『奄美群島 市町村+Masumiだより』では、市町村とねりやかなやが発信する移住支援情報をご紹介しています。

「癒しの島瀬戸内町」移住体験ツアー参加者募集中!

「癒しの島瀬戸内町」移住体験ツアーを開催します!

海に囲まれた「癒しの島」に暮らしてみませんか!

 鹿児島県瀬戸内町への移住を希望される方に対し
「にほんの里100選」に選ばれた癒しの島の豊かな自然や伝統文化にふれ、
都会の生活で疲れきった心身をリフレッシュし、地元住民や先輩移住者と交流し、
穏やかに流れる「シマ」暮らしを体験してもらうため、
下記のとおり,「癒しの島瀬戸内町」移住体験ツアーを開催します。

奄美大島瀬戸内町での「シマ」暮らしに興味のある方は、
どなたでもご参加いただけますので,皆様のお越しをお待ちしております。
夫婦でのご参加大歓迎です。

【イベント名】
「癒しの島瀬戸内町」移住体験ツアー

【実施時期】
平成23年 9月 8日(木)~11日(日)  (申込締切 8月20日)
平成23年10月13日(木)~16日(日)  (申込締切 9月20日)
平成23年10月20日(木)~23日(日)  (申込締切 9月30日)

【参 加 費】

奄美大島の夏イベント告知 第一弾

Masumiです。
シーカヤックマラソン IN 加計呂麻 では、無事、完漕できました。
タイムは5時間24分と、ビリから数えた方が早かったですけど。
入賞者はフル33キロのコースを3時間前後で完漕していました。
早いですねぇ!

さて、そろそろ夏休み。
奄美群島での夏のイベントを順次、市町村の担当の方々と告知していきますので、
気に入ったものがあるかどうかチェックしてくださいね。

まずは、Masumiから。

奄美大島の”珍石”百景ツアー
奄美群島総合情報サイト「シーま」島のバス運行会社 道の島交通が共同で企画しているツアーです。
今月30日の小学生親子限定「夏休みサバイバルツアー」を皮切りに
月1回ペースで8種類のツアーが開催されます。
観光雑誌等に紹介されている一般的なツアーでななく、島んちゅうのしーまブロガーが
「これぞ奄美の隠れた魅力!」と考えるスポットに焦点を当てています。
詳しいことは、上記のURLをクリックしてみてください。

7/17日曜日 2011 マリンフェスタ in 加計呂麻

今年も東京に「奄美群島」が・・来る~!

 奄美群島広域事務組合の森です。
 今年は、殊のほか暑い日が続いていますが・・
いかがお過ごしでしょうか?

 さて、毎年恒例となった「奄美の観光と物産展」
来たる7月14日(木)~19日(火)に、
東京・池袋の東武百貨店で開催されます。

 3回目となる今回は、前回までの
10階催事場から8階に場を移し、
隣接の屋上ステージも活用して、
装いも新たに行います。

 まず、14日(木)奄美大島の日に・・
お中元(中孝介・元ちとせ)島唄ライブを
お届けいたします。

 また、15日(金)は、女性客を対象に
奄美の果物を使ったオリジナルのカクテルを作るコーナーが
18:30~ バンケットホール(14階)であります。

 その他、連日「島の日」を設け、
奄美群島各島出身者による
島唄ライブ他イベントステージが
期間中開催させます。

 メインの物産展には、群島各島から
全64業者が参加し、奄美の特産品を販売します。
(目玉は、この暑い夏にぴったりのかき氷です。)

 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

7/3は奄美シーカヤックマラソン IN 加計呂麻(かけろま)大会です

Masumiです。

古仁屋最大のイベント、シーカヤックマラソンが7/3日曜日に開催されます。
第19回だそうです。

奄美大島の南部、瀬戸内町古仁屋と加計呂麻島の間にある大島海峡を
シーカヤックで横断する大会です。

コースは、36キロのマラソンコースと20キロのハーフコースで、
シングル艇(一人乗り)、ダブル艇(二人乗り)、サーフスキー、アウトリガー、
駅伝、オープンの部門があります。

奄美出身の歌手、元ちとせさんもダブル艇でハーフコースに出場しますよ。
ちなみに、私も奄美ギャルとダブル艇でマラソンコースに出場します。

大会プログラムは
9:00 開会式
9:30 スタート
17:00 大会終了
17:45 オープニング
18:00 表彰式
19:00 アトラクション
20:20 ライブコンサート
21:25 六調(島の踊り)
21:30 終了   となっています。

奄美にいらして、お時間があれば約300艇が大島海峡を渡る風景を
是非、楽しんでください。

「南の島癒し体験」出会い交流ツアーを開催します。

今年の夏は、奄美で「婚活」してみませんか!

