移住体験ツアー


2014年度に奄美群島5島(奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)で実施する移住体験ツアーです。

奄美群島UIOターン支援協議会(奄美群島広域事務組合内)

奄美市名瀬永田町18-6  担当:濱川
TEL: 0997-52-6032  FAX: 0997-52-9618

2013年度の移住支援企画はこちら

mixiチェック

奄美大島
喜界島
徳之島
沖永良部島
与論島

奄美大島

2014年度、奄美大島では2回の移住体験ツアーがあります。

大和村(やまとそん)コース

2014/9/13(土)〜9/15(月)

奄美大島の西部、大和村で村民と一緒にお祭りに出て、移住者のリフォーム話、移住体験談を聞いて、大和村の空き家改修プラン検討にも参加しませんか?

詳しくはこちら

大和村では、11/29(土)〜11/30(日)に
空き家見学ツアー参加者を現在募集中です!
参加費おひとり2,000円
詳しくはこちら

奄美市コース

2014/10/3(金)〜10/5(日)

奄美大島でプロの漁師になりたい方向けの限定ツアーで、奄美大島名瀬にある宝勢丸鰹漁業生産組合の漁に参加します。


詳しくはこちら




大和村(やまとそん)コース

まほろば大和 島ッチュのもてなし 自然と癒やしの村体験ツアー
※「まほろば」とは,「素晴らしい場所」,「住みやすい場所」という意味の日本の古語

開催日:2014/9/13(土)〜9/15(月)
参加費:17,500円(ひとり)

※奄美大島までの往復の旅費は含みません。参加費の内訳はツアー行程をご覧ください。

※キトバレ踊り(思勝集落八月踊り)

奄美大島では、旧暦の八月になると各地で八月踊りが行われます。 八月踊りは、先祖を敬い、豊穣に感謝し踊る伝統行事で、集落ごとに伝承されているため曲目や歌詞、振付が地域ごとに異なります。

思勝集落は八月踊りが盛んに行われていましたが、人口の減少や生活様式の変化により一時期存続が危ぶまれました。そこで集落の青年団を始めとする若い世代が伝統文化の継承のため定期的に練習を重ね、踊りを復活させました。
以前はアラセツとシバサシの前後6日間に集落全戸を回って踊っていましたが、現在は一夜のみ、集落内5カ所で踊ります。


▲ページの最初に戻る

ツアー行程

予定
9/13(土曜日)

奄美大島にて集合(空港または名瀬)⇒バスで大和村国直(くになお)集落へ⇒
夕食⇒キトバレ参加

※奄美大島までの往復の移動は各自で手配ください。
奄美大島までの移動についてはこちら

12:00までに奄美大島空港に到着の方は
 空港→昼食(各自負担)→奄美大島北部観光→名瀬→大和村国直集落へ
14:30までに奄美大島空港に到着の方は
 空港→奄美大島北部観光→名瀬→大和村国直集落へ

14:30以降に奄美大島空港に到着の方は
 空港→大和村国直集落へ

※前泊やフェリーで到着の方は、名瀬からの集合になります。

 詳しくは事務局までお問い合わせください。
宿泊: 中村荘
(〒894-3101 鹿児島県大島郡大和村国直69番地、TEL:0997-57-2433)
お食事: 朝:× 昼:各自負担 夜:○
島内移動: 集合場所からの移動:○、集合場所までの移動:×
9/14(日曜日)

移住者宅を訪問し、体験談を聞く⇒改修予定の家見学⇒ 野生生物保護センターで奄美大島や大和村の自然を学び、自然保護活動している移住者たちと歓談⇒フォレストポリスで昼食を取りながら、大和村の家をどう改修していくかを議論⇒大和村内を観光しながら、奄美大島中心部の奄美市名瀬へ⇒ホテルへチェックイン⇒先輩移住者たちと懇親会

