『奄美群島 市町村+Masumiだより』では、市町村とねりやかなやが発信する移住支援情報をご紹介しています。

与論町から空き家情報について

与論町役場から、町内の公営・民間の空き家状況についてご案内します。

現在、公営住宅につきましては、空きがない状況です。

また民間の空き家情報につきましては、
町内に2件の不動産会社がありますので、
そちらにお問い合わせいただくのが、よろしいかと思います。

以下に、お問い合わせ先をご案内します。

◎公営住宅に関するお問い合わせ先
与論町役場 建設課 TEL:0997-97-3111

◎町内の不動産会社
・有限会社 吉田不動産システム
 TEL:0997-97-5122
・谷山不動産
 TEL:0997-97-3501

伊仙町から空き家情報について

 伊仙町役場から「住宅・空き家情報」です

 集落の駐在員さんと連携し、「空き家」調査をしました
 結果、町内の空き家は入居可能に限らず数百件ありました。
 
 しかし、空き家は沢山あるにもかかわらず手を加えなければ
 入居出来ない状態の家が多く又、道具を置いてあるなどの問題が
 あります。

 現在の所、町営住宅の空き家はございませんが、個人の空き家
 については企画課の方に5件の情報が寄せられています。

 ◎町営住宅の問い合わせ
  伊仙町役場建設課 住宅係
  ℡ 0997-86-3111(内44)

 ◎空き家情報の問い合わせ
  伊仙町役場企画課
  ℡ 0997-86-3111(内24)

 ◎伊仙町にある不動産
  そえじま不動産
  ℡ 0997-86-4689

  

移住者向け定住促進住宅を準備中

Masumiです。

奄美市では、来年4月からの入居に向けて、UターンやIターン者の
移住を後押しする「定住促進住宅」を14戸、準備しているそうです。

少々?古い物件も入っていますが、すべて鉄筋コンクリート造りで
改修、修繕をしたうえで貸し出す予定です。
具体的な状況は、奄美市のホームページなどに公開予定です。

お問い合わせは、奄美市役所企画調整課、
電話 0997-52-1111 まで。

奄美大島へ避難の方に求職相談あります

Masumiです。

鹿児島県内の求人相談は名瀬職安になりますが、
被災した方々で島内転入希望の方にパート求人などの
紹介を行っています。

2011/4/28の奄美新聞によると、
震災後に5~6人の方が名瀬職安を訪問し、
希望職種の紹介等を行っているとのことです。

被災による離職者の方は、就職に必要な職業訓練を
無料で受講できるほか、訓練期間中の生活支援給付が
支給される制度もあります。

全国の職安でも同様の活動をしていると思いますので、
気になる点があればお近くの職安にご相談ください。

なお、名瀬職安管轄の求人情報は

http://www.kagoshima.plb.go.jp/kyujin/hellowork/nase.pdf

にて、最新情報を見ることができます。

奄美群島の求人傾向は

http://www.neriyakanaya.jp/job.html#job03

をご覧ください。

龍郷町内の空き家情報について

龍郷町役場からです。

町内の賃貸アパート・マンションの空き部屋については、
奄美市内の不動産業者やマンション管理会社へお問い合わせいただいています。
また、個人が管理する空き家については集落区長さんに紹介していただいています。

①個人管理の空き家についてですが、龍郷集落内に5月中に空く予定の物件が
1軒あります。管理人は集落の区長さんです。
物件情報や入居条件等のお問い合わせは、ひとまず龍郷町役場企画財政課丸山まで
ご連絡ください。(0997-62-3111) 区長さんにお取次ぎいたします。
※多い時で家族5人で住んでいた物件だそうです。

②町営住宅は現在のところ空き家はございません。
 お問合せは 龍郷町役場地域整備課住宅係まで 0997-62-3111

現在、本町では町内の空き家について調査を始めたところで、
より多くの空き家情報が提供できるような体制を作っていきたいと考えています。

瀬戸内町の空き家情報について

瀬戸内町役場からです。

本町の空き家情報について、案内いたします。
1「せとうち空き家バンク」(役場HP掲載)
http://www.amami-setouchi.org/node/437
 
2西山不動産 TEL0997-72-2380
http://www3.synapse.ne.jp/nishiyama-f/

3泰江不動産 TEL0997-72-1212
http://yasue.shichihuku.com/

物件数は、まだ少ないですが、参考にしてください。

本町も、各集落に空き家はあるんですがなかなか貸してもらえないのが現状です。
今後も、空き家調査等継続して行い、物件情報を増やしていきたいと思います。

島で起業をするという方法

島に移住するときの重要なものの一つが「職」であるかと思います。

現実として奄美群島の雇用情勢はよいとは言えません。
(お仕事情報もお読み下さい)
http://www.neriyakanaya.jp/job.html

そこで、確実に職を確保する手段として自分で起業するというのはいかがでしょうか?
これまで培ったスキルや経験を生かし、島で起業するのも一つの方法だと思います。

起業したい人には厚生労働省が下記のような助成金も出しておりますのでご活用ください。

=============================================================
【地域再生中小企業創出助成金~鹿児島県の場合~】
飲食店、社会保険・社会福祉・介護事業、その他の小売業(家具、じゅう器、医療品、
化粧品、農耕用品、燃料、書籍、文房具、時計、楽器、たばこ、中古品など)の分野で
創業を行う中小企業事業主等に対し、その創業経費および労働者の雇入れ経費を支援。