「にほんの里100選」に選ばれた「癒しの島」の豊かな自然や伝統文化にふれ、
「夏祭り」や「マリンレジャー」を体験し、南の島の「夏」を満喫し、
地元の独身男性と交流しませんか!

実施時期  平成23年8月20日(土)~22日(月)

参加費   5,000円(宿泊費・食費・体験料等込み)
      ※奄美までの旅費は含みません。

対  象  瀬戸内町外にお住まいの20歳以上の独身女性(学生は除きます)

募集人数  20名程度 定員を超えた場合は,抽選とさせていただきます。

内  容  島内自然体験・伝統文化体験・夏祭り体験(花火大会観覧等)
(予 定)  マリンレジャー体験・地元独身男性との交流会

応募方法   参加申込書で申し込み下さい。
       郵送、FAX、メールどちらでもかまいません。

問合せ先   鹿児島県 瀬戸内町役場 企画課内
       奄美・田舎暮らし支援センター 森・中島
       鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋船津23番地
       TEL 0997-72-1112  FAX 0997-72-1120

奄美大島龍郷町の「東日本大地震」被災者支援の状況について

奄美群島広域事務組合の森です。

さて、「東日本大地震」被災者支援の奄美群島市町村での現段階状況について、
龍郷町より回答がありました。

Q:実際、避難された人が(どのくらい)いたのか?
A:現在、1名の方の避難を確認しています。

Q:自治体として被災地や被災された方にどういった支援をしましたか?
A:被災地へは、物資(飲料水と発電機)を提供しました。
 また、龍郷町へ避難されてきた方に対しては、避難住宅(町営住宅2戸)を用意しています。
 民間の賃貸住宅に入居される場合は、家賃とは別に、敷金などの諸経費の補助もあります。

Q:避難されてきた方が来られたときどういった対応をしたのか?
(来てお住まいになった場合、家具や炊飯道具はどうしたか?)
A:避難してきた方は民間の貸家に入居されたので家賃の補助(上限5万円・1年間)を行っています。

奄美大島の宇検村の「東日本大地震」被災者支援の状況について

奄美群島広域事務組合の森です。

さて、「東日本大地震」被災者支援の奄美群島市町村での現段階状況について、
宇検村より回答がありました。

Q:実際、避難された人が(どのくらい)いたのか?
A:今のところ、いません。

Q:自治体として被災地や被災された方にどういった支援をしましたか?
A:3tの水の他、たんかんを被災地(茨城県高萩市)へ送りました。

Q:避難されてきた方が来られたときどういった対応をしたのか?
(来てお住まいになった場合、家具や炊飯道具はどうしたか?)
A:避難者が0ですので、対応は行っておりません。

イベントのお知らせ&ゆるキャラ募集!

奄美地方はそろそろ梅雨があけそうですね!
天城町からのお知らせです。

「2011チャレンジKIDS徳之島大会」が下記のとおり開催されます。

内容は小中学生のミニトライアスロン大会です。
平成23年7月2日(土)午前10時スタート
詳しくは↓↓↓
http://www.yui-amagi.com/modules/pico/index.php?content_id=360

「第24回トライアスロンIN徳之島大会」が下記のとおり開催されます。
平成23年7月3日(日)午前8時スタート
詳しくは↓↓↓
http://www.yui-amagi.com/modules/pico/index.php?cat_id=119

トライアスロントライアスロン

平成23年度、町制施行50周年を迎えるにあたり「天城町」の観光振興を目的に、
皆さんに愛される観光イメージキャラクター(ゆるキャラ)のデザインを募集します。
詳しい募集要項等は↓↓↓

明治維新は沖永良部島から始まった!

