『奄美群島 市町村+Masumiだより』では、市町村とねりやかなやが発信する移住支援情報をご紹介しています。

11月の移住体験ツアーに参加できなくても大丈夫!

国土交通省直轄事業として11月に実施するツアーを
請け負っている(株)メッツ研究所のSatoです。

またまたお知らせです。

市町村窓口での移住相談を受けても、
意見交換会に参加できます!

11月の移住体験ツアーでは、奄美大島と沖永良部島において
地元IT企業や先輩移住者との意見交換会を開催します。
(謝礼5000円を差し上げます)

日程の都合でツアーに参加できないけど、
意見交換会には参加したい!という方は、
移住相談を行っている市町村で移住相談を受けていただくことで、
意見交換会に参加いただけます。
(ただし、申し込み件数が予定数を超えた場合は
抽選とさせていただきます)

意見交換会の日程は

奄美大島
   11月21日(日) 10:00-11:30

沖永良部島
   11月27日(土)  18:00~

          です。

市町村の移住相談窓口では、移住支援に関する情報提供、
空き家見学、集落見学、IT企業訪問などのメニューが用意されています。
「ツアーの日程には合わないけれど、この日なら奄美にいる」という

福祉のお仕事 ミニ就職面談会を開催いたします!

福祉のお仕事 ミニ就職面談会を開催いたします!
 ~あなたの就職活動を応援、お手伝いします。“お気軽にご参加ください”

期 日 10月14日(木)

場 所 奄美サンプラザホテル 2階ゴールデンホール
(鹿児島県奄美市名瀬港町2番1号)

対象者 福祉・介護の職場への就職希望者等
(一般の方及び、来春卒業予定の大学・短大・専門学生・高校生)

参加費 無料 当日受付 事前予約不要

就職面談会 13時~16時(受付12時30分~)

【地元の福祉・介護職場の人事担当者と就職希望者との個別面談会】
※ 当日は求職登録・資格取得相談・職場体験等の情報提供コーナーも設けます。
気軽にご利用ください

◆主 催 鹿児島県、鹿児島県社会福祉協議会

◆共 催 名瀬公共職業安定所、奄美市、奄美市社会福祉協議会

◆後 援 県社会福祉施設経営者協議会、県内社会福祉施設種別協議会
      南海日日新聞社、奄美新聞社、奄美テレビ放送
       あまみエフエム・ディウェイヴ

【お問い合せ先】
  鹿児島県社会福祉協議会
   福祉人材・研修センター(福祉人材無料職業紹介所)
   (http://www.kaken-shakyo.jp/jinzai/jinzai1.html)
   電話 099-258-7888 

奄美のITのお話

移住体験ツアー初日ガイドの奄美のトラさんです。

今年の移住体験ツアーはIT関係者の皆さん向けなのに
前回までITのこと書くのを忘れていました。

奄美は只今、「奄美群島振興開発計画」において、
農業、観光・交流、ITの3つの産業を重点産業と位置づけ、
リーディング産業へと、行政力・民間力挙げて方向づけしています。
私は、これに「セラピー系福祉産業」を加え4大産業と言っています。

奄美は「バブル崩壊に見舞われなかった島」ですが、
今、4つのバブルを迎えようとしています。
4つのバブルとは、
①世界自然遺産候補地バブル
②Oターン(オーターン・2地域居住)増加によるバブル
③東京(関西)・沖縄・奄美トライアングル・リッチ観光客増加、
④リゾート地におけるIT集積の4つです。
このバブルには、期待も大きい半面、
バブルを見据えた土地投機など、身構える思いもあります。

ちなみに、今回のモニターツアーのテーマは4番目の
「リゾート地におけるIT集積」で、期待が高まるバブルです。

そんな奄美のIT産業は、特産品関連のeビジネス、コールセンター、
データエントリー(大島紬産業のIT版)などが検討されています。
Iターン者の就業実績は、これらの他、Oターン型ITビジネスや
翻訳業、奄美情報処理専門学校講師、奄美産業活性化協議会講師、

加計呂麻移住体験ツアー、まだ間に合います!!

