2013年度に奄美群島5島(奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)で実施する移住体験ツアー/島暮らし体験プログラムです。

奄美群島UIOターン支援協議会(奄美群島広域事務組合内)

奄美市名瀬永田町18-6  担当:丸山
TEL: 0997-52-6032  FAX: 0997-52-9618

mixiチェック

奄美大島
喜界島
徳之島
沖永良部島
与論島

沖永良部島

移住体験ツアー

2013/11/21(木)〜11/23(土)
(2泊3日)

参加費:¥23,000

※募集は締切ました※

島暮らし体験プログラム

2013年9月7日(土)〜
2014年1月31日(金)


※募集は締切ました※

移住体験ツアー

※募集は締切ました※

ツアー日程

日程 2013年11月21日(木)〜2013年11月23日(土)
主な行程 1日目 沖永良部島空港にお出迎え→ホテルチェックイン後から17:30ホテル集合まで
フリー→オリエンテーション→地元民家で地元の方と親睦会
※参加者の方々の来島時間が異なる可能性があるため、17:30までフリーとしています。到着から集合までの島での過ごし方はご相談ください。

<フリー時間のオプション>(参加費無料)
商店街や観光スポットをご案内致します。沖永良部島への到着時間に合わせて、オプションは全部で4つあります。
  1. 前泊される方は、10:30までにおきえらぶフローラルホテルに集合ください。空港に9:30着の方は、ホテルの送迎バスをご利用の上、ホテルに一旦お越しください。ホテルから出発して、沖永良部島の観光を行い、16:00前にホテルに戻ります。
  2. 港に11:30着、または空港に11:30/12:15着の方は、港・空港にお迎えに行きます。その後、昼食をとりながら、沖永良部島の観光を行い、16:00前にホテルに戻ります。
  3. 空港に13:30着の方、沖縄からフェリーで港に13:55に到着予定の方は、港・空港にお迎えに行きます。その後、沖永良部島の観光を行い、16:00前にホテルに戻ります。
  4. 空港に16:30着の方は、ホテルの送迎バスにてホテルにお向かい下さい。
知名町泊(おきえらぶフローラルホテル
2日目 生活環境紹介(病院、学校、定住促進住宅等を見学)→昼食→産業紹介(特産品加工場見学・桑茶製造体験)→三線の生演奏と先輩移住者、地元の方との交流会

知名町泊(おきえらぶフローラルホテル
3日目 ご希望に合わせて移住相談会(午前中の約1時間)またはフリータイム→沖永良部空港まで送迎、解散
※ホテルから空港・港に向かわれる方は、ホテルの送迎バスをご利用ください。
※移住相談会に出席されない方は、各自出発までご自由にお過ごしください。ホテルより出発に合わせて送迎バスが対応致します。島での過ごし方はご相談ください。
参加費用 \23,000
※島内視察の移動交通費、食事代が含まれますが、沖永良部島までの往復旅費、宿泊代、オプション代は含みません
※子供料金については、下記取扱旅行代理店にお問い合わせください。
※沖永良部島までの旅費は下記取扱旅行代理店がお調べ致しますので、お気軽に問い合わせください。なお、パックを利用されたい方は、参加費をパック料金と相殺できますので、下記取扱旅行代理店にご相談ください。
沖永良部島までの賢い行き方はこちら
定員 10人(最少催行人数1名)
募集申込
募集締切 2013年11月17日(日)
取扱旅行代理店 奄美航空ツーリスト 沖永良部営業所
〒891-9214 大島郡知名町知名658-3
責任者:東 和美(ひがし かずみ)
TEL 0997-93-1700 / FAX 0997-93-1701
E-Mail:oke-city@ama2.jp
お問い合わせ 奄美群島UIOターン支援協議会(奄美群島広域事務組合内)
奄美市名瀬永田町18-6  担当:丸山
TEL: 0997-52-6032/FAX: 0997-52-9618

▲ページの最初に戻る

僕らが皆さんをサポートします

僕が沖永良部島を案内します!

安徳 建二 (あんとく けんじ)

63歳。和泊町手々知名在住。

沖永良部人となって、早10年目。
福岡生まれの長崎育ち。
大学卒業後、サラリーマン生活で全国を転勤して巡り、最後に選んだのがこの沖永良部島。
島の方々との心からのお付き合いに、人生の愉快さ、自然の愉しさを感じています。
現在はNPO法人として子育て支援、町興し活動に熱くなる傍ら、自宅ショップ(アンティーク&ブランド雑貨店)を経営。

今年はさらに島に自生する野草・薬草に着目し、仲間とともに新たな産業の創出も手掛けています。

周囲をきれいな海に囲まれた島の道端に生える草は、全てが「薬草」のこの島の良さを外からの視と内からの視で、皆様にお伝えできるよう、ご案内させて頂きたいと思います。

沖永良部島のどこかでお会いしましょう!