Masumiです。
沖縄は梅雨明けしましたが、奄美はまだ天気が不安定です。
あと数日というところでしょうか。

さて、沖永良部島を見つめる会よりお知らせがありました。

-----------------------------------------------------------------
6/25(土) 18;00~ 
JR神田駅近くの西郷隆盛会館において、
「明治維新は沖永良部島から始まった」と題し
しまのがっこうを開催します。

あまり観光場所としては馴染みののない、南の島”花と人情の島”
沖えらぶ島を題材に取り上げました。
西郷隆盛翁の逸話はもとより、島の日常の暮らしや、どんなとこ?魅力って?
などなど、島出身者でつくる「島を見つめる会」のメンバーからお話が
聞けます。

開催内容の詳細、申込みは、↓の島交流の会のHPをご覧ください。
http://shimakouryu.seesaa.net/

ちびっ子体験学習IN奄美大島

 宇検村の移住担当です。

 今年も「ちびっ子体験学習IN奄美大島」が開催されます。
期間は8月18日から23日の5泊6日となっており、
定員は20名です。

 海でのシーカヤック・魚釣り・いかだ作り・バナナボートや、川遊び、
農業体験などが企画されています。
参加条件として、小学校3年生から6年生までとなっております。

申し込み締め切りは、7月22日までです。

 参加申込書など詳しい情報は「宇検村シマ時間体験センター」のホームページをご確認ください。
http://taiken.uken.net/kodomo.html

ちびっこちびっこ

マングーズバスターズ、公募中!

Masumiです。

奄美大島の大自然に関心のある方にお勧めです!
自然環境研究センターで、「奄美マングースバスターズ」を公募しています。
マングースバスターズとは、自然の生態系を崩しているマングースを防除する仕事です。

具体的には
罠でマングースを捕獲し、
その結果を取りまとめ、
マングース防除にかかわる試験研究を補助し、
作業ルートを開設していきます。

募集人員は1名で、
応募資格
奄美大島に在住で、
外来種の防除・生態系保全について知識、興味があり、
健康で体力に自信があり、
山歩きの経験があり、
奄美大島内の土地勘がある、または地図の読解能力に長けていて、
AT限定でない、普通運転免許を保有し、
パソコンの基本操作ができるか、習得の意欲がある  人が対象となります。

雇用期間は7/4(予定)から来年3/31まで(契約職員、更新あり)
雇用条件は、
月給15万円(社会保険等加入)、
交通費支給、
週休2日  です。

関心のある方は、6/22までに履歴書を下記まで郵送してください。
お問い合わせ先
財団法人 自然環境研究センター 奄美大島事務所

「東日本大震災」被災者支援の町での現段階状況について

 お疲れ様です。
 被災者支援の伊仙町での現段階の
 報告をします。

Q 避難された方がどのくらいいたのか?

A 正式な避難者はいませんが、東京から
  祖父母宅に子どもが2名短期間の滞在。

  
Q 自冶体として被災地や被災された方に 
  どういった支援をしたか?

A 義援金の他、物資面ではジャガイモ
  タンカン・黒糖を送りました。
  又医師の資格を持つ町長がボランテァ
  として現地で支援活動を行いました。

  現在のところ被災者の方からの問い
  合わせ等はございませんが、町として
  できる限りの支援はしていきたいと
  考えています。
  
  
  
 
  

「東日本大地震」被災者支援の奄美群島市町村対応状況について(奄美市より回答)

奄美群島広域事務組合の森です。

さて、「東日本大地震」被災者支援の奄美群島市町村での現段階状況について、
奄美市より回答がありました。

Q:実際、避難された人が(どのくらい)いたのか?
A:奄美市では現在、合計22名の方の避難を確認しています。

Q:自治体として被災地や被災された方にどういった支援をしましたか?
A:被災地へは、物資(食材、加工食品、飲料、衣類等)の提供と職員(保健師)の派遣を行いました。
 また、奄美市へ避難されてきた方に対しては、避難住宅の提供を行っています。

Q:避難されてきた方が来られたときどういった対応をしたのか?
(来てお住まいになった場合、家具や炊飯道具はどうしたか?)
A:家電製品の無償貸し出しを行っています。(※罹災証明書が必要。)

「東日本大地震」被災者支援の奄美群島市町村対応状況について

奄美群島広域事務組合の森です。

さて、「東日本大地震」被災者支援の奄美群島市町村での現段階状況について、
各市町村に問い合わせた結果、下記のとおり回答がありました。

Q.実際、避難された人が(どのくらい)いたのか?

>避難状況は、1世帯(母・子2名が先に避難、父は未定)を受け入れています。
 <瀬戸内町>

>正式な避難者は0です。(埼玉や千葉から,祖父母の家を頼りにした短期的な滞在は3件あります。)
<和泊町>

>今のところ、いません。
<知名町>

Q.自治体として被災地や被災された方にどういった支援をしたか?

