コーディネーターについて①

こんにちは。
奄美市の水間 忠秀(みずま ただひで)です。

簡単にプロフィールを紹介します。
47歳のシングル、奄美大島奄美市名瀬朝仁新町に在住。

奄美市笠利町生まれ、名瀬育ち。高校卒業後、一度島を離れ、
30過ぎでUターンしました。 平成10年に仲間と観光ネットワーク奄美を
立ち上げ、ネット関連の管理とパンフレット作成を担当しながら、
奄美大島の一般観光から自然・歴史・民俗まで、なんでもガイドしています。
シマ唄(唄・三味線)もやります。

移住・定住を考えてらっしゃる方へ一言、
シマ(奄美)の特徴は人と人の関係が近いことです。単に眺めるだけじゃなくて、
遠慮せずに声をかけて色んなことを聞いてみましょう。
シマ(集落)が異なればシマの雰囲気も違います。
一箇所だけで判断せずに、色んなシマで色んな人達と交流して下さい。

どうぞ、よろしくお願いします。

連絡先:Twitter:@mizuma

移住支援コーディネーターの紹介①(龍郷町)

龍郷町役場の丸山です。

奄美群島UIOターン支援協議会が発足して、奄美群島への
移住者受け入れの体制づくりが着々とすすんでいます。

そして、この協議会の中には「移住支援のKEYMAN」と言っても過言ではない
移住支援コーディネーターのみなさまがいらっしゃいます。(龍郷町には3名)

これから3回に分けて(もったいぶって)ご紹介したいと思います。

今回紹介するのは「別府秀和」さんです。

龍郷町芦徳の「ネイティブシー奄美」でダイビング船の船長をされていますが、
「芦徳集落の区長(最年少)」という別の顔も持ってらっしゃいます。

また、「仕事は船長、趣味はサーフィン」というだけあって、小麦色に焼けた肌が
まぶしい「海の男」です。

別府さんはお隣の奄美市名瀬のご出身ですが、仕事と趣味どちらにも都合がいい
ということで、8年前に龍郷町芦徳集落に移り住みました。

区長をされている芦徳集落は、Iターン者や転勤族の割合が高いところですので、
移住希望者と先輩移住者のパイプ役として頑張っていただけると思います。

奄美群島移住受け入れのための体制づくり

9月にもお伝えしましたが、奄美群島(8島、12市町村)では、
今年から移住受け入れのための体制づくりを行なっております。
10月には、島々で体制づくりに向けた1回目の会議を行ないました。

島ごとに質問や案内をしていただく、コーディネータを置くこととしております。
今後はコーディネータの自己紹介なども掲載していきますので、どうぞご覧下さい。

renrakukaigi1renrakukaigi1

[アイランドコンパ開催中!] (基本的に・・・年中開催中!)

2010年11月から始まった「アイランドコンパ in ヨロン島」
今月11月11日で4回目の開催
今回は何組のカップルが出来るか楽しみです^O^/

参加資格
「男性はヨロン島在住20歳以上の独身男性」
「女性は島内又は島外20歳以上の独身女性」

「アイランドコンパ」のサブタイトルは「観光・遊び・おまけで婚活」
ですので、ほとんどがマリンスポーツや観光です

島外女性の皆さま!観光気分でお気軽に参加して下さい。

そしてもしも素敵な男性に出会えたら・・・おめでとうございます。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.yorontou.info/hp/a0228/MyHp/Pub/

移住体験ツアーへの期待・意見

Masumiです。
目下、来年早々実施(2012/1/20~1/23)予定の移住体験ツアーの
詳細を詰めています。

これまでにアンケートに寄せていただいた、皆様の期待、ご意見を
ご紹介しますね。
貴重なご意見なので、可能な限り対応していきたいと思っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ツアー中に仕事や住居を探せるといいと思います。

観光とは違う、ディープなツアーを期待します。

移住希望者の中には、移住先の候補を沢山持って見える方も
大勢みえると思いますが、資金的な問題もあり、全ての離島を周ることは難しい。

このような企画を打ち出されている離島は、我々移住希望者から見て、
移住者の呼び込みに力を入れている島であると思われ、移住後も安心して
生活できる場所であると考える。
従って、移住先の第一候補として考え行動することにも繋がってくると思う。

