奄美大島 移住 | 奄美群島への移住支援サイト ねりやかなや
「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、「海のかなたの楽園」の意味です。
奄美群島のこれまでのお問い合わせご感想
■お問い合わせへの回答に関するご注意
ねりやかなやでは、お問い合わせメールにて頂いた送信者様のプライベートに関わる質問等には、送信されたメールアドレスに直接回答返信しています。
着信拒否等で返信メールが届かない場合は、送信者様の個別具体的なご質問は一般公開を前提とした回答となりますこと、予めご了承ください。
カテゴリ・キーワード検索
2018.09.10
コタロー 様より
ツアー日程の質問を頂きました。
ハンドルネーム = コタロー
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

徳之島、与論島のツアーを参加したいと思います。
徳之島の日程が決まり次第、ご連絡いただければ幸いです。
奄美大島、加計呂麻島も興味がありましたが、日程が合いませんでした。
よろしくお願いいたします。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
コタロー様

初めまして。奄美群島広域事務組合の沖です。
この度は、徳之島・与論島ツアーについてお問合せいただきありがとうございます。

2島ともに年明け実施の方向で準備をしております。
改めまして、ねりやかなやホームページへ掲載後、コタロー様へ連絡をさせていただきます。
もうしばらくお待ち頂きたいと存じます。

※与論島のツアーは、2019/1/19(土)~2019/1/21(月)の2泊3日で開催決定です。
詳しくは↓
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2018_yoron/index.html#tour

2018.09.07
ままま 様より
新築助成について、ご質問をいただきました!
ハンドルネーム = ままま
在住都道府県 = 大阪府
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

よろしくお願いします。

今回移住先も目星がつき、仕事も確保できそうであとは住宅というところまで移住計画が進んでいます。

そこで気になったのですが、奄美大島市外から移住したあとに新しく家を建てると助成金は出ないのでしょうか?

実際賃貸で住んでみて良さそうならば家を建てたいと考えています。

しかし、住民票を移した後に助成金を頂けないなら、移住する前に家を建てる手続きに入らなければいけません。

まずは住んでみないとその集落の関係など分かりませんが、助成金を考えると関係とか考えずに建てなければいけないのでしょうか?

知識も少なく申し訳ないですが、回答お願いします。

------------------> Masumiからの返事
ままま様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、新築用地として特定の場所が既に決まっている場合以外は
一旦賃貸で暮らされることが望ましいと思います。
集落ごとの特徴もありますし、湿度の高さなど暮らしてみないと分からない部分を
理解されて新築しないと後から後悔されることも出てくると思います。
新築助成は移住者に限らず住民が対象、島内移動者が対象、島外からの移住者に限定など
5市町村で対応が違います。
移住前に新築に踏み切るのではなく、賃貸物件で暮らしながら候補地を絞り込む過程で
行政に相談されてはいかがでしょうか?

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。

2018.08.28
おみ 様より
外国人の雇用状況について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = おみ
在住都道府県 = 福岡県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

インド人の夫と7ヶ月の息子と奄美大島に移住を考えています。
夫はヨガのインストラクター兼ホテルマンです。
英語は堪能で日本語は話せません。
そんな夫でも奄美で仕事をすることは可能でしょうか。
外国人の雇用事情を教えていただけますでしょうか。
どうぞよろしくお願います。

------------------> Masumiからの返事
おみ様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

奄美大島にも外人の方は住んでいますが、ほとんどの方が語学教師のように思います。
ただ、少しづつですが、海外の観光客も増えてきているので、ホテルなどでの仕事は
あるかもしれません。ただし、日本人スタッフとのコミュニケーションは日本語になるので、
英語だけでは厳しいかと思われます。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2018.08.16
フルタ 様より
タクシー運賃について、質問をいただきました!
ハンドルネーム = フルタ
在住都道府県 = 和歌山県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =

タクシー料金のことですが、9月に徳之島へ初めていきます。
徳之島空港から伊仙町役場を往復した場合、タクシーの運賃はどの位かかりますか?
教えてください。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
フルタ様

初めまして。奄美群島広域事務組合の沖と申します。
この度は、徳之島へのご来島予定ありがとうございます。

お問い合わせ頂きました、徳之島空港から伊仙町役場までの往復タクシー料金ですが、「伊仙タクシー」へ確認したところ
料金:1万円前後(往復)
時間:35分程度(片道)

