奄美大島への移住支援サイト ねりやかなや

「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、
「海のかなたの楽園」の意味です。

お問合せ サイトマップ

本土の都会とは違う、離島の集落で暮らすためのポイントをまとめてみました。
集落という言葉に馴染みがない方もいらっしゃると思いますが、全国に集落はあります。ある一定の場所で数軒が暮らしているとムラという共同体が出来上がってきます。その単位がシマであり、集落であると言われています。
同じ奄美群島でも、島によって集落の結びつきが強いところとそうでないところがあります。奄美大島や徳之島は集落の結束が比較的強く、与論島は集落単位というより島でひとつという感じなので、結び付きの度合いは島の面積に比例しているかもしれません。

集落の主な組織

婦人会、青年団、壮年団、老人クラブなど、年齢と性別によって所属する組織があります。
各組織の代表と自治会長に当たる区長が集まる定例会で日々の集落運営を討議し、必要に応じて年に数回集落民全員が集まる総会を開催するところが多いです。
島の都市部では組織活動も希薄ですが、田舎での集落組織は自治に関わる部分も多いので活動も盛んです。
参加は強制ではありませんが、よほどの理由がない限り「入らない」とは言い辛いです。

奄美大島のとある集落の運営組織は、下記がメンバーになっています。

  • 区長
  • 集落会計担当
  • 集落消防団長
  • 常会または隣組長、地区代表(集落を小ブロックに分け、回覧板や自治会費集金を行います)
  • 青・壮年団長(青年団と壮年団が一緒になったもの。人数の少ない集落ではよく見られます)
  • シニアクラブ会長
  • 女性会長
  • 子供育成会長
  • 体育部長

主な集落行事

1年を通じて、数回は集落行事があります。
1番大きいのは豊年祭で、種おろしと言ったり、モチムレと言ったり、集落で名称が違ったりします。他には、長寿の祝い、浜おれと言った独特な行事があります。
小学校がある田舎の集落では、入学式、運動会などの学校行事も集落行事のひとつになることがあります。生徒数が少ないこともあり、運動会では幼児からお年寄りまでこぞって参加して場を盛り上げます。
また、毎月、清掃の日を設定している集落も多いです。

例えば、奄美大島のある集落では、下記のような行事が集落として執り行われます。

  • 1月:年始式、集落駅伝、合同年の祝い、集落清掃
  • 3月:卒業合同祝い/教職員送別会、集落清掃
  • 4月:入学合同祝い/教職員歓迎会、老人クラブ総会、集落清掃
  • 5月:バレーボール大会、マスゲーム講習会、青壮年団総会、婦人会総会、集落清掃
  • 6月:浜おれ、集落清掃
  • 7月:集落総会、集落清掃
  • 8月:送り盆の八月踊り、集落清掃
  • 9月:定例会、敬老のお祝い、マスゲーム講習会、集落清掃
  • 10月:小学校運動会、種おろし、集落清掃
  • 11月:グランドゴルフ大会、集落清掃
  • 12月:常会単位の忘年会、青壮年団の忘年会、老人クラブの忘年会、集落清掃

ただし、集落行事は大まかに決まっているものの、直前でないと確定日程が分からないことが多いです。
また、同じ島でも、行事が盛んな集落からほとんど何もない集落まで様々なので、転居前後に集落区長さんに行事についても確認したほうがよいでしょう。

集落で暮らすのに必要となる出費

毎月集金などの「集落費」と、お祭り等で集められる「寄付」に分かれます。

集落費

自治会費のことで、各集落で回収します。
費用の大半は集落公民館等の集落にかかる光熱費などに充てられますが、費用項目は集落によって違います。
従って、1か月の金額はゼロから数百円~2,000円前後/世帯、また、集金も1か月ごとから年1括と集落によってバラバラです。

奄美大島のとある集落の集落費の内訳は以下の通りです。

防犯費(集落内の街灯の電気代) ¥150
衛生費(蚊の殺虫剤と作業費の積み立て) ¥200
区長費 ¥300
アンテナ(集落の共同アンテナ) ¥300
常会積み立て(お祭りの時などの出費に対する積み立て) ¥500
合計 ¥1,450

住み始めてから集落費の金額の高さにびっくりする移住者が多いので、住まいを決める時に集落の区長(自治会長のような存在)に集落行事や集落費について予め確認することをお勧めします。

集落への寄付

豊年祭等の集落行事の際に、寄付を集める集落が多いです。
寄付は、婦人会、青壮年団等の集落各団体の運営費等に充当されます。
金額は5,000円~1万円/世帯ですが、集落費と違い決まっているわけではありません。
相場は集落によって違うので、ご近所に確認してみてください。

その他に、地域の結びつきが強いこともあり、冠婚葬祭などの出費も都会より多いです。特に、本土と違うのは、友人でなくてもお祝い・お悔やみする点が挙げられます。棟上げ・新築祝い、結婚・葬儀に加え、小学校の合同入学祝などの集落民一同でのお祝い事や、それほど親しくなくても自宅でのお祝いにお呼ばれしますし、お祝い・弔いをみんなでお手伝いする集落もあります。
黒糖焼酎2本程度、あるいは2,000~3,000円程度のご祝儀・不祝儀で、1回あたりの負担は都会よりも少ないですが回数が多いです。友人とは呼ばない間柄であっても、お祝い・弔いをするのが当たり前だと思ったほうがいいでしょう。成人式、小学校入学、中学卒業、高校卒業などお祝いが重なる時期は家計的に負担も大きくなりがちですが、おめでたい必要な出費と割り切りましょう。なお、お祝い事は島や集落によって違うので、どんなお祝いがあるのかは地元住民に確かめましょう。。