※大和村の空家改修プロジェクトの模様はこちら

宿泊: ウエストコート奄美
お食事: 朝:○  昼:○  夜:○
島内移動: ○
9/15(月曜日)

出発までフリー
※下記の大和村オプションや他市町村の「フリー滞在プラン」もご利用頂けます。

■大和村オプション■(島内移動、空港までの送迎あり)
@湯湾岳散策
A空き家見見学
B学校、保育所など子育て施設見学
C集落散策、字費とか行事とかの集落説明
Dその他(リクエストください。可能な範囲でご要望にお応えしたいと思います)

※その他の市町村のオプションについては、フリー滞在プランをご覧ください。

お食事: 朝:○
島内移動: オプション参加の方はオプションに応じて○、その他の方は×

<奄美大島までの移動について>

  1. 奄美大島までの往復の移動は各自で手配ください。各航空会社/フェリー会社にて予約できます。飛行機、フェリーを利用した奄美大島までの詳しい行き方はこちら
  2. JALのダイナミックパッケージで往復の移動を手配される方は、9/14の宿をウエストコート奄美でご指定ください。ツアー開催中にウエストコート奄美宿泊代金を返金致します。
  3. 奄美大島の旅行代理店に手配を依頼するには下記旅行代理店まで。
    奄美ツーリストサービス(里見海運産業株式会社)
    担当:藤ア
    TEL: 0997-53-3112 / FAX: 0997-54-1008
    E-Mail:fujisaki@satomi-kaiun.co.jp

<参考>
飛行機を利用した場合の各空港の発着時間(平成26年6月現在)

 9/13(土曜日)
出発 利用航空会社 到着
成田 14:50 バニラエア 17:15 奄美大島
羽田 12:15 JAL 14:20
伊丹 10:00 11:35
福岡 11:25 12:45
16:35 17:55
那覇 12:35 RAC 13:40
鹿児島 7:45 JAC 8:50
8:00 9:20
8:50 9:55
10:45 11:50
11:35 12:40
14:45 15:50
15:35 16:40
17:30 18:35
 9/15(月曜日)
出発 利用航空会社 到着
奄美大島 17:55 バニラエア 20:15 成田
15:10 JAL 17:10 羽田
12:25 13:55 伊丹
12:15 13:35 福岡
17:10 18:30
14:05 RAC 15:15 那覇
9:15 JAC 10:15 那覇
10:20 11:20
13:05 14:05
14:15 15:15
16:15 17:15
17:20 18:30
18:20 19:20
19:00 20:00

※飛行機の発着は変更する可能性がありますので、必ず予約の際に各航空会社にお確かめください。
バニラエア
JAL(日本航空)/JAC(日本エアコミューター)/RAC(琉球エアーコミューター)

▲ページの最初に戻る

ツアー条件

募集定員 10組15名様(最低催行人数は1名)
参加費用 17,500円
(島内移動費、宿泊代、食事代を含む。詳細はツアー行程をご覧ください)
※子供/幼児料金については年齢によって料金が異なりますので、お問い合わせください。
募集締切 平成26年8月31日(日)
お申込
お問い合わせ 奄美群島広域事務組合
〒894-0023 鹿児島県奄美市名瀬永田町17番1号
TEL:0997-52-6032
FAX:0997-52-9618
HP:http://www.amami.or.jp/kouiki/
担当:広域振興課 濱川 健一(はまかわ けんいち)

▲ページの最初に戻る

ツアーサポート隊

僕が大和村を案内します。



大瀬 幸一 (おおせ こういち)

大和村思勝(おんがち)集落在住
大和村役場 総務企画課に勤務。

ROCKとBIKEが側にないと生きていけない41歳、独身(×無しです(^^;))。
生まれ育ちは、奄美市名瀬で平成11年4月役場入庁を機に大和村へ移住。自分自身が大和村へのIターン者です。
初めて生活する村で、戸惑いも多かったですが、この村での集落行事を中心に楽しみ方を見つけ、自分の居場所ができた感じです。