島で生活したいと考えていても仕事や生活をどうするか、
本当に暮らしていけるのかなどいろいろと不安に思い、
なかなか移住に踏み切れない方が私を含め、たくさんいると思います。
このツアーは移住を本気で考える方の不安を少しでも取り除くきっかけになり、
また、移住に踏み切るきっかけを与えてくれるとても良いツアーだと思います。

次回の移住体験ツアー日程

Masumiです。

ただ今、奄美大島移住体験ツアーの企画大募集中ですが、
日程とおおよその行程は決まりました。

本来なら、WEBページでツアーの詳しい内容を同時に
お伝えすべきなのですが、
明日からJALのスーパー先得の販売が開始されるため
日程と概略のみ、ブログ投稿させて頂くことに致しました。

途中報告になっていしまいますが、
2012/1/20 金曜日 ~ 2012/1/23 月曜日 の3泊4日 となります。

ツアーは、奄美空港で集合となる、現地着発となります。

主たる行程は
初日 奄美空港→奄美大島北部の集落散策、移住者訪問、北部泊
2日目 北部→奄美市名瀬(奄美大島最大の町)に移動しながら、学校等公共施設、スーパー等商用施設見学→瀬戸内町古仁屋(南部最大の町)
 奄美大島南部の集落散策、移住者訪問、古仁屋泊
3日目 奄美大島南部の集落散策、移住者訪問、奄美市名瀬泊
最終日 奄美市名瀬見学ならびに地元民との意見交換会→奄美空港
  を予定しています。

詳細の行程を現在調整中なので、ツアー募集時の正しい金額はまだお伝えできませんが、

JALのスーパー先得、始まります

Masumiです。

2012/1/10~2012/3/15の期間限定ですが、羽田、伊丹空港からの直行便
JALのスーパー先得 が始まります。
http://www.jal.co.jp/dom/sakitoku/

【東京→奄美大島】
1月
日曜日~水曜日発 12,800円
木曜日~土曜日発 14,800円

2月~3月
日曜日~水曜日発 13,800円
木曜日~土曜日発 15,800円

【奄美大島→東京】
1月
火曜日~土曜日発 12,800円
日曜日~月曜日発 14,800円

2月~3月
火曜日~土曜日発 13,800円
日曜日~月曜日発 15,800円

【大阪→奄美大島】
1月
日曜日~水曜日発 12,000円
木曜日~土曜日発 14,000円

2月~3月
日曜日~水曜日発 13,000円
木曜日~土曜日発 15,000円

【奄美大島→大阪】
1月
火曜日~土曜日発 12,000円
日曜日~月曜日発 14,000円

2月~3月
火曜日~土曜日発 13,000円
日曜日~月曜日発 15,000円

搭乗45日前までの予約・購入で、最大72%の割引があります。

移住体験ツアーに寄せていただいたコメント

Masumiです。

今、来年早々に実施予定の「移住体験ツアー企画アンケート」を大募集中ですが、
回答いただいた皆さんのご意見を少し紹介したいと思います。

ツアーでやってみたい/見学してみたいこと
希望が最も多かったのは、移住者との交流地元民の暮らす集落の散策
住まい見学です。
頂いたご意見をもとに、「どっぷり移住者、地元民と話してもらって、奄美大島の日常を知っていただく」
コンセプトに企画中です。