Masumiです。
瀬戸内町から【急募】情報が入ってきました。

10月、11月の間に3回予定されていた
日本の里100選のひとつ、加計呂麻島での
移住体験ツアーは、全コースとも
『完売御礼』となっていましたが、

10/21 木曜日 ~ 10/24 日曜日 分について
キャンセルが2名でました。

イコール

お二人分は【先着順】でまだ申し込めます!

諦めていた方、まだ悩んでいた方は、是非、
至急、下記まで問い合わせをお勧めします。

【申 込 先】
 鹿児島県 瀬戸内町役場 企画課内
 奄美・田舎暮らし支援センター 森・中島
 鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋船津23番地
 TEL 0997-72-1112  FAX 0997-72-1120
 e-mail: kakeroma-tour@amami-setouchi.org

上記ツアーの詳しい内容はこちら↓まで。
http://www.neriyakanaya.jp/blog/node/189

奄美群島のお祭り・行事情報

奄美群島広域事務組合の森 です。
 
 朝晩はすっかり秋めいてきましたが,ここ南国・奄美は日中30度近くあって
一日の寒暖の差が激しく,風邪をひきそうになっている今日この頃です。

 さて,今回のお題は・・「島の伝統行事紹介」なので,
私たちからは「奄美群島のお祭り・行事情報」を紹介します。

 奄美群島といっても全部は紹介しきれないので,
近日中に奄美大島である行事を紹介して,
その他は各市町村に委ねたいと思います。

 奄美大島の伝統行事では,
瀬戸内町の「諸鈍シバヤ」が10月16日(土)
大和村の「ムチムレ踊り」が11月21日(日)に行われます。

それぞれの町村担当者がブログで紹介されると思うので,この辺で・・
(前ふりではありません。悪しからず!)

 「諸鈍シバヤ」↓
http://www.minc.ne.jp/~hotei/syodon.html

 その他,行事について,奄美群島観光案内ホームページ 
http://www.amamikankou.jp/pages/event.html
に掲載していますので,ご覧下さい!!

秋のイベント情報

徳之島の天城町の上岡です。

スポーツの秋ということで天城町ではスポーツイベントが目白押しです。

10月10日(日)天城町町民体育祭が行われます。
多種多様な種目で子供からお年寄りまで全町民参加の集落対抗戦です。
応援の対抗戦もあって毎年盛り上がっています。

町民体育祭町民体育祭

10月23日(土)
ミニトライアスロン大会 小学生を対象とした大会です。
ミニトライアスロン大会ミニトライアスロン大会
10月24日(日)
第23回トライアスロンIN徳之島大会
徳之島一周97kmのレースです。
県内外から431名の鉄人が徳之島に集い熱い戦いを繰り広げます。

トライアスロンIN徳之島大会トライアスロンIN徳之島大会

伊仙町から行事の紹介をします

 
 夏の暑さを忘れるくらい最近、朝晩めっきり涼しくなりましたね。

 9月19日、犬田布集落の方でイッサンサンという豊年祈願祭が行われました。
イッサンサンの由来は今から400年前、数年間凶作続きで大飢餓に
なったことがあり人々が考え出したのが豊年祈願で、
十五夜に最も近い戌申の日にこの祈願行事を行ったのが始まで、
以来年中行事の一つとなっています。
福の神の、わら人形を先頭に各戸の庭先で歌を唄って踊り豊年を祈願し、
そのお礼として家主からお餅やお酒・お菓子等が振る舞われ、
次の家へと廻っていきこの日ばかりは子どもも、
夜遅くまで踊り歩き、もらったお菓子を分けるのが楽しみだそうです。

(豊年祭)イッサンサン(豊年祭)イッサンサン

 9月、10月の行事を紹介します。

  9月26日 中学校運動会
10月2.3日 小学校運動会
10月10日  町民運動会
10月24日  トライアスロンIN徳之島

移住体験ツアーの初日はトラさんトークショー!