奄美群島の集落

奄美群島の各島にある集落についてまとめてみました。

奄美大島・加計呂麻島・請島・与路島

奄美大島(加計呂麻島、請島、与路島を含む)には、5市町村全部で114の集落(名瀬地区を含まず)があります。

奄美市

3つの市町が平成18年に合併してできた奄美市は、奄美大島の北部から中央~南部にかけてあります。
広い市で、「名瀬地区」「笠利町」「住用町」の3つの地域ブロックに分かれています。

名瀬地区は奄美大島の中央に位置し、海の玄関、名瀬港や県の行政機関があり、奄美群島経済の中心となっています。約2万世帯、3.8万人が住んでいます。
名瀬地区は市街地を中心としているためか、集落の概念は希薄です。ただし、集落とは呼ばなくても町内活動が活発な区域はあります。

奄美大島・加計呂麻島・請島・与路島
奄美市笠利地区

笠利町は奄美空港がある北部に位置しており、約3千世帯、6千人が住んでいます。険しい山が海岸線まで迫っていることの多い奄美大島ですが、笠利町はなだらかな平地が多く、道路を走っているとサトウキビ畑が続きます。
笠利町には全部で29の集落があります。

奄美市住用地区

住用町は日本で2番目に大きいマングローブの森を有する南部に位置しています。約800世帯、1.3千人が住んでいます。
全部で14の集落があります。

瀬戸内町

瀬戸内町

瀬戸内町は奄美大島の南部に位置し、4つの島を持つ自治体で、約4,400世帯、9千人が暮らしています。
標高300-400メートルの山地が多く、リアス海岸で水深の深い入り江が多く、水産業や避難港としても利用されています。
奄美大島側に23集落、加計呂麻(かけろま)島に30集落、請(うけ)島に2集落、与路(よろ)島に1集落で、瀬戸内町全体で56の集落があります。

龍郷町

龍郷町

太平洋と東シナ海の2つの海に面する龍郷町には、約2,500世帯、6千人が暮らしています。空港と奄美大島の中心奄美市名瀬に近いことから、他市町村からの転居者が多いです。
大島紬の代表的な柄である「龍郷柄」、「秋名バラ」発祥の町であり、西郷隆盛が奄美大島に流された場所でもあります。
龍郷町には、全部で20の集落があります。

大和村

東シナ海に横に長く広がる大和村には、約800世帯、1,600人が暮らしています。
山々に囲まれ、国の天然記念物であるアマミノクロウサギをはじめたくさんの野生生物が生息し、環境省の奄美野生生物保護センターも大和村にあります。さとうきびが発祥したところで、すもも・たんかんの栽培が盛んです。
大和村には、全部で11の集落があります。

大和村

宇検村

奄美大島の西に位置し、奄美大島の最高峰である標高694mの湯湾岳を代表する山々に囲まれ、焼内(やけうち)湾の海岸線に沿うようにして、約1,000世帯、1,800人が暮らしています。
宇検村には、全部で14の集落があります。

宇検村

喜界島

隆起サンゴ礁の喜界島はサトウキビとゴマなど農業が基幹産業の島で、約3,900世帯、7.4千人が暮らしています。
喜界島は喜界町1つの町、全部で37の集落があります。周囲48.6キロメートルと小さな島で、集落の結びつきは濃いです。

喜界島の市街地はを中心に、湾の近隣である中里、赤連(あがれん)あたりまでが住宅密集区域になっています。

喜界島

徳之島

奄美群島の中央に位置しているため、琉球と薩摩の両方から影響を受け、闘牛、長寿、子宝の島として有名です。また、島の山々にはアマミノクロウサギやトクノシマトゲネズミなどの希少野生生物が生息しています。
周囲89kmの徳之島3町には、全部で48の集落があります。

徳之島町

徳之島の東側に位置し、鹿児島~奄美群島~沖縄航路、阪神~奄美群島~沖縄航路が接岸する亀徳新港があります。亀津には役場や県の行政機関があり、経済の中心地です。約4,900世帯、1.1万人が暮らしています。
徳之島町には30の集落があります。

徳之島町

伊仙町

長寿・子宝日本一として有名です。徳之島の南に位置し、丘陵地帯が広がっていて、農業・畜産業が盛んです。
約2,900世帯、6.3千人が暮らしています。伊仙町には20の集落があります。

伊仙町

天城町

天城町は徳之島の西側にあり、徳之島空港があります。北東から東南にかけて山々が連なっています。陸上を始めとするトレーニングや合宿が盛んです。約2,600世帯、6千人が暮らしています。天城町には14の集落があります。

天城町

沖永良部島

約550km離れた鹿児島県本土よりも沖縄本島に近い(沖縄本島から60km北)島で、沖縄琉球文化の影響を受けています。農業が盛んで、ジャガイモ、サトウキビ、エラブユリなどの花卉栽培が有名です。
沖永良部島には、和泊町、知名町の2町で42集落あります。

和泊町

沖永良部島の北側に位置し、空港と和泊港など島外との玄関口になっています。約3,300帯、6.9千人が暮らしています。
和泊町には21集落があります。

くらすわどまり

知名町

沖永良部島の北側にある知名町の中央には標高245mの大山があり、周辺には航空自衛隊の基地もあります。
21集落ある知名町には、約2,700帯、6.2千人が暮らしています。

沖永良部島

与論島

奄美群島の一番南にある与論島は、沖縄本島最北端の辺戸岬から23kmの距離に位置し、琉球文化の色が濃い島です。
与論町1町で、9集落あります。外周23.7kmの島なので、奄美群島の他の島々に比べ集落と言うより島全体での活動が盛んです。

与論町

主な産業は農業、観光で、約2.5千帯、5.4千人が暮らしています。

与論島
  • HOME
  • >
  • 奄美の暮らし
  • >
  • 集落ライフ

PAGE TOP