奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島

島ガールRIE・DIYで空き家再生に挑む! 龍郷町に空き家発見

ついに、探し求めていた空き家を見つけました。
家みっけ!家みっけ!
龍郷町の小さな集落の奥の奥にある、一軒家。
白いトタン屋根、低い天井は、台風に強い昔ながらの島のおうち。
裏庭には、私の大好きなヒカゲヘゴとバナナ?の木が揺れていて、なんとも奄美らしい。
裏庭裏庭

もちろん、一目惚れ(*'-'*)

これまで数百件の空き家を見てきたけど、外から見る限り、状態は中の上。
多分、ちょっと掃除すれば使えそうだし、改修費もあんまかからないかも!
ラッキー!!!!!!!

なんて、甘かったのでした・・・続く。

南の島・奄美大島冬の女子旅ツアー in やまとそん 3日目~最終日

やまとそん女子旅3日目は、ツアーの目玉ホエールウォッチング!

ですが、今日の大和村の海は、昨日のベタ凪から一転、普段の荒波状態に戻ってしまいました。
なので、場所を奄美大島南部の瀬戸内町に移して決行!
眠い目をこすりながら、朝7時に宿を出発して90分、瀬戸内町の古仁屋港に到着。
船に乗り込んでいざ出発。
古仁屋港を出発!古仁屋港を出発!
奄美大島とその先に浮かぶ加計呂麻島(かけろまじま)との間の大島海峡を外洋に向かって進みます。
外洋に出るあたりの加計呂麻島の断崖の景観は圧巻でした。
加計呂麻島の断崖景観加計呂麻島の断崖景観
外洋に出たところで、クジラが見れそうなポイント付近で停泊し、クジラを待ちます。
クジラに会えるかな~クジラに会えるかな~
海面を凝視すること30分、クジラが現れる気配はありません。
昨年に続き、クジラの姿を見ることなく終わるんじゃなかろうか?

南の島・奄美大島冬の女子旅ツアー in やまとそん 2日目

やまとそん女子旅2日目は、なんと、なんと、晴れました!
この時期、奄美大島の東シナ海側は北風が吹き、日本海のような荒波の日が続くのですが、まさかのベタ凪です!
静かな国直ビーチ静かな国直ビーチ

まずは、集落をふらり散策。
島でも数少ないフクギ並木が残っています。
国直のフクギ並木国直のフクギ並木
そして、午前中は、国直のビーチで採れた貝殻でフォトフレームを作ったり、海辺で貝拾いしたり、ハンモックでぼーっとしてみたり。
浜辺でハンモック浜辺でハンモック

お昼ご飯は島料理。
国直のお母さんに料理を教わります。
島料理を教わる島料理を教わる
本日のメニューは、油ぞうめんに豚みそ。

東京で移住相談会、やります!

奄美大島の龍郷町(たつごうちょう)が東京で3/5に
「奄美 龍郷フェア」を開催します!

龍郷フェア龍郷フェア

島内限定の焼酎が試飲できたり、
奄美の特産品も盛りだくさん!
さらにアンケートに答えると、奄美行きペアチケットが当たるかも!
もちろん、移住相談会もあります。

3月5日土曜日 10:00~17:00

龍郷フェア龍郷フェア

〒103-0007
中央区東京都中央区日本橋浜町2-17-8 KDX浜町ビル1F
ぐーんと奄美
(人形町駅から徒歩5分)
TEL:03-3664-3285

南の島・奄美大島冬の女子旅ツアー in やまとそん 初日

今年で2回目となる「やまと女子旅」
「もっとゆっくり過ごしたかった!」という初回参加者の声に応え、
今回は、2/27~3/1の3泊4日のちょっぴり長めの行程です。
やまとそん女子旅2015やまとそん女子旅2015

今回は、東京、千葉、静岡、鹿児島から5名の女性が参加。
目的地は、空港から車で90分、白砂のビーチが広がる大和村国直(くになお)集落。

夕方、奄美空港に集合した一行は、
龍郷町にあるカフェ「それいゆファーム」でスイーツ休憩。
それいゆファームそれいゆファーム
奄美で採れたフルーツや野菜を使ったスムージーなどが人気のカフェですが、
なんと絶滅危惧種のオウムやホウシャ亀が保護・飼育されていてびっくり!
保護飼育されているホウシャ亀保護飼育されているホウシャ亀
スイーツ休憩のはずが、スタッフのお兄さんとの話がはずみ、

次回のたんかん通販は中止となりました

毎年、多くの方にご購入いただいているたんかん通販ですが、
残念ながら次回の販売は見合わせて頂きます。

奄美大島の広範囲でミカンコミバエという害虫が発見されました。
ミカンコミバエは1986年に国内から根絶した果物の害虫で、
中国や台湾、東南アジア、ハワイなどに生息しています。
たんかんなどの柑橘類、グァバ、マンゴー、パパイヤ、トマトなどが
被害を受けます。

台風接近などで、強風に乗り奄美大島に飛来したとされ
島外への拡散を防ぐために、農林水産省と鹿児島県が
植物防疫法に基づく処置として島外出荷を禁止しました。

根絶に向け、島内の農家さんたちが協力して努力していますので
ご理解を賜れば幸甚です。

お仕事に徹した奄美大島ツアーがあります!