大里 裕子 (おおさと ゆうこ)

65歳。和泊町玉城(たまじろ)在住。

沖永良部島生まれ、沖縄育ち。
高校卒業後、兵庫県で就職。
25歳の時にUターンし、結婚。

結婚後も主婦業と共に、多種職種(製造、サービス業、JA、保育所保育士、保育所調理、中学校用務)に従事し、中学校用務業を最後に退職。

多くの地域で幼児から中学校児童までの育成に熱い情熱を注ぐ。また、長年に渡る義父母の介護も経験しており、地域高齢者への温かい見守り支援の姿勢は、多くの町民から敬意と共に愛される存在となっている。

「人を愛すること」こそが生きがいをコンセプトに、現在は自宅にてお食事処「マダム裕子」を展開。多くの島内外の訪問者に感動を与えている。一歩、足を踏み入れると懐かしい島の香りの家で、島の食材に拘った島料理にきっと満足して頂けることでしょう。

<参加者へのメッセージ>
島の香りと風を感じながら、島のお食事を楽しんで頂けますよう、心からのおもてなしをさせて頂きたいと思います。
皆様のお越しを心から楽しみにお待ち致しております。

入佐 帥光 (いりさ すいこう)

30歳。和泊町和泊(わどまり)在住。

鹿児島生まれ、鹿児島育ち。
2010年7月に沖永良部島に移住、廃ビルを活用し美容室・中古衣類・雑貨・土産店・レンタル自転車を運営。

人口と店舗数の比率を行い移住を決意、若者が少なく過疎化が進んでいることを住みながら感じ、若い世代のメンバーを集め地域おこしを実施中。
ゆるキャラ「ガジュ丸くん」をデザイン&運営を行い、沖永良部島と言う言葉を一人でも多くの方へ覚えて欲しいと日々情報発信中。

<参加者へのメッセージ>
沖永良部島は自然豊かで何処か古臭く、なんだか住みやすい都会感が味わいたければ旅行で行くくらいが丁度良い。この島の夕日や星空を見たらそんな風に感じちゃいますよ!!
ぜひご参加お待ちしております。

荻山 さち乃 (おぎやま さちの)

25歳。和泊町和泊(わどまり)在住。

沖縄生まれ、沖縄育ち。

2011年3月に半年間の農業体験を経て、豊かな自然やシャイで素朴な島人の温かさに惹かれ移住を決意。
現在はZAKKA KISIWAという名前で島の自然素材を活かした雑貨を作っています。

<参加者へのメッセージ>
素晴らしい自然や「人間っていいな」と心から思える温かい人情が溢れる魅力的な島です。
一度は訪れて頂きたいです。

▲ページの最初に戻る

これまでのツアー参加者の皆さんの声

  • ツアー中、至れり尽くせりで感謝しています。ありがとうございました。
    (40代の女性)
  • 勤続20年、さらにこの後の20年を考えた時に、折り返し地点として自分の職業や将来を見つめなおすきっかけにしたいと思いました。物事にとらわれずとも、自分のやり方を見つけたり、実行できそうだと感じた。単に大量生産ではない農業の大変さに触れることが出来て良かったです。一人ひとりの生徒と向き合う教育現場に似ているとも思いました。自分の仕事の内容や付き合い方にも刺激を受けました。
    (40代の女性)
  • 普通の観光では知ることのできない沖永良部島の現場を実際に体験できたから、全てがとても楽しかったです。
    (30代の女性)
  • これからも何度も沖永良部に来ると思います。この体験だけでなく、いろいろな農作業のお手伝いができればいいと思っています(作業の邪魔にならなければですが)。
    (40代の男性)

私たちは沖永良部島の移住支援活動を応援しています<広告>

2012年度移住体験ツアーはこちら



島暮らし体験プログラム

※募集は締切ました※

『島暮らし体験プログラム』とは

島でできること/できないこと、都会との暮らし方の違い、島特有の暮らし方などを、移住を検討している段階で知って頂くためのプログラムです。
出来るだけ多くの地元民と会って話してみてくださいね。

開催期間:2013年9月7日(土)〜2014年1月31日(金)

