徳之島

徳之島町の年間行事予定表


徳之島町の公式ウェブサイトに
「平成29年度 徳之島町年間行事予定表」を掲載いたしました。

なお、日程等変更の場合があります。詳しくは関係機関へお問い合わせください。

島のみらいを切り拓くあたらしいチャレンジ~「みらい創りラボ井之川」体験会~


4月オープンを予定している「みらい創りラボ井之川」において、2月26日「みらい創りラボ井之川」体験会が行われ、井之川集落にお住まいの皆さんや、中学生・高校生など約60名が参加しました。
井之川公民館からの景色井之川公民館からの景色

午前は「みらいを切り拓くチャレンジ!ようこそ、島の先輩!」と題し、ライトマイルズ社代表取締役である豊耕一郎氏(徳之島町出身)による講演が行われました。
豊氏はLEDを使った高速通信技術を発明、世界40か国以上の国々へ日々飛び回っています。
島の未来に大きな可能性を示唆した豊氏の講演島の未来に大きな可能性を示唆した豊氏の講演

講演では、北欧のエストニアが子ども達のICT教育に力を入れ今やICT大国となった事例を挙げ
「やらないと何も解決しないけど、やると何かが生まれる」
「難しいことを解決する努力」

【ご案内】みらい創りラボ井之川体験会~島のみらいを切り拓くあたらしいチャレンジ~


みらい創りラボ井之川体験会
~島のみらいを切り拓くあたらしいチャレンジ~

島のみらいを切り拓きたい方、中学生・高校生の皆さん、井之川集落にお住まいの方、大募集!
島の先輩による講演会、ICT実験室、みらい創り対話会と、盛り沢山の一日です。

案内チラシ案内チラシ

日時:平成29年2月26日(日)午前10時~午後5時
場所:「みらい創りラボ」井之川(旧井之川へき地保育所)

プログラムの内容プログラムの内容

徳之島 移住体験ツアー(開業編)ラストナイト~

移住体験ツアー(開業編)の最終プログラムは、
Uターン者の開業体験談を聞きながらの懇親会。
徳之島で大人気のお店「MURMUNN'2」での開催。
島の美味しいものをいただきながら、
島料理が並ぶ島料理が並ぶ
大手百貨店のサラリーマンを辞めてUターンし、
カフェオーナーに転身した、
「Cafeblue Tokunoshima」を経営する山口さんから、
自営業を選択するに至った経緯や、
自営経験がなかったことによる様々な失敗体験、
そこから学んだ開業の心構えを教わりました。
開業体験談を語る開業体験談を語る
島の教育環境や世界遺産に向けた取り組みなども語り合いました。

〆は、余興と山羊汁。
山羊汁山羊汁
語らいはつきず、宿に戻ったのは1時半を過ぎていました。

翌日は、快晴。

徳之島 移住体験ツアー(開業編)2日目・伊仙町

移住体験ツアー(開業編)2日目の午後は、伊仙町訪問。
犬田布岬からの眺め犬田布岬からの眺め
犬田布岬にある喫茶スマイルで、スマイルのオーナーの
ご主人が栽培する伊仙町産のコーヒーを飲みながら、
移住30年近いカフェオーナーと、移住9年目という役場職員のM女史に
移住の経緯や伊仙町のあれこれを語ってもらいました。
犬田布のカフェで伊仙町の紹介犬田布のカフェで伊仙町の紹介
「同じことでも人の捉え方によって、良い風にも悪い風にも変わってしまう。」
「同じ島でも町や集落によっても性格が違う。」
などのアドバイスもありました。

続いて、伊仙町のみどころを案内してもらいます。
塩づくりが行われていたミヤトバル。
ミヤトバルミヤトバル
そして、伊仙町では欠かせない存在の阿権(あごん)集落。

徳之島 移住体験ツアー(開業編)2日目・天城町

移住体験ツアーIN徳之島(開業編)2日目は、天城町からスタート。
天城町役場で、町の概要や起業支援制度、空き家の紹介を受けた後、
天城町役場で説明を受ける天城町役場で説明を受ける
徳之島の自然に惚れて13年前に移住したという職員に、
徳之島3町の生活環境から人柄まで、
その違いを自身の体験談を踏まえて教えてもらいながら、
天城町の魅力スポットを案内してもらいます。
生きたハブの展示
ハブの館ハブの館
観光マップには載らない地元民に愛される展望台
前野展望台前野展望台
闘牛のトレーニング風景にも出会いました
牛のトレーニング風景牛のトレーニング風景
奄美の世界自然遺産登録の動きを知る鍵となる「ニャンダーランド」

徳之島 移住体験ツアー(開業編)初日

2017年2月1日(水)~2月3日(金)徳之島にて、
移住体験ツアー(開業編)を開催しました。
今回は、奄美群島で初めて「仕事」に特化したツアーを企画。
移住希望者から要望の多かった「開業」がテーマです。
徳之島子宝空港でお迎え徳之島子宝空港でお迎え
今回ツアーに参加したのは、大阪府在住の30代男性と
同じく大阪府在住の40代女性の2名でした。
おふたりとも島に縁のある方でした。

1日目、先に到着した男性は、初めての徳之島。
カフェ経営をしながら島で暮らしていけるのか。
その可能性と現実を探りたいとツアーに参加。
島のカフェめぐりを中心に行いました。

まずは、空港から車で10分、天城町与名間にある「Cafeblue Tokunoshima」へ。
カフェブルーカフェブルー
2013年にオープンした古民家をリノベーションした、
お洒落でどこか懐かしいカフェ。
経営するのは、東京で16年間百貨店に勤務してUターンし、
自営業に転身した山口賢一郎さん。

徳之島の観光スポットがGoogleストリートビューに!