創業支援金:対象経費の1/2(上限300万円~500万円)

雇入れ奨励金:一人につき60万円

東北地方太平洋沖地震等の災害者受け入れ態勢について

徳之島町役場からです。

未だに、被災された方々の避難生活が続いている現状ですが、
一刻も早く、安心して暮らせる日々が来ることを切に願っているところであります。

今回、東北地方太平洋沖地震等の災害者受け入れ態勢について

1.(目的)
  東北地方太平洋沖地震等により被災された方に対し、
町営住宅の空室を一時的な居住 の場として提供します。

2・(戸数)
  戸数 2戸

3.(対象者)
  東北地方太平洋沖地震等により、被災された方及び福島原発事故により、
避難指示の出されている地域に居住している方、その他被災者受入れ検討委員会が認めた方。

4.(入居期間)
  入居対象者から必要な期間を聴取して定めるが、原則1年以内。

5.(保証人)
  不要

6.(敷金)
  徴収しない。

7.(使用料・共益費等)
  使用料及び共益費等は以下に定める。
    ① 敷金及び住宅使用料(家賃)及び水道使用料
      ・東北地方太平洋沖地震等により被災された方:免除
      ・福島原発事故により避難指示又は屋内退避指示の出されている地域に居住している方:免除
      ・その他被災者受入れ検討委員会が認めた方:自己負担
    ② 共益費等:自己負担

8.受付期間

徳之島町の空き家情報について

徳之島町役場からです。
今回、空き家情報についてですが・・・
まずは民間の空き家を借りる場合は、集落の区長さん等に連絡を取り、
情報提供をいただいているところではありますが、
現在のところ貸してくれると言う空き家が見つかっていないのが現状です。

各集落を見渡す限り、ところどころに空き家は点在しているのですが・・・
住めるような家であっても子供が帰ってくるために空けてある家とか、
少し改修すればすめる家、住めるけど倉庫にしてある家、他にも色々な理由があるようです。
行政としては、更に家主との交渉など踏まえて進めていきたいと思います。

ところで、徳之島町にある不動産を紹介しておきます。
西田不動産    亀津7380番地  ℡ 83-2400
福島不動産    亀津6264-1番地  ℡ 83-0632
トクダ不動産    亀津7445番地 ℡ 83-0199

宇検村の空き家情報について

 宇検村の松井です。

宇検村は不動産会社がないため、民間の空き家の情報がありません。
民間の空き家を借りる場合は、集落の区長さん等に連絡をして
情報提供をいただいておりますが、現在のところ
空き家はないようです。

公営住宅につきましては、3LDKの住宅2戸が募集しております。
家賃につきましては、所得に応じて決定されます。

入居についてのお問い合わせ先は
宇検村役場建設経済課住宅係
TEL 0997-67-2211

奄美群島「公営・民間の空き家状況」のお知らせ(予告)

 奄美群島広域事務組合の森です。

  さて、このブログで随時、奄美群島移住支援情報更新に
努めているところですが、今年度もより早く情報を
伝えていきます。

 4月と5月は、主に奄美群島(市町村)の
「公営・民間の空き家状況」をお知らせします。

 先の東日本大震災で遠方に避難をお考えの方、
奄美群島への移住を検討されている方、
事情は様々でしょうが・・
皆様を迎え入れられる体制づくりを
私たち奄美群島の行政が連携して進めていく所存です。

今年度も引き続きよろしくお願いします。

しま体験プログラムのご案内

皆様、奄美大島でみずとみどりのしま体験をしてみませんか?
http://yamuraland.com/

集落ちょこっと案内や滝クルーズ、伝統漁法「網つけ漁」体験など
奄美ならではの体験で奄美生活を満喫してください!!

東日本大震災で被災された皆様へ

 伊仙町からです。
 この度、東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 伊仙町役場でも役場・各種団体等での義援金を募り送らせていただきました。
 各集落でも区長さんを中心に全戸に義援金を呼び掛けているところです。

 又、3月は収穫時期という事もあり、ジャガイモ・たんかん・黒糖を届けさせて
 いただきました。少しでもお力になればと思います。

 被災者の受け入れ施設に関しましては、集落の生活館を検討中です。
 
 被災地の方では今尚、よ振が続きおつらい毎日を過ごされていると思いますが
 1日でも早く元の平穏な生活が送れるようお祈り申し上げます。
 

 

 
 

 

避難施設のご案内

平成23年(2011年)3月11日に発生した
東日本大震災により亡くなられた皆様のご冥福を
お祈りいたしますとともに、被災された皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。

