沖永良部島

沖永良部島の移住体験ツアー

沖永良部島の移住体験ツアー、募集開始です!
2018/11/22(木)~11/24(土)の2泊3日
参加費20,000円(ひとり)
募集締切2018/10/31(水)

http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2018_erabu/tour.html

沖永良部島沖永良部島

2018年度移住体験ツアーIN沖永良部島 【申込フォーム】

沖永良部島で実施する移住体験ツアー専用の申込フォームとなります。
下記項目に必要事項を記載の上、「送信」ボタンをクリックしてください。
追って、おきのえらぶ島観光協会よりメールまたは電話にて連絡致します。
また、申込内容はツアー実施関係者に配信されますこと、あらかじめご了承ください。

※土・日・祝日は回答が遅れますので、ご了承ください。
また、出張等ですぐに対応できない場合もあります。
お急ぎの場合は、おきのえらぶ島観光協会(TEL: 0997-84-3540)までお電話ください。

鹿児島県知事第 3-239号(全国旅行業協会会員)
(社)奄美群島観光物産協会 おきのえらぶ島観光協会内営業所
取扱責任者:古村 英次郎(ふるむら えいじろう)
〒891-9202鹿児島県大島郡知名町屋者1029-3
TEL:0997-84-3540/FAX:0997-84-3966(10:00~17:00)
MAIL:kanko@okinoerabujima.info


2018年度移住体験ツアーIN沖永良部島 お問い合わせフォーム

沖永良部島で実施する移住体験ツアー専用の問い合わせフォームとなります。
下記項目に必要事項を記載の上、「送信」ボタンをクリックしてください。
追って、おきのえらぶ島観光協会よりメールまたは電話にて連絡致します。
また、頂いたお問い合わせ内容はツアー実施関係者に配信されますこと、あらかじめご了承ください。

※土・日・祝日、ゴールデンウィーク、年末年始、夏期休暇は回答が遅れますので、ご了承ください。
また、出張等ですぐに対応できない場合もあります。
お急ぎの場合は、おきのえらぶ島観光協会(TEL: 0997-84-3540)までお電話ください。

鹿児島県知事第 3-239号(全国旅行業協会会員)
(社)奄美群島観光物産協会 おきのえらぶ島観光協会内営業所
取扱責任者:古村 英次郎(ふるむら えいじろう)
〒891-9202鹿児島県大島郡知名町屋者1029-3
TEL:0997-84-3540/FAX:0997-84-3966(10:00~17:00)

チャレンジセミナーIN沖永良部島

沖永良部島で開業したい人たちに耳よりのお知らせです。

9/8土曜日に沖永良部島で起業をしたい人たちを対象としたセミナーが開催されます。

チャレンジセミナーIN沖永良部島チャレンジセミナーIN沖永良部島

<イベント報告>沖永良部島で農業にチャレンジ!

農業の人手不足が深刻になりつつある沖永良部島。
ひとりでも多くの人に沖永良部島の農業を知ってもらおうと、東京でイベントを開催しました!
農家のお母さんと参加者たち農家のお母さんと参加者たち

結果はこちらから。
http://npo-nr.org/blog/1630

【イベント】沖永良部島で農業にチャレンジ!

\イベント開催のお知らせ/
沖永良部島は奄美群島の南西に位置する島。
周囲約56㎞、山手線の1.5倍ほどの大きさの島に、約13,000人が暮らしています。
隆起サンゴ礁の島隆起サンゴ礁の島
奄美群島のなかでも農業が盛んな島。
100年以上も前からテッポウユリの産地で、花の島としても有名です。
幾度もの危機を乗り越えながら農業を続ける南の島で、農業にチャレンジしてみませんか?