移住体験ツアー初日のガイド、奄美のトラさんです。
9月27日のブログに、忘れていたことを追記しますね。

奄美大島での移住体験ツアーの初日(11/19)にトークショーが待ってます!

羽田から到着の方には「奄美のトラさんトークショー」で、
遅れて伊丹から到着の方へはバスの中で、
奄美のこと、移住者のことなど、よもやま話をあなたにだけ
そっとお話しますね。

ただ、この日の夕方5時から別の会で南九州と沖縄からの来島者へ
奄美のトラさん講演をすることになっていますので、
バスでは途中下車しますが、夜はまた一緒になりますね。

参加者の皆さんには、より突っ込んだ質問をして頂きたいので
あらかじめホームページ「しーま」の「奄美のトラさんおもしろ話」と、
当ねりやかなはHP内の「奄美のトラさんのQ&Aコーナー」はぜひ見ておいて下さいね。

また、奄美のトラさん(0997-54-8856 TEL・FAX共)へ
あなたの住所・氏名・TEL等FAXいただけますと、
事前に「奄美のトラさんライブラリー」

奄美のトラさん、移住体験ツアーを案内します!

こんにちは。「奄美のトラさん」です。

奄美のトラさんこと、私は奄美市役所を3年前に定年退職後、
奄美への移住・投資・研究希望者や奄美で自分を表現したい方で
奄美でのツテがない方への入口案内を行う、
「団塊世代がつくる無償ボランティア」活動を行っています。
映画の寅さんのように、「相手に頼まれもしないのに
おせっかい焼いて、相手が喜んでくれるのを見て自己満足する。」活動です。
奄美は、このような「トラさん」が千人と
しっかりものの「さくら」が1万人いる島です。
奄美のトラさんは今年から内閣府の「地域活性化伝道師」にも
登録され、ますます張り切っています。
詳しくは、
南の島の楽園奄美群島への移住支援サイト 「奄美のトラさんQ&Aコーナー」

奄美の地域総合情報サイト「しーま」の
ゲストブログ「奄美のトラさんおもしろ話」

内閣府の「地域活性化伝道師」サイト をご覧くださいネ。

運動会

宇検村の移住担当です。

9月26日(日)村内の各小中学校で運動会がありました。

私の住んでいる校区は、小学校と中学校合同の運動会です。

PTA会員として、毎回、運動会のお手伝いをするのですが

今回は、入場門作成です。

昔ながらのソテツの葉を利用した入場門です。

事前に、奇麗な葉っぱのあるソテツを探して軽トラ3台分集めました。

多くのPTA会員が協力してくれたため、2日間(実働3時間)で完成!

運動会当日に、6年生が飾り付けを手伝って完成です。

積極的に行事に協力する体制ができているのも、島の良さですね!

入場門入場門

こころとからだを豊かに 【秋の行事】

まだまだ暑さが残りますが、
だいぶ秋らしくなってきましたね。

秋バテに負けずがんばりましょう!

知名町から清水です。

食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋(自分の好きな順に並べました)
と、秋はいろいろなことがあります。

本町でも、各地で運動会や生涯学習フェスティバルなど
たくさんの行事が予定されています。

■10月4日 : 『音楽の都"ウィーン"より初来島!
ノーマン・シュトラーふれあいコンサート』

■10月10日 : 『第44回町民体育大会』

町民体育大会町民体育大会

■10月30日 : 『~世界の外囿と地元音楽家が奏でる~ 秋の夜長コンサート』

などなど。  秋の催し盛りだくさんです!

それぞれ、たっぷりご紹介したのですが
あとはゆくっり足を運んでみてください♪

喜界島・秋の行事のお知らせです!!