日本国内をはじめ,世界中で被災地への支援活動が
おこなわれておりますが,本町におきましても、
役場・各種団体において義援金を募っているところです。

 また、本町への避難を希望される被災者の方々へ
避難施設のご案内をすることといたしました。
 詳細につきましては,和泊町役場総務課までご連絡ください。

<受け入れ場所・施設>
・和泊町研修センター:最大86名
・町営住宅:4戸

お問い合わせ先
〒891-9192
鹿児島県大島郡和泊町和泊10番地
和泊町役場 総務課
TEL:0997-92-1111
FAX:0997-92-3351
Mail: soumu@town.wadomari.lg.jp
http://www.town.wadomari.lg.jp

避難施設のご案内とスタッフ募集

この度の東日本大震災において被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
また、限られた物資の中、復興にあたられている皆様の安全が守られ、
一日も早く復旧する事をお祈り致します。

天城町では東北地方太平洋沖地震における被災者の皆様に、
町営バンガローを一時避難場所として解放することを決定しました。

解放の条件は以下の通りです。
施設名:与名間海浜公園バンガロー(4戸)
設備等:バス・トイレ・炊事施設一式・テレビ等
    (すぐに生活できる環境です。)
受入条件等:
1)就学前か就学中の子どものいる家庭及び高齢者夫婦4で、
I・Uターン希望者を最優先とする 
2)期間は4月1日から9月30日までの6ヶ月間とする。
3)り災証明書を添付して申し込むこと。

使用料:部屋代・光熱費については全額免除とする。
※以上のような条件がありますが、詳細については
天城町商工水産課までお問い合わせください。
  
電話:0997-85-5149(直通)
Fax:0997-85-3110

Iターン、Uターンをお考えの方天城町で働いてみませんか!
このたび、町民の健康増進や介護予防に関する意識高揚のための
スタッフを募集することになりました。
期間は本年4月から来年3月までの1年間です。

健康運動士 1名(月額賃金20万円)

一時避難住宅のご案内について(与論町)

東日本大震災にて被害にあわれた皆様に、
心よりお見舞い申し上げますとともに、
犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔み申し上げます。

与論町では東日本大震災における被災者の皆様に、
教員住宅を一時避難住宅としてご案内することと致しました。

詳細につきましては、与論町役場までお問い合わせください。

被災地の方々が一日でも早く平穏な生活が送れるよう、心よりお祈りいたします。

--------------------------
与論町役場 総務企画課
TEL:0997-97-3111
--------------------------

避難施設のご案内

東北地方太平洋沖地震により被災された多くの皆様に心からお見舞い申し上げます。

喜界町役場では本町への避難を希望される方々へ避難施設のご案内を致します。

〈受け入れ人数〉
  5世帯15名
〈受け入れ場所・施設〉
  ・自然休養村管理センター
  ・医師住宅
  ・東部地区構造改善センター

詳細については、ただ今検討中です。

~相談・問い合わせ先~
喜界町役場 総務課
電話 0997-65-1111

「奄美の独自性を考える」イベント資料

Masumiです。

3/23に開催された
「奄美・沖縄経済交流フォーラム奄美の独自性を考えてみよう」の
議事録と参加者アンケートが完成しました。

奄美と沖縄の似ているところ、違うところ、
奄美群島の独自性について知りたい、
照屋林賢さんの音楽プロモーションのアドバイス などに
ご関心のある方は、是非、↓の添付ファイルを見てみてください。

東日本大震災の被災者の皆様へ

 宇検村役場からです。

 東日本大震災の被災者の皆様方に対し、心からお見舞い申し上げます。
また、震災により亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。

 本村でも、役場・各種団体におきまして義援金を募っているところであります。
今後は各集落へ協力を頂き、村内全戸を回り義援金を募る計画をしております。

 また、先日3月29日には以前より本村と交流があり、今回の震災で被災した茨城県高萩市へ
ミネラルウォーターや宇検村産の黒糖、タンカンなどの救援物資を届けさせて頂きました。

 今後も被災地へ対し、少しでも力になれるように、宇検村も
復興へ向けた協力をさせていただきたいと思いますので、頑張って下さい。

救援物資搬入のようす救援物資搬入のようす

東日本大震災で被災された皆様へ

瀬戸内町からです。

 東日本大震災で被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。
また、震災によって亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

 日本国内をはじめ、世界中で支援活動が行われていますが、
本町でも、職場・各種団体等で義援金や支援物資を募っています。

 また、被災者への支援体制としまして、町営住宅や空教員住宅を
利用して避難住宅の準備ができました。本町への避難を希望される方は、
下記の問合せ先までご連絡ください。

被災者向け避難住宅26戸
 入居対象 東日本大震災の影響で住宅に居住できなくなった方
 入居期間 平成24年3月31日まで(予定)
 使用料  免除
 問合せ先 瀬戸内町教育委員会 0997-72-0113
        瀬戸内町役場建設課 0997-72-1197

復興へは、永く大変だと思いますが、頑張ってください。

コンテンツ配信