徳之島の観光スポットなどをGoogleストリートビューで閲覧できるようになりました。
徳之島町の地域おこし協力隊が18kgのカメラを担いで猛暑の中で撮影しました。
ぜひ、島暮らしのイメージづくりのお役に立ててください。

畦プリンスビーチ畦プリンスビーチ
詳しくは一般社団法人徳之島観光連盟のサイトをご覧ください。
徳之島の観光スポットがGoogleストリートビューで閲覧できるようになりました。

徳之島町で「子育て」


徳之島町公式ウェブサイトではU・Iターン希望者向け情報を発信しています。
徳之島町の「子育て」に関する情報を掲載しました。
町民体育祭の親子遊戯町民体育祭の親子遊戯

徳之島は子宝の島です。空港の愛称は「徳之島子宝空港」であり、また、徳之島町は合計特殊出生率が2.18で全国第6位と高い値を誇っています。
徳之島町では、安心して妊娠・出産・子育てができる環境づくり、子ども達が健やかに育つことができる環境づくりに取り組んでいます。

降りしきる雨の中で激闘~町交歓大会サッカー競技~降りしきる雨の中で激闘~町交歓大会サッカー競技~

徳之島町の「集落」


徳之島町公式ウェブサイトではU・Iターン希望者向け情報を発信しています。
徳之島町の「集落」に関する情報を掲載しました。

役場、県や国の出先機関、高校、医療機関、スーパーマーケットなど多くの商店・事業所が亀津地区にあり、隣接する亀徳地区と併せて、町内の人口の半数以上が両地区に集中しています。
亀津地区(役場所在地)亀津地区(役場所在地)

町の北部では豊かな自然が残っており、行事には集落あげて参加するといった繋がりの強さが見られます。森林地域には貴重な動植物が生息し、世界自然遺産の候補地となっています。
井之川岳遠望井之川岳遠望

徳之島町の「住まい」

徳之島町公式ウェブサイトではU・Iターン希望者向け情報を発信しています。
徳之島町の「住まい」に関する情報を掲載しました。
http://www.tokunoshima-town.org/kikakuka/kurashi/uiturn/sumai.html

町内(島内)には複数の民間不動産業者があるほか、定住促進住宅、公営住宅(町営住宅・県営住宅)があります。
金見集落の風景金見集落の風景

徳之島町の「しごと」

徳之島町公式ウェブサイトではU・Iターン希望者向け情報を発信しています。
徳之島町の「しごと」についての情報を掲載しました。
http://www.tokunoshima-town.org/kikakuka/kurashi/uiturn/work.html

徳之島町バレイショ収穫風景徳之島町バレイショ収穫風景

都市圏と比較して給与は低い傾向にあることは事実です。
しかしながら、各種会合の中で「島では平日の夜にスポーツ(趣味)を楽しむ時間、飲みに行く時間、ゆるさ元気さがある」といった声も聞かれました。
まずは、実際に徳之島を体感してみませんか。平成28年度は、仕事(開業)に特化した移住体験ツアーを実施しますので、来島の機会として活用していただければ幸いです。

お仕事特化ツアー IN 徳之島(開業編)

お仕事特化のツアーを徳之島で実施します。
徳之島でビジネスを立ち上げようと思っている方、必見です!
お仕事特化ツアー IN 徳之島(開業編)
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2016_tokunoshima/job.html

徳之島フリー滞在プログラム実施レポート

徳之島フリー滞在プログラム実施徳之島フリー滞在プログラム実施
兵庫県在住ご夫婦からのお申し込みがあり、
移住体験プログラム(徳之島フリー滞在プログラム)
「TK-2 移住担当者と話をしてみたい」
「TK-6 定住促進住宅見学」
2つのメニューを実施しました。

「徳之島 地域おこし協力隊がゆく!」ウェブサイトでは、
徳之島町にやってきた『地域おこし協力隊』が『よそ者』の視点で当日の様子を紹介しています。
ぜひご覧ください。
https://tokunoshima-crcs.com/2016/06/28/%E5%BE%B3%E4%B9%8B%E5%B3%B6%E3%8...

★一部引用★
『ねりやかなや』ってどういう意味かご存知ですか?
奄美地方の方言で「海の彼方の楽園」ですって。もうこれだけで何かワクワクしますね。
サイト運営者 山腰さんのメッセージを読むと、最近移住をした私としては、心に響くものがあり、もっと応援したくなりました!