 喜界島でも9月からは、町・集落・学校等行事が満載です。
 準備や運営・片付けで忙しくもありますが、
終わってからの反省会(黒糖焼酎での宴)を楽しみに頑張っております・・・

 それでは、行事についてですが、
 10月10日(日) 町民体育祭 
 11月14日(日) 島内一周駅伝競争大会が行われます。
 各校区対抗で行われますが、競技だけでなく応援でも盛り上がります。
 町民体育祭町民体育祭

 10月・11月には各集落は、豊年祭が行われます。
私の出身集落の豊年祭では、「そうめんがぶー」という
ちょっと変わった行事があるので紹介します。

昔は石垣に隠したそうめんを探し、みんなで奪い合って
いたそうですが、最近では舞台からそうめんを投げ、
みんなで奪い合います。
終わってからは、それぞれの仲間でそうめんを食べます。
はじまった時期やきっかけは不明な点が多いのですが、
非常に楽しく盛り上がる行事です!!

そうめんがぶーそうめんがぶー

食欲の秋・スポーツの秋!

残暑お見舞い申し上げます。
徳之島の徳之島町、瀬川で~す。

セミの声が声高らかに夏の終わりを告げるかのように
鳴いております。
そんな中・・・自分たちの出番が来たかのように、
空高く大空へ飛びまわっているトンボがいます。
9月に入って中学校・高校の運動会も終わりましたが、
まだまだこれからスポーツの秋ということで・・・

9月23日には、高齢者スポーツ大会が
亀津児童公園におきまして行われます。
また10月10日には、第51回町民体育祭が行われます。
皆さん応援だけでなく奮って参加してください

また、食欲の秋ということで、美味しいものたらふく
食って食べるのもいいですが、ダイエットにも心がけましょう。

ところで今、全国的にも注目を集めている竹下K先生という人が
提唱している「弁当の日」という事で、子供たちが自分で
作った弁当を学校に持って来て食べるという「弁当の日」・・・・
やはり子供たちには、物の大切さや親の有難さが
伝わるのではないでしょうか
それに連動してか・・・・

今回、農政課が取り組んでいる健康祭り等で食育推進計画を
策定しているところでもありまして、
徳之島町役場内でも第1回職場お弁当の日体験について
9月17日に実施しました。

条件:①必ず自分で食材を買いに行くこと

大和村の年内の主な行事を紹介いたします。

 9月から11月までは,村行事,集落行事,学校行事と
毎週行事が続きます。
 よく「田舎はのんびりしていていいね!」とか言う方がいますが,
これは,とんでもない間違いです。

 田舎ほど何でも参加しなければならないので,
結構いそがしいんです。
 そのいそがしさが田舎の魅力だと私は思いますが・・・・・。
 
 それでは,年内の主な行事を紹介します。

 まず,9月18日に思勝集落で「キトバレ踊り」が行われます。
無病息災と五穀豊穣を願い,集落民全員が
集落内5会場で八月踊りを行います。

 戦後一旦途切れたものの,八月踊りの伝承のために
青年団が復活させました。

思勝集落キトバレ踊り思勝集落キトバレ踊り
 
 旧暦の8月15日と9月9日に近い日曜日には,
各集落で豊年祭が行われます。
 集落の最大行事であり,青壮年による相撲や
婦人会による踊り,また,伝統芸能等が披露されます。

 普段は静かな集落もこの日はにぎやかに活気づき,
夜遅くまで八月踊りで盛り上がります。
 

奄美特産品が当たるWEBアンケート、始まりました!

国土交通省直轄事業として11月に実施するツアーを
請け負っている(株)メッツ研究所のSatoです。
はじめまして。

奄美も朝夕涼しくなって、秋の気配です。

さて、移住体験ツアーも募集中ですが、合わせて
「移住に関するWEBアンケートに答えて
奄美の特産品が当たるキャンペーン」が始まりました!

特産品は、奄美の自然の恵から生まれた
黒糖焼酎、かけろまキビ酢、大島紬の小物製品など
各島々から選りすぐりの特産品をラインナップ。

当選された方には、そのなかからお好きなものをお選びいただきます。

WEBアンケートはこちらのサイトからお入りください。
http://www.mets-ri.co.jp/amamiiu/

アンケートへの回答、お待ちしていますね。

奄美大島移住体験ツアーの詳細、決まりました!

