奄美大島への移住支援サイト ねりやかなや

「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、
「海のかなたの楽園」の意味です。

お問合せ サイトマップ

奄美群島には、奄美大島、喜界島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8つの有人島があります。

奄美大島・加計呂麻島・請島・与路島

奄美大島は奄美群島中で最大の島で、「大島」とも呼ばれます。面積は約712km2、周囲約460km。離島では佐渡ヶ島に次ぎ、国内で2番目に大きい島です。

鹿児島市から約380km、沖縄本島から約300kmの地点に位置しています。南部に加計呂麻(かけろま)島、請(うけ)島、与路(よろ)島という有人島、その他4つの小さな無人島が点在しており、全てを含めて奄美大島とよばれます。

694mの湯湾岳を最高峰として、北部に行くに連れてゆるやかな地形になります。奄美市(あまみし)、龍郷町(たつごうちょう)、大和村(やまとそん)、宇検村(うけんそん)、瀬戸内町(せとうちちょう)の5市町村からなり、約200集落の総人口は約7万人。

奄美大島・加計呂麻島・請島・与路島

特別天然記念物のアマミノクロウサギをはじめ、沖縄では絶滅したリュウキュウアユなど世界的にも希少な生きものが生息する島です。

北部地域はその平坦な地形を生かしてサトウキビ農業などが盛んに行われています。島の中部、南部へ行くに連れ、山深くなり、斜面を利用したタンカン、スモモなどの果樹栽培が多くなります。また、南部の大島海峡では、奥深い入江を利用した養殖事業も盛んに行われています。

伝統産業は奄美独特の絹織物である大島紬、郷土料理では鶏飯が有名です。 中部の住用川のマングローブ原生林ではカヌーツアーなどで人気を集め、周辺の美しい海は漁業を始め、ダイビングやシーカヤックなどのマリンレジャーも盛んです。

加計呂麻島(かけろまじま)は、大島海峡を挟んで奄美大島南岸と向かい合っており、海岸線が複雑に入り組んでいる周囲147.5km、面積77.25km2の細長い島です。小さな集落が30あり、約1,300人が住んでいます。
島の薩川湾は太平洋戦争中、軍港として栄え、大和や武蔵などの連合艦隊が停泊していました。今でも島には戦跡がたくさん残っています。また、渥美清の遺作となった映画「男はつらいよ」シリーズの第48作目(最終話)の舞台にもなっています。

2009年1月に「にほんの里100選」、同年4月には「島の宝100景」に選定されました。

請島(うけじま)は加計呂麻島の南にあり、面積13km2で約130人が暮らす島です。フェリーが入出港する2つの港にそれぞれ集落があります。

与路島(よろじま)は加計呂麻島の南、請島の西にあります。面積は9km2、人口約100人で、フェリーが入出港する集落がひとつあります。

喜界島

喜界島は奄美大島本島の北東端、北緯28度19分、東経130度00分の地点にあって、鹿児島から380㎞、奄美市から69㎞の位置にあります。10万年前にサンゴ礁が隆起してできた島で、今も年間平均約2㎜の速度で隆起しており、この隆起速度は世界でもトップクラスです。

喜界島

面積は56.82km2。河川という河川はなく、島で一番高い所は島の中央部に広がる高台の百之台で、標高203m。平坦な小さな島には約7,400 人の島民が暮らし、保育園・幼稚園が2園、小学校が2 校、中学校が1校、高校が1校あります。

総面積の39.5%にあたる20.5km2が耕地で、基幹産業のサトウキビ、日本一の生産量を誇る白ゴマ、マンゴーやトマトなどが栽培されている他、花良治みかんなどの在来柑橘類が多くあります。

気候は亜熱帯海洋性で、年間平均気温22℃、夏の平均気温は約27℃、冬の平均気温は16℃。年間を通して温暖な気候ではありますが、冬場は風が強く、体感温度は低く感じられます。自然豊かな喜界島には、阿伝(あでん)集落のサンゴの石垣、ガジュマル・フクギ・ソテツなどの巨木、町の保護蝶であるオオゴマダラ(別名:南の島の貴婦人)や渡り蝶アサギマダラなどが生息しています。

徳之島

徳之島は、東京から南西約1,400km、大阪からは南西約1,000km、鹿児島市からは南南西に約470km、奄美大島から約90km南下したところ、沖縄本島からは北東約200kmに位置しています。

徳之島

周囲約90キロの島で、奄美群島では奄美大島に次ぐ2番目に大きい島ですが、車で一周すると約2時間程度で回れます。中央には島で一番高い井之川岳(645m)、また北部には天城岳(533m)を中心とした山塊が連なり、その周囲は奄美群島最大の農地面積を有しています。外周を走る県道以外にもたくさんの道が内陸を通っているので、実際にはもっと広く感じられる方が多いようです。

沖永良部島

沖永良部島は北緯27度、東経128度付近、鹿児島市から南南西に540km、沖縄本島から60kmに位置し、与論島と徳之島の間に位置しています。面積は93.65km2、周囲は50km。最高標高240mの大山で、随所に石灰岩が侵食されてできるカルスト地形が見られます。隆起サンゴ礁の島で、ハブは生息しません。

沖永良部島

知名(ちな)町、和泊(わどまり)町の2町があり、人口は約14,000人。農業が盛んな島で、赤土が広がる地形を利用したジャガイモの生産や、えらぶユリの栽培で有名です。また地下には昇竜洞とよばれる有名な鍾乳洞をはじめ、300近い鍾乳洞が広がっていると言われています。これら鍾乳洞には、かつては黒糖焼酎や泡盛を作って保存していたとの説もあります。

全島的に白砂の海岸は少なく、石灰岩の断崖や磯がほとんどを占めます。その地形を侵食してできた、潮を吹き上げるフーチャや、迫力ある田皆(たみな)岬の断崖の景観などが見どころとして知られています。えらぶゆりをモチーフとしたキャラクター「リリリー」が誕生しました。

与論島

与論島は奄美群島最南端に位置し、鹿児島からは580kmと離れていますが、沖縄本島最北端の辺戸岬からは、わずか23kmしか離れておらず、鹿児島県でありながら文化的には沖縄の色が濃く、沖縄の原風景がみられる場所とも言われています。

与論島

一番高い所でも標高98mしかない隆起珊瑚礁の島で、周囲には青く美しい海が広がっています。喜界島同様、ハブは生息していません。面積は20.58 km2、周囲は23.7kmと群島内でも最小の島に、与論町という町が1つ。約5,400人が生活し、農業、観光業が主な産業となっています。

楽園を絵に描いたような「百合ヶ浜」は夢にもみるほどの美しさ。また、地酒の黒糖焼酎・島有泉(しまゆうせん)を飲み回す「与論献奉」という独特の風習が生きています。スポーツも盛んで、ヨロンマラソンには毎年多くのファンが全国から集まります。

ギリシアのミコノス島と姉妹盟約を結んでおり、島にはギリシア風の白い建物が多く目に入ります。ヨロンパナウル王国宣言をするなどリゾートアイランドとして知られています。

PAGE TOP