ぜひ、参加者の皆さんにも短いツアー期間ですが、大和村の魅力を感じていただきたいです。



大和村内でお目に掛るかもしれません。




大和村の案内人の『えらぶち兄ょ』さん

40代カップル、大和村国直(くになお)在住

海好きが高じて、この夏に脱サラ。
現在、民宿経営にむけて修行中。
奄美をこよなく愛する46歳。
生粋の島んちゅ(島生まれ、島育ち)です。
僕の生活ぶりは、「島魚・国直鮮魚店」(妄想鮮魚店ブログ)を見てくださいね。



小田島 文顕 (おだじま ふみあき)

4歳児の娘がいる30代ファミリー。大和村国直(くになお)在住。

2012年1月の移住ツアーに家族3人で参加し、同年8月から大和村国直で暮らしています。

国直の住宅を見に行った時は、有名な福木トンネルの開花時期でした。木漏れ日に舞う可憐な花が印象的でした。大きく悠々と飛ぶ蝶、つやつやと美しい虫、がさごそ音をたてて浜に繰り出す丘ヤドカリ等、静かな海岸に沈む美しい夕日に(一杯やりに?!)自然と集まる仕事を終えた皆さんの笑顔、見守られながら遊ぶこどもたち。子育てをするにあたり、この生命力いっぱいの風景が娘の原風景となること、家族で自然な時間の流れの中で営む生活のイメージが沸き国直に住む事を決めました。

島暮らし初心者の私たちにも、集落の皆さんはとても親切に接してくれます。また、中高生をはじめとして、村のみなさんで子どもを見守るという素晴らしい習慣があり、子育てしていて安心感があります。集落行事でテキパキと働く大人の姿や、舟漕ぎ、運動会などで頑張る両親や近所のみなさんの姿を見て育つ事はとても良い事だと感じています。

仕事場が名瀬なので、毎日車で30分の通勤ですが、緑の良い匂いのなか、朝、夕の山道からの美しい海を眺め家族で話す時間はとても良いものです。仕事が創作に関する事なので、良い空気と食べ物、景色、子どもがのびのびと健やかに過ごせる環境が、仕事に良い影響を与えています。

国直はウミガメの上陸数の多さでも有名で、夏の産卵&孵化の時期に毎年訪れるリピーターの方も多いので、移住をお考えの方もそうでない方も、是非滞在して人と自然と触れ合って頂けたらと思います。

Atelier裏庭
奄美市名瀬港町5-26  マルサンビル1F #112(洋菓子店シューベル、もしくは前田紬横の入口より、1F通路奥)
open:火-金10:00-17:00, 土&祝12:00-18:00、close: 日&月

※作業場であり、また企画展示スペース、アートに関するワークショップの開催もしております。仕事の関係やワークショップでお話しできない場合もありますので、事前にメール、メッセージでご確認頂けたら幸いです。

連絡先:atelieruraniwa@gmail.com
Twitter@GAtelieruraniwa


宮本 聖平 (みやもと しょうへい)

小学4年生の娘がいる40代前半のファミリー。大和村(やまとそん)在住。

2011年4月に、兵庫県から奄美大島の大和村に移住。
兵庫県では薬品製造会社に勤務していましたが、島に相応しい仕事がしたくて、現在は奄美マングースバスターズのメンバーになりました。

島に住んでから思うことは、一年を通じて「かなり忙しい」ということ。行事やイベントが盛りだくさんなので、参加して楽しむことが大事だと思っています。
移住を決める前に、2010年2月実施の2泊3日の奄美大島移住体験ツアーに参加しました。

初めて奄美大島に来た時は単なる観光になってしまったから、ツアーに参加して役場やハローワークなど回るべきところを回らなくてはと思ったのがきっかけです。

ツアー中に出会うに人々は、ツアー後の移住活動でもきっと協力してもらえるはずです。知りたい事は、何でも率直に質問したらいいと思います。


大町 博之 (おおまち ひろゆき)