Masumiです。

以前、ご紹介した奄美大島の移住体験ツアーの詳細が
決まりました!
国土交通省の事業の一環として、開催します。
主催:奄美エーストラベル、
企画:(株)メッツ研究所(国土交通省業務請負機関)

◆◆◆奄美大島移住体験ツアー◆◆◆
日程:平成22年11月19日(金) ~ 21日(日) (2泊3日)
費用:大人 ~24,000円、子供 ~12,500円
(航空券は含まれません)

<特典>
●意見交換会にご参加いただいた方に謝礼5,000円
●現地で配布するアンケートにお答えいただいた方にもれなく特産品

もちろん、先輩移住者たちとの意見交換会なども
セットされています。

お申し込み受け付けは、10/19(火曜日)までです。

詳しくは、こちら↓
http://www.mets-ri.co.jp/amamiiu/

与論島の秋の行事★与論十五夜踊り

奄美群島の最南端、沖縄本島のすぐ北に位置する与論島。

この小さな島に脈々と伝えられた「与論十五夜踊り」をご紹介します。

与論十五夜踊りは、「嶋中安穏」「五穀豊穣」を祈る祭事として、
旧暦三月、八月、十月の十五夜に、神前に奉納される踊りです。

十五夜踊りを見に集まる人たち十五夜踊りを見に集まる人たち

平成22年内の行事・イベントについて(奄美市)

夏祭りの報告をしたばかりで、大変恐縮です。

まだまだ暑い日が続いておりますが、
朝夕は、少しずつ秋の気配を感じるようになってきました。

さて、秋と言えば、行事・イベントシーズンですね。
奄美市でも、これから、行事・イベントがいくつも控えております。

そこで、今回は、H22年の年内に期間を限定して、
行事・イベントに関することを、ご紹介していきたいと思います。

○10月10日(日) 第53回住用町市民体育祭
住用町体育祭住用町体育祭H20年度開催・第51回住用町市民体育祭の様子 
町内の幅広い世代の市民が参加して、競技が開催されました。

○10月17日(日) 第105回笠利町招魂祭相撲大会
招魂祭相撲大会招魂祭相撲大会H21年度開催・第104回笠利町招魂祭相撲大会の様子 
未就学児から一般まで約325人が参加し、熱戦が繰り広げられました。

○10月31日(日) 第55回笠利地区体育際

奄美市の夏祭り【奄美まつり・あやまる祭り・三太郎まつり】

 段々と和らいできたような気はしますが、暑い日々が続いていますね。

 奄美も晴れた日の日中は、照りつける太陽の強い日差しに、
肌が焼けるような感じがしますが、
日が落ちると、徐々に気温も落ち着き、夜中は、クーラー、
扇風機すら使わなくていいと感じます。
特に、今年は、夜間が涼しいような。
あまり暑くて寝苦しいと感じた夜がなかったように思います。
(日中でも、日向と日陰の温度は、違いますので、
いい日陰を見つけて、涼しい風に吹かれると最高ですよ。)

 さて、遅くなりましたが、奄美市では、7月下旬から、
8月中旬にかけて、3週連続でお祭りが開催されました。
 既に、祭りのご報告があった方々の中でも、ございましたが、
 まずは、市民の皆様のご協力・ご寄付のおかげで、
今年の祭りも無事滞りなく、開催されました。
本当にありがとうございました。

夏祭りの様子を、お伝えしたいと思います。

○奄美まつり 7月29日(木)~8月1日(日)
3週連続のお祭りオープニングを飾るのは、
7月29日(木)~8月1日(日)に開催された『奄美まつり』です。

盛りだくさんなイベントの数々。あっと言う間の4日間でした。

○初日は、シマあすびの夕べです。

第1回えらぶ移住・交流体験の様子【参考】

第1回えらぶ移住・交流体験ツアーの様子です。

歴史民俗資料館歴史民俗資料館

農業体験パート1農業体験パート1

農業体験パート2農業体験パート2

観光地視察(半崎)観光地視察(半崎)

タラソ体験の様子タラソ体験の様子

コンテンツ配信