※プログラムメニューによっては、開催日時が制限されます。
※天候等によっては、中止になる場合があります。

▲ページの最初に戻る

島暮らし体験プログラムメニュー

基本コース

沖永良部島の島暮らし体験プログラムには、10のメニューがあります。

メニュー 参加費
(一組当たり)
1 先輩移住者と話したい・先輩移住者宅を訪問したい
島暮らしの感想を聞いたり、移住者向け住宅の住まい見学ができます。
※申込時点で日程調整するため、ご希望に沿えない場合があります。
\500
2 集落区長・集落民から集落諸事情について聞いてみたい
集落の特徴、集落行事・活動や字費(自治会費のこと)などの説明が聞けます。
※申込時点で日程調整するため、ご希望に沿えない場合があります。
\500
3 移住担当者と話をしてみたい
役場の移住担当者が学校や病院、町の概要などを説明します。
※土日祝日を除く。
無料
4 地元民に集落散策をガイドしてもらいたい
※申込時点で日程調整するため、ご希望に沿えない場合があります。
\500
5 保育園、小学校、中学校を案内してもらいたい
※申込時点で日程調整するため、ご希望に沿えない場合があります。
※土日祝日を除く。
無料
6 農業をちょっと体験してみたい
※申込時点で日程調整するため、ご希望に沿えない場合があります。
\2,000
7 農業を見学してみたい
※申込時点で日程調整するため、ご希望に沿えない場合があります。
\1,000
8 島んちゅと話をしたい
※申込時点で日程調整するため、ご希望に沿えない場合があります。
\500
9 伝統行事/集落行事・墓正月(1月16日)に参加したい
※参加人数は1〜3名まで。悪天候時は中止になる場合があります。
\2,000(一人)
10 空き家物件を見たい
※空き物件をご紹介できない場合があります。
無料

申込フォームに記載された滞在日程や滞在場所に合わせて、沖永良部島UIO協議会事務局が開催地等を検討します。
開催場所を指定したい場合は、申込フォームのコメント欄にその旨をご記載ください。なお、日程によっては、ご希望に添えない場合がありますこと、予めご了承ください。
内容をご確認の上、下記の「申込はこちらボタン」からお申込みください。




オプションメニュー

基本コース以外にも、各種オプションメニューをご用意しました。

No. オプションメニュー 捕捉説明 準備するもの 所要時間 最低催行人員 参加費
(一人当たり)
11 島唄・三味線・ワンポイントレッスン&民謡鑑賞 19時〜21時 筆記用具 2時間 1名 \1,500
12 農業をヘビーに体験してみたい 9時〜16時
切花・バレイショ・マンゴーの管理
作業のできる服装 6時間 1名 \3,000
13 黒糖作り 9時〜15時
12月〜1月
作業のできる服装 5時間 5名 \3,000
14 島料理・島のお菓子作り 14時〜18時
19時〜21時
料理のできる服装 4時間または2時間 1名 \3,000
15 芭蕉布で小物を作ってみよう ストラップ・コースター・染物 汚れてもよい服装 1時間〜3時間 1名 \1,000〜\5,000
16 グラスボートで海底見学   必要に応じて酔い止め薬 1時間 2名 \3,000
17 黒糖焼酎工場の蔵元見学 実施時期
2月〜3月
特になし 1時間 1名 \1,000
18 地球の胎内を歩くケイビング
(洞窟探検)
9時〜、
14時〜
水着・汚れてもよい服装、着替え 3時間 1名 \15,000
19 海を楽しむスクーター・スノーケリング・体験ダイビング 8時〜、
13時〜
水着・着替え 2時間〜
半日
1名 \12,000
20 エコツーリズム 浜・湧水・史跡、遺跡・植物案内 動きやすい服装 3時間 1名 \6,000

オプションメニューだけでも申込できます。
※予約は2週間前までにお願いします。NO.3黒糖作りは1か月前までにご予約をお願い致します。
※受け入れ側の都合等によって希望の日程に添えない場合があります。
※現地への移動は、レンタカーなど各自でお願い致します。
※体験メニューの詳しい内容はご予約時にご確認ください。
※天候や、収穫時期により参加いただけないメニューもございます。
※子供料金等は沖永良部島UIO協議会事務局にお問い合わせください。



▲ページの最初に戻る

申込方法

島暮らし体験プログラムの申込は以下の流れになっています。

希望のメニュー等を申込フォームに記入し、送信してください

※オプションメニューを除く。

沖永良部島UIO協議会事務局から、
受付確認メールが届きます
申込のあった時点で、アレンジ致します。
直前での申込の場合、ご希望に添えないことがあります。
各メニューの開催者/受付者からメールが届きます
キャンセルや予定変更等は、各メニューの受付者にご連絡ください。
各メニューの受付者は、受付確認メール内に記載されます。
来島、島暮らし体験プログラム参加
参加費は現地でお支払いください。


沖永良部島までのチケットや宿泊先の予約は、各自、行って下さい。
沖永良部島までの賢い行き方はこちら


なお、移住体験ツアー取扱旅行代理店でも、チケット手配や宿泊予約ができます。

移住体験ツアー取扱旅行代理店

奄美航空ツーリスト 沖永良部営業所

〒891-9214 大島郡知名町知名658-3
責任者 東 和美(ひがし かずみ)
TEL 0997-93-1700 / FAX 0997-93-1701
E-Mail:oke-city@ama2.jp

2012年度移住支援プログラムはこちら