大島郡大和村出身の65歳。大和村在住。

大和村役場を退職後、大和村自然保護推進員に任命され、自然保護活動やパトロールなどで一日の大半を山中で過ごしています。
面倒見のよい性格から観光ガイドの依頼も多く、観光ツアーや自然学習ツアーなどをボランティアで引き受けています。
陽気な語り口と愛くるしい笑顔でご案内する大町さんのツアーは奄美大島の自然や文化を満喫すること間違いなしでしょう。

《参加者へのメッセージ》
まずはお気軽に奄美渡島へおこしください。
住民や先輩移住者と語り合うなかで島の良さや移住への課題を見つけることができると思いますよ。


▲ページの最初に戻る

奄美市コース

漁師さんと行く

開催日:2014/10/3(金)
〜10/5(日)
参加費:10,000円(ひとり)

※奄美大島までの往復の旅費は含みません。
参加費の内訳はツアー行程をご覧ください。


◆◇◆ツアーの特徴◆◇◆
奄美大島でプロの漁師になりたい方向けです。

  • 参加者はひとり限定です。
    奄美大島名瀬にある宝勢丸鰹漁業生産組合によるプロのカツオ漁に、丸一日同行し、漁師の仕事を体験します。
  • 漁業に関する支援制度についての説明会も行います。

宝勢丸について

宝勢丸鰹漁業生産組合は、前身である「宝勢丸組合」が大正11年(1922年)に発足してから今年で87年を迎える、カツオの一本釣りを専門とする漁業生産組合です。
宝勢丸鰹漁業生産組合のカツオは、地元奄美の刺身の定番として島民に愛されているほか、カツオのたたきやかつお節などの加工品としても販売されています。
詳しくは宝勢丸ホームページまで!

ツアー行程

予定
10/3(金曜日)

16:00 奄美市名瀬のホテルで担当者と合流
17:00 宝勢丸鰹漁業生産組合の漁師さんと顔合わせ

※時間は漁師さんの寄港時間によって変動し、顔合わせがない場合もあります。
※奄美大島までの往復の移動は各自で手配ください。奄美大島までの移動についてはこちら
※宿泊は名瀬市街地のホテルを予約してください。
 詳しくは事務局までお問い合わせください。
宿泊: ×(各自手配)
お食事: ×
島内移動: 集合場所からの移動:○、集合場所までの移動:×
10/4(土曜日)

深夜 ホテル発、カツオ漁出発。ただし、悪天候の場合は、陸での作業になります。
※出港時間は前日にお知らせします。

17:00 帰港
※帰港時間は漁の状況によります。概ね、12:00〜20:00の間になります。

18:00 漁師さんとの懇親会
※荒天時は陸上での作業または中止となる可能性もございますので、予めご了承ください。

宿泊: ×(各自手配)
お食事: △(船内での食事については宝勢丸で準備します)
島内移動: ホテルから港までは送迎します。
10/5(日曜日) 午前中 漁業に関する融資制度、支援制度等の説明、その他案内(住宅など)
お食事: ×
島内移動: 説明会場等までの送迎あり

<奄美大島までの移動について>

  1. 奄美大島までの往復の移動は各自で手配ください。各航空会社/フェリー会社にて予約できます。詳しくはこちら
  2. 宿泊は名瀬市街地のホテルを予約してください。詳しくは事務局までお問い合わせください。

▲ページの最初に戻る

ツアー条件

募集定員 1名限定 (20歳以上45歳未満)
参加費用 10,000円(保険代を含みますが、往復の旅費、宿泊代は含みません。詳細はツアー行程をご覧ください)
募集締切 平成26年9月12日(金)
お申込
お問い合わせ 奄美市
〒894-8555 鹿児島県奄美市名瀬幸町25番8号
TEL:0997-52-1111
FAX:0997-52-1001
HP:http://www.city.amami.lg.jp/
担当:企画調整課 山下 央(やました ひろし)