=========================
【沖永良部島で農業にチャレンジ!】
日時:2018年6月16日(土)15時~20時
場所:IDOBATA
https://idobata.tokyo/
   住所:千代田区麹町3-7-10 浅野ビル本館4F
   アクセス:麹町駅・半蔵門駅徒歩3分
参加費:無料(懇親会参加費は1,000円)
定員 :30名(定員になり次第)
主催 :NPO法人ねりやかなやレジデンス

申し込み方法:info★npo-nr.org(★を@に変更してください。)まで。
①氏名②所属③農家に聞いてみたいこと④懇親会参加の有無を記入の上お申込みください。

プログラム(予定):

沖永良部島へのアクセス

沖永良部島で実施する移住体験プログラム等の検討で
「どうやったら、沖永良部島へ行けるの?」の疑問に
お答えするために、沖永良部島への行き方を説明した、
「沖永良部島へのアクセス」ページを更新しました。
最速、最安ルートを掲載しました。
http://www.neriyakanaya.jp/access/oki.html

お仕事特化ツアー IN 沖永良部島

南の島の農業をリアルに学ぶお仕事ツアー!
沖永良部島で開催です!
2018/2/9(金)~2/11(日)2泊3日
募集人員:3組6名(最少催行人員1名)
参加費:25,000円(ひとり)
募集締切:2018/1/26(金)
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_okinoerabu/shigoto.html

沖永良部島の移住体験ツアー、募集開始!

沖永良部島の移住体験ツアー、募集開始しました!
2017/11/23(木・祝日)~11/25(土)の2泊3日
募集人員は2組8名様まで(最少催行人員は1名)
参加費17,000円(ひとり)
http://www.neriyakanaya.jp/to…/tour2017_okinoerabu/tour.html

沖永良部島の移住体験ツアーの日程決定!

沖永良部島の移住体験ツアーは、
2017/11/23(木・祝日)~11/25(土)の2泊3日に決定しました。
詳細は、少々お待ちください。

滞在型アルバイト

夏休みに沖永良部島で農業アルバイトをしながら、
滞在を楽しんでみませんか?
HOME> 奄美に住もう> 滞在型アルバイト情報
http://www.neriyakanaya.jp/living/parttime_job.html

和泊町谷山集落和泊町谷山集落

沖永良部島に滞在できるアルバイト情報

春休みに農家でジャガイモ掘りを手伝いながら、沖永良部島に滞在してみませんか?
HOME<奄美に住もう<仕事<島に滞在できるアルバイト情報
http://www.neriyakanaya.jp/living/parttime_job.html

沖永良部島の移住体験ツアー

沖永良部島の移住体験ツアー、募集を開始しました!
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2016_okinoerabu/index.html

不動産物件情報、更新!

沖永良部島の和泊町の不動産物件情報、更新しました。
http://www.neriyakanaya.jp/estate/wadomaricho

奄美のあるある~冬のフェリーは要注意

1月というのにTシャツ1枚で過ごせるほどの暑さだった沖永良部島ですが・・・
1月なのに夏!1月なのに夏!
今日は一転、北風吹いて雨模様。
一転の雨模様一転の雨模様
今日は、沖永良部島から徳之島へ2時間の船旅の予定なのに、欠航になるんじゃないかと不安でたまりません。
フェリー会社のサイトはリアルタイムな情報を流してくれないので、
フェリー情報に精通した、徳之島のLINE友と情報交換。
「予定通り徳之島の亀徳港に到着するよ!」との情報が入り、
ほっとして、フェリーが出航する予定の和泊港(わどまりこう)に行くと・・・
なんと!!!!
フェリーターミナルの玄関に、「本日の上りのフェリーは伊延港(※)に入港します。」の看板が。
※伊延港(いのべこう) 通常フェリーが入港する和泊港とは島の反対側にある港
港が変更に!港が変更に!