【地域仕事めぐり 1泊2日のフィールドワーク@奄美】
~奄美を愛し、チャレンジを続ける経営者と仕事に出会う2日間~

~~~開催者からのメッセージ~~~

島を愛する若手経営者たちが、それぞれの仕事を通して地域を盛り上げ、
島の文化と暮らしを守り続けています。
今回のプログラムは、奄美のバイタリティ溢れる経営者と仕事に出会うことで、
『島にいながらも挑戦することは出来る!』ということを直に感じていただきたいと
思っています。

奄美には挑戦できるフィールドが準備されています。
そして応援してくれる島ッチュたちがたくさんいます。
このブログラムを通して、島の持つポテンシャルを感じてほしい。
そして、一人でも多くの若者が、今回訪ねる経営者たちの仲間に
なってくれることを願っています。

Islands have a dream!~「島には夢がある!」

2016年2月20日(土)-21日(日)
13日(土)締切!

http://challenge-community.jp/tour/fieldworks/

やまとそん女子旅、満員御礼!

やまとそん女子旅は、募集定員に達したため募集は締め切らせていただきました。
参加される皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2015_joshitabi/tour_yamato.html

奄美のあるある~塩害対策 3カ月間放置の結果・・・

12月に入りました。
沿道のススキが、少し秋(冬?)らしさを感じさせてくれていますが、ここ龍郷町は気温22度!
秋の気配秋の気配
越冬する蝶リュウキュウアサギマダラもあまりの暖かさにヒラヒラと舞いながら家に迷い込んできました。
迷子のリュウキュウアサギマダラ迷子のリュウキュウアサギマダラ

な~んて、のんきなことは言っていられません。
北風とともに龍郷湾から潮が運ばれてくるこの季節。
約3カ月間、庭やおうちのお手入れを怠ってきたら・・・この有り様です(泣)

イシクラゲ・・・成長し続けて庭を覆わんばかりです。
イシクラゲが繁茂イシクラゲが繁茂
このイシクラゲを放置すると芝の成長が止まるどころか、枯れてしまうそうです。

で、一番のショックは錆!
鍵穴が3か月でこんなです(泣)

『奄美大島・やまとそん女子旅』募集開始!

世界自然遺産登録候補地・奄美大島。
そのどまんなかにある大和村(やまとそん)で、女子旅が開催されます!
なんと、クジラに出会えるかもしれない、クルーズ付き!
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2015_joshitabi/tour_yamato.html
冬の女子旅冬の女子旅

キャンセル待ちが出るほどの人気ツアー。
お申し込みはお早めに!
****************************************************
期間:2016年2月27日(土)~3月1日(3泊4日)
参加費:ひとり30,000円 ※奄美大島への往復旅費は含みません。
定員:6名(最少催行人員1名)
主なメニュー:ホエールウォッチング、シマッチュとアオサ摘み体験
       地産地消BBQ、シマッチュ交流
****************************************************

奄美のあるある~行事 種おろし

「種おろし」は、年中行事のひとつ。
龍郷町HPによると、
『翌年の豊作を祈願するとともに、一年間の締めくくりとして各家庭を踊り浄め、繁栄を祈る行事。』
昔は、各家々を1軒1軒回って、夜通し踊り明かしていたようです。

今回は、龍郷町の龍郷集落の種おろしに、お手伝いから参加させてもらいました。

龍郷集落は世帯数114世帯(平成27年9月末)。
集落は6つの常会(ブロック)に分かれていて、常会ごとに決められた場所でそれぞれ2時間ほど踊りなどの催しが行われます。
今日と、明日の二日間にわたって行われる龍郷集落の種おろし。
二日目は、奄美大島の中心部名瀬在住の龍郷出身の方々も参加し、賑やかさ倍増だとか。

私が参加させてもらったのは、1日目の種おろし会場となる「金久(かねく)常会」。
午後2時から金久常会にある校長先生の住宅に集落の女性陣が集合するというので、エプロンをつけて参加。
若手の女性たちで決めた料理メニューを、みんなで手分けして作ります。
種おろしの準備種おろしの準備
今年のメニューは手巻きずし、おつまみサラダ、おしんこ、おはぎ、おにぎり、サンドイッチ、盛皿、おしるこ、デザートのカップケーキ。

奄美のあるある~季節 10月下旬の奄美大島

10月下旬。
北海道札幌では、初雪が舞い、東京は朝夕冷え込みが厳しくなって、薄手のセーターを着ることも増える季節。
出張先の奄美大島の天気予報を見ると、そこに表示されているのは「最高気温25度、最低気温20度」。
日中はまだまだ夏日(汗)
ギリギリ泳げるかも~と思って、奄美空港に降り立つと、やはり夏!
湿度は60%とからっとしていて、気持ち良い気候です。
10月下旬快晴の龍郷湾10月下旬快晴の龍郷湾

しかし、毎日そんな天候が続かないのがこの時期の奄美大島。
この時期になると、風向きが南から北東の強めの風に変わってきます。
ビーサンをはいて、Tシャツと薄手のパンツで散歩していると、
日が陰ったとたんに、体が芯から冷えてきて、身震いします。
時には、ちびっこ台風?って思うくらいの風で、潮がざっぱざっぱ打ち寄せる日もあります。
海の様子はこちら
https://youtu.be/ZHnlWtqFujE

ホームセンターのチラシは、これが南の島???って目を疑いたくなるチラシ。
”冬支度”の文字の下に、暖房器具の写真が並び、

大和村で地域おこし協力隊募集中

奄美大島の大和村(やまとそん)で働いてみたい方、必見です!
地域おこし協力隊募集中!
http://www.vill.yamato.lg.jp/update/218.asp

龍郷町ツアー、募集開始!

奄美大島の移住体験ツアー、龍郷町ツアーが募集開始となりました。
~~~~~~~~~~~~
2015/10/24(土)~10/26(月)の2泊3日
募集人員3組6名(最少催行人員は1名)
参加費20,000円 / ひとり(1組2名の場合)