これまでに頂いたコメントは以下の通りですが、「私のしたいことが入っていない!」「僕の知りたいことがない!」と
思われた方は、今すぐ、http://www.neriyakanaya.jp/ のアンケートにお答えくださいね。
抽選で往復航空券が当たりますよ

~~~~~~~~~~~~~これまでに頂いたコメント~~~~~~~~~~~~~

- 地元の方々の移住者に対しての意見を聞いてみたいです。

- 生活の基盤をどうやってつくっていったのか、移住してよかったこと、大変だったこと、

奄美大島移住体験ツアー企画アンケートの中間報告

Masumiです。

今、ねりやかなやのトップページで大募集中のアンケートの中間報告です。

羽田発を主体とした、金曜日発3泊4日のコースに人気がありそうです。

「あれ、僕のアイデアはまだ入っていないぞ」
「私の希望と同じ人がいないわ」 と思われたら、今すぐ、アンケートに応募して下さいね。
皆さんの意見を限りなく反映させたと思っていますので、ご協力を!
http://www.neriyakanaya.jp

---------------※10/16現在までの集計です------------------

◆回答して下さった方々のプロフィール◆
お住まい:
関東・甲信越・中部の方が約8割

ご家族構成:
ファミリーの方が約7割

年齢:
30代 32%
50代 24%
20代 22%

ご職業:
会社員 約5割

奄美大島来島経験:
「なし」の方が54%

移住検討の度合い:
「今すぐ」の方 14%
「諸条件が整えば」の方 60%
「いつか」の方 24%

興味のある島:(複数回答)
奄美大島 91%
沖縄本島 35%
加計呂麻島 22%
沖永良部島 19%
喜界島 16%
徳之島 11%

観光と物産展(奄美大島)

来る10月29日(土) 10:00~
龍郷町りゅうゆう館アリーナにて
『本場奄美大島紬 産地まつり 観光と物産展』と題した
イベントを開催します

大島紬のお店って敷居が高くて入りづらいんだよね…
入ってしまったら買わなきゃいけなくなりそうだし…
ということで、近くで触れて感じることがなかなかできない大島紬が
この日だけのお得な価格でずらっと並ぶ予定♪♪♪

また奄美体験コーナーとして、
泥染の体験や、大島紬小物作り体験、紬着付体験、貝殻クラフト体験を用意しています
その他ステージでは本場奄美大島紬ショーも♪♪♪

奄美の宝である 本場奄美大島紬 &黒糖菓子など特産品
この機会に、着て 見て 触れて 味わって 大いに奄美を楽しんでみませんか♪♪♪

本場奄美大島紬 産地まつり 観光と物産展本場奄美大島紬 産地まつり 観光と物産展

奄美群島で、移住支援体制づくりが始まりました

Masumiです。

10/3から奄美群島の各島で、「どういう支援体制を構築するか」を議論する会議が
始まりました。
インターネットで、みなさんの疑問や質問に答える人や、現地を案内してくれる人、
各島の行政、不動産企業などの民間企業、観光団体などの人々が集まりました。

詳しいことは奄美群島広域事務組合から追って投稿があると思いますので、
まずは、各島の会議模様をお伝えしますね。

@奄美大島@奄美大島

@喜界島@喜界島

@与論島@与論島

沖永良部島沖永良部島

移住相談

今年も東京池袋で開催されるアイランダー2011
奄美群島から参加いたします!

http://www.i-lander.com/

町民体育大会の報告と秋の行事

知名町から清水です。

10月9日(日)大山総合グラウンドにて
第46回町民体育大会が開催されました。

今年は町制施行65周年記念の年でもあり
記念種目として「なでしこリレー」が追加されました。

はじめてボールを触る人から
プロ並みのボールさばきを見せる人まで
知名町のなでしこ達による
元気いっぱいの戦いが繰り広げられました。

なでしこリレーなでしこリレー

優勝は5年連続27回目の優勝となった
下平川チームで2位の知名チームと
30点以上の差をつけ見事優勝しました。

優勝した下平川チーム優勝した下平川チーム

3位は上城チームで開会式行進章も受賞し
全7チームそれぞれ力いっぱい競技しました!

知名町ではこのあと11月6日(日)に
第21回生涯学習フェスティバルも
企画されており運動・文化・芸術に
ゆっくりふれてみてはいかがでしょうか。

奄美大島でカツオ釣り

Masumiです。

奄美大島のカツオ漁が味の素さんのHPに掲載されています。
http://www.ajinomoto.co.jp/activity/kankyo/eco/ecouma/episode02/index02....

見てみてくださいね。

コンテンツ配信