沖永良部島移住体験ツアー2015 2日目(午後)

沖永良部島移住体験ツアー2015。
2日目午後のスタートは、和泊町にある不動産業者による土地や住宅見学です。
この日は売り物件4件、賃貸物件2件を見学しました。
地元不動産業者に案内を受ける地元不動産業者に案内を受ける
間取りの広さや、広い庭、状態の良さに参加者も驚き。
ただ家賃との折り合いは、なかなか難しいのです。
  
知名町の定住促進住宅も見学して、
改修前の定住促進住宅改修前の定住促進住宅
知名町にある島唯一の総合病院を見学。
徳洲会病院の見学徳洲会病院の見学

そして、移住体験ツアー最後のプログラムは、
集落ライフを垣間見るための集落訪問と地元の方との懇親会。
今年おじゃましたのは、知名町瀬利覚(せりかく)集落。

沖永良部島移住体験ツアー2015 2日目(午前中)

11/20~11/22の2泊3日で開催中の沖永良部島の移住体験ツアー2日目。
住まい探しを中心としたメニューです。

滞在先の島民泊あ~みちゃを出発して向かったのは、お隣の集落玉城(たまじろ)字(あざ=集落)。
島民泊あ~みちゃ島民泊あ~みちゃ
玉城字では昨年10月から、集落を活性化のための空き家活用に取り組んでいます。
http://www.wadomari.com/
集落内にある空き家を改修して、子育て世代に入ってもらいたいという思いから取り組んでいます。
この日は、リーダーの方が駆けつけて空き家を紹介くださいました。
玉城字の空き家見学玉城字の空き家見学

玉城字に続いて、沖永良部島の中心地・和泊字にある空き家の見学に向かいます。
こちらは、集落青年団を中心に空き家改修を行っています。
今日は、荷物整理の日。
和泊字の空き家見学和泊字の空き家見学

沖永良部島移住体験ツアー2015 1日目

2015年11月20日(金)~11月22日(日)の日程で開催される、沖永良部島移住体験ツアーを取材しました。
今日は、その初日。
11月も下旬というのに、なんと25度を超える夏日!
沖永良部空港沖永良部空港
空港で参加者を出迎え、ツアースタートです。

ツアーのコーディネーターを務めるのは、移住歴12年目のNPO心音(こころね)安徳さん。
参加者の希望に沿ってツアー内容を組み立てようと、1組限定のツアーにしたそうです。
そんな貴重なツアーに参加したのは、福岡からの30代ファミリーのNさん。

ツアー中に滞在する島民泊あ~みちゃで、オリエンテーションを行ったら、
あ~みちゃWEBサイト↓
http://amicha-okinoerabu.blogspot.jp/
オリエンテーションオリエンテーション
あ~みちゃあ~みちゃ

奄美のあるある~日常の暮らし バスに乗る

島のバスは基本は島民のための生活路線です。

空港に到着してもいつもバスがいるとは限りません。

奄美空港を13時10分に出発した飛行機は、沖永良部空港に13時50分に到着します。(与論を経由しない場合)
空港から出るバスは13時50分。

飛行機の到着時刻とバスの出発時刻が同時刻!=バスには乗れない
空港のバス停空港のバス停

次のバスは1時後の14時50分。

奄美空港は観光客などバスを利用する人も多いためか、バスの運転手が空港の到着口で、「名瀬方面出発しまーす!」と出発時刻を過ぎても到着した人たちがバスに乗り遅れないよう声をかけてくれるのですが・・・。
奄美群島で群を抜いて真面目て時間に正確な沖永良部のバス。こんなときは、島時間でお願いしまーす、と言いたくなります。

バスでしか移動できない方は、到着したらダッシュでバス乗り場に行って乗ることを主張するか(それで乗せてくれるかはわかりません)、タクシーに乗るか(空港から沖永良部島の中心和泊までは2000円弱。電話しないと空港にいないこともあります。)、次のバス便までの時間つぶしの方法を持参することをお勧めします。

沖永良部島の移住体験ツアー

沖永良部島の移住体験ツアー、詳細が決定しました!
http://www.neriyakanaya.jp/to…/tour2015_okinoerabu/tour.html

沖永良部島の移住体験ツアー沖永良部島の移住体験ツアー

コンテンツ配信