伝統行事の秋祭り「種おろし」にも地元民に混じって参加しますよ。
種おろし種おろし

詳しくは↓
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2015_amamioshima/tour_tatsugo.html

奄美市、空き家バンク開始!

奄美大島の奄美市が、空き家物件流動化のための新制度、空き家バンクを開始しました。

~空き家バンクとは~
空き家を「貸したい・売りたい」所有者と、空き家を「借りたい・買いたい」という移住希望の方が、
奄美市の空き家バンクに登録することで、双方合意の下、空き家の有効活用を行い、
移住促進と地域の活性化を図るものです。

http://www.city.amami.lg.jp/kikaku/akiyabank/akiyabank.html

奄美のあるある~集落ライフ 七夕

今日8月20日は旧暦の7月7日、七夕です。
伝統行事が旧暦にあわせて行われる奄美では、あちこちに七夕飾りが見られます。

ご先祖様が迷わずに戻ってくるための目印になるそうで、長い竹をなるべくたか~く、たか~くかかげます。
ご先祖様があの世から戻ってくる目印なので、本土でみられるようなお願いごとの短冊はつけないことが多いようです。
屋根より高い七夕飾り屋根より高い七夕飾り

なが~い竹は、ご近所のおじぃがみんなのために切って各家に配ってくれるみたい。
長~い竹長~い竹

七夕飾りといっても、飾りがついたながーい竹を持ち上げて、支柱に結び付ける作業は、それはそれは大仕事。
飾りのついた竹は、ちょっと風に吹かれただけでもかなりの抵抗感なのです。
か弱い女子だと多分持ち上げられません。
なので、まずは風向きを考えながら立てる場所を考えます。
場所が決まったらそこに竹を寝かせて、飾りをつけていくんです。

瀬戸内町の移住体験ツアー

奄美大島の瀬戸内町の移住体験ツアーも募集を開始しました。
http://www.town.setouchi.lg.jp/shinkou/gyoji/ijyutaiken.html

宇検村移住体験ツアーin奄美大島(初日)

こんにちは。奄美群島広域事務組合の宮原です。
宇検村ツアー無事、終了しましたのでご報告を。

今回のツアーは、宇検村(うけんそん)にある、阿室(あむろ)地区で、
 1民泊
 2交流会
 3地元の夏祭り参加
 4レジャー体験など
を通して田舎暮らしを堪能しよう!というツアーでした。

参加者は、2組3名
サーファーのIさんは、のんびりとした環境で海が近いところを求めて。
カップルK・Yさんは、移住先の候補として奄美を。
ツアー参加者ツアー参加者

ということで、2組ともにツアー前から奄美入りしていたそうです。

<初日>
PM 3:00 民泊先の屋鈍(やどん)集落に到着
 集落散策をして、一息着いたあと、民泊先の吉永さんの計らいで、
「シシ肉&テラダ(トビ貝)」によるウェルカムパーティ。

Yさん大喜びで、テラダ30個くらい食べてましたよ~(笑)
吉永さん宅にて吉永さん宅にて

PM 7:00 お腹いっぱいになったところで、交流会へ

宇検村(うけんそん)移住体験ツアー

奄美大島の宇検村(うけんそん)移住体験ツアー
締切日が7/5となりました。

でも、締切間近です!
ローカル夏祭りを集落民と一緒に準備から盛り上げ、
しかも民泊付き!
日本の南の島の田舎を味わういい機会ですよ!

http://www.neriyakanaya.jp/…/tour2015_amamio…/tour_uken.html

宇検村の海宇検村の海

締切まであと5日!宇検村(うけんそん)移住体験ツアー

夏祭りポスター、出来上がりました!
夏祭りポスター夏祭りポスター

そして、この夏祭り開催地で
移住体験ツアーをやります!
今年の夏を先取りしましょう!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
開催日:7/11(土)~7/13(月)
募集人員:3組8名(最少催行人員は1名)
参加費:12,500円(ひとり)
募集締切:7/1(締切まであと5日!!!)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
詳しくは↓
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2015_amamioshima/tour_uken.html

コンテンツ配信