>被災された方への支援は、住宅使用料を免除しました。
<瀬戸内町>

>徳之島三町から18tの新じゃが(バレイショ)他タンカン、黒糖などを被災地へ送りました。
また、島の医師が現地へボランティアに向かいました。

>被災地3県の16市町村の対策本部,ボランティアセンターへ見舞い用切花の提供を
打診しましたが、受入体制可能な1自治体の避難所へキク,ソリダゴ,ヒマワリ等約5,00本を送付しました。
<和泊町>

>バレイショ(4t)と救援物資(タオルや毛布(コンテナ1つ分))を送りました。
また、保健師を被災地へ現在、派遣中です。
<知名町>

和泊町空き家情報(新着情報)

和泊町から空き家に関する新着情報です。
東日本大震災被災者の方は1年間家賃無料となっております。(詳しくは要相談)
http://www.town.wadomari.lg.jp/house/detail.asp?code=6&kanri=2&K_kanri=0...

奄美市から空き家情報について

奄美市役所から公営住宅・空き家情報です。

公営住宅の空情報につきましては、本市では、
公営住宅の担当が、それぞれの地域ごとに、
名瀬地域、住用地域、笠利地域と異なっております。
名瀬地域については、空きがございませんが、
住用地域については、市営住宅の空きが13戸
(うち単身者の入居が可能なのは4戸)ございます。
笠利地域については、空きが1戸(家族入居のみ)ございます。
《市営住宅お問合せ先》
○名瀬地域
 奄美市役所 建築住宅課  ℡:0997-52-1111(代)
○住用地域
 奄美市役所住用総合支所 産業建設課  ℡:0997-69-2111(代)
○笠利地域
 奄美市役所笠利総合支所 産業振興課  ℡:0997-63-1111(代)

また、民間の住宅につきまして、本市には、
多数の不動産事業所がございますので、
本市の『移住・定住情報サイト』においても、
リンクにより情報提供させていただいておりますが、
下記によりご確認ください。
●鹿児島県宅地建物取引業協会ページへのリンク
      ↓
http://www.k-takken.com/

●全日本不動産協会鹿児島県本部 - 鹿児島の不動産屋さんへのリンク
      ↓
http://www3.synapse.ne.jp/zn-kagoshima/

公営・民間の空き家状況(和泊町)

和泊町の公営・民間の空き家状況については,下記ページをご確認ください。http://www.town.wadomari.lg.jp/house/default.asp

奄美群島での新規就農者状況

Masumiです。

5/22の奄美新聞に新規就農者の記事がありました。

2010年度に奄美群島で新規に就農された方々は44名で、
詳細は以下となります。

<奄美大島>
奄美市 5人
龍郷町 1人
大和村 0人
瀬戸内町 9人
宇検村 0人

<喜界島>
喜界町 8人

<徳之島>
徳之島町 3人
天城町 6人

<沖永良部島>
伊仙町 1人
和泊町 10人
知名町 1人

<与論島>
与論町 0人

作っているものの内訳は、以下の通りです。
サトウキビ 15人
果樹 12人
花卉 7人
肉用牛 5人
野菜 5人

きこり塾研修生募集中

Masumiです。

奄美群島鑿の対象ではなく、鹿児島県での募集ですが、
「鹿児島きこり塾」の研修があります。
Uターン、Iターン者などで、林業への就業を希望する人を対象にしています。

研修の内容は、
鹿児島の林業の現況を知る職場見学、
林業就業に必要な知識、技術を習得するための講義や技術研修、
就業ガイダンス、
林業事業体でのインターンシップ
研修の最後に就業相談  となっています。

研修コースは2つあります。
1)入門コース
6日間
研修場所は森の研修館かごしま(姶良市蒲生町)
募集人員は25名。

2)専門コース
15日間で、入門コースを含みます。
研修場所は、上記森の研修館かごしま(姶良市蒲生町)と森林組合、林業事業体となります。
募集人員は10名です。

募集期間は、5月23日から6月24日までです。
(当日消印有効)

お問い合わせは、鹿児島県林業振興課
電話 099-286-3357 まで。

喜界町から空き家情報について

喜界町役場から公営住宅・空き家情報です。

町内には不動産会社はなく,空き家は数件見受けられるのですが,
貸し出しはしていないものと思われます。

また,公営住宅については現在,空きがない状況です。
公営住宅に関する問い合わせ先は下記のとおりです。

○お問い合わせ先
 喜界町役場 建設課  ℡:0997-65-1111

コンテンツ配信