地域おこし協力隊員Facebookスタート

徳之島町では平成28年5月に地域おこし協力隊員を採用し、隊員によるFacebookページでの情報発信をスタートしました。
福岡県から徳之島へやってきた隊員が、地域おこし協力隊としての様々な活動を通して、徳之島の魅力(人・くらし・自然・歴史・文化など)を発掘し、島内外に発信していきます。ぜひご覧ください。

徳之島町地域おこし協力隊徳之島町地域おこし協力隊
https://www.facebook.com/tokunoshima.crcs/

春の一大イベント「じゃがいも収穫」

じゃがいもの産地といえば、北海道ですが、
ここ鹿児島県・徳之島も、じゃがいもの一大産地です。
収穫が始まるのは、1月下旬から。
日本で最初にじゃがいもが収穫されるということは、あまり知られていません。
サラリーマン家庭でも、畑を持っていれば、間違いなくじゃがいもを生産していると思います。
海岸まで続くじゃがいも畑海岸まで続くじゃがいも畑
収穫作業は、晴れの日に一斉に行われます。
トラクターで土を撹拌しながらじゃがいもを表面にかき出したら、
じゃがいもを中腰(野球部のノック練習を受ける野手のような恰好)で、次々と大きな米袋に投げ込んでいきます。
それを軽トラに積んで、高値の集荷場を探して持ち込みます。
じゃがいも掘りじゃがいも掘り

道路沿いには数百メートル間隔くらいに民間の集荷場があって、「じゃがいも現金買取」の看板が並んでいます。
今年は値段が良く、この日の値段は1キロ230円。
(キロ100円なら利益が上回る。ただ、年によっては買い取り価格がキロ50円という年もあって、肥料代も稼げない。)

【伊仙町】移住希望者を対象としたシンポジウムを開催します!!

伊仙町(いせんちょう)は長寿世界一,合計特殊出生率日本一のまちで,人口減少と一極集中の課題解決を目指した「生涯活躍のまち・日本版CCRC」構想のもと,移住者受入れの取り組みを推進しています。
この度,首都圏在住者の移住検討者を対象とした「伊仙町生涯活躍のまち」推進のためのシンポジウムを開催いたしますので,多くの皆様のご来場をお待ちしております。

【日時】平成28年2月27日(土) 13:30~17:30
【会場】東京都千代田区 全国町村会館 大ホール
【入場料】無料
【定員】300名
【プログラム】
〈講演〉
「現代版参勤交代の復活と奄美・伊仙町」 東京大学名誉教授 大正大学客員教授 養老 孟司
「新しい人の流れを創る一生涯活躍のまち」 三菱総研主席研究員 松田 智生
〈パネルディスカッション〉
●モデレーター
 三菱総研主席研究員 松田 智生
●パネリスト
 東京大学名誉教授 大正大学客員教授 養老 孟司
 屋久島環境文化財団理事長 鹿児島大学客員教授 小野寺 浩
 Iターン者代表 萩原 洋一
 伊仙町長 大久保 明
伊仙町生涯活躍のまちシンポジウムin東京伊仙町生涯活躍のまちシンポジウムin東京

徳之島移住体験ツアー、参加者募集中!

徳之島移住体験ツアーの募集が開始されました!
この春、一軒家に滞在しながら、島暮らしを体験してみませんか?
~~~~~~~~~~~~~~~~
参加費:ひとり18,900円
募集人員:各回 1組2~5名様
 第1回 2016/2/26(金)~2/29(月)
 第2回 2016/3/4(金)~3/7(月)
 第3回 2016/3/10(木)~3/13(日)
~~~~~~~~~~~~~~~~
詳しくは、こちら
http://lier-lab.com/go-tokunoshima/

徳之島のフリー滞在プログラム

徳之島でフリー滞在プログラムの申し込みが始まりました。
http://www.neriyakanaya.jp/…/tour2015_tokunoshima/index.html

伊仙町ゲストハウス「あむとぅ」の滞在プログラムづくりが進行中

2014年11月、伊仙町検福(けんぷく)に誕生した空き家再生ゲストハウス『あむとぅ』は、
移住したい方に島の暮らしをイメージしてもらうための「お試し暮らしハウス」です。
ゲストハウスあむとぅゲストハウスあむとぅ
ゲストハウスを建てただけでは、人は来ない。どうすれば、人に来てもらえるのか。
ゲストハウスを運営するNPO法人いせん1・1から相談を受け、建築や地域づくりを専門とする大学に打診を試みました。
すぐに関心を持ってくれたのが芝浦工業大学(東京都江東区)建築工学科の佐藤宏亮ゼミ。
芝浦工業大学佐藤宏亮研究室WEBサイトはコチラ
http://www.kk.shibaura-it.ac.jp/sato-lab/

5月にリーダー学生が伊仙町に来訪し、NPOや地元キーパーソンにヒアリング。
島暮らしを体験してもらうため、ゲストハウス宿泊者向けの体験プログラムづくりをスタートさせました。
夜遅くまで語らう夜遅くまで語らう

コンテンツ配信