とのご回答をいただきました。
伊仙タクシー 平土野営業所 0997-85-4047

他のタクシー会社やレンタカー情報も「徳之島町役場」のホームページにございましたので、ご参考にされてください。
徳之島町役場ホームページURL:https://www.tokunoshima-town.org/kikakuka/machi/kotsu/taxi.html

何かございましたら、お気軽にお問い合わせください。

2018.08.02
copacabana 様より
下見について、ご質問をいただきました!
ハンドルネーム = copacabana
在住都道府県 = 福岡県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

こんにちは。
家族5人(46歳,34歳,4歳,2歳,1歳)で、移住を(2年後に)考えています。
旦那のお父さん、お母さんが奄美大島出身ということもあり、住むなら奄美がいいと旦那が言っており、話し合った結果、長女が小学校入学時期に奄美大島へ行こうと決まりました。
しかし、遠いので、そうしょっちゅう伺うことできず、移住まで1-2回の訪問で職や住む場所が決まるかどうか不安があります。
行くなら、1週間ほど滞在し、市役所訪問しようと考えております。
移住体験プログラムにも参加したいのですが、家族総出で奄美へ行くとお金もかかるので、参加が難しいです。
移住体験プログラム以外でなにかオススメのものがありましたら、教えて頂きたいです。
ちなみに、親戚は、あった事もないですし、いたとしてもかなりのご高齢なので、あてもありません。
長々と、申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

------------------> Masumiからの返事
copacabana様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

奄美大島を移住候補に選んで頂き、うれしく思います。
1~2回の来島で移住計画を決定したいとの前提で、
いくつか質問させてください。

①奄美大島5市町村のどの集落が候補になるかは決めていらっしゃいますか?
外周約500㎞あるので、移住候補地が未定だと候補地選びだけで
初回は終わりになってしまう可能性があります。
地勢だけでなく、お子さんの教育環境や行政の移住支援策なども
候補地選びに影響を与えると思うので、事前に調べられることは
調べて来島されるとよいと思います。
奄美大島の地勢 http://www.neriyakanaya.jp/life/geography/index.html#cont01
5市町村の子育て・教育支援情報 http://www.neriyakanaya.jp/life/childcare/amami.html
奄美大島の集落情報 http://www.neriyakanaya.jp/life/village/index.html
行政の住宅支援情報 http://www.neriyakanaya.jp/living/housing.html#cont04

②お仕事の候補はありますか?
都会と違い、常に希望の職種の求人があるわけではないので
移住するタイミングに仕事が見つけられない可能性があります。
奄美大島の主な求人は医療・介護、建設、その他サービスで
職種としては事務、調理、看護の仕事になります。
詳しくは→を参照ください。 http://www.neriyakanaya.jp/living/index.html
初回の来島で求人事情をハローワークや転職サイトで聞かれてはいかがでしょうか?
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2018_oshima/free.html#com4

フリー滞在プログラムには、市町村の移住担当者に話を聞くなど
無料のメニューも多くありますので、ご利用をご検討されてはいかがでしょうか?
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2018_oshima/free.html#menuListFrame
滞在中に可能な限り地元民と接点を持たれることで、島にいないと得られない情報が
集まってくることが多いです。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2018.08.02
torin 様より
プチ移住について、ご質問をいただきました!
ハンドルネーム = torin
在住都道府県 = 神奈川県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =

こちらのサイトのポリシーにそぐわない質問かもわかりませんが、ご容赦ください。
私は間もなく63歳になるごく平凡なサラリーマンです。
来年64歳で1年前倒しで会社を辞め、7月ぐらいから奄美大島でプチ移住をしたいと考えております。
妻は親の介護もあり家を離れられないので、単身赴任です。
移住といっても、来年7月から年内、資金がもてば冬を越したいと思っています。
そこから先は現在未定です。
奄美の地で残りの人生を考え、今まで家族に頼ってきた家事全般をできるようになることが目的の1つです。
目的が漠然としていることは自覚しています。
そんなで、9月3日から1週間の予定で奄美に下見に行きたいと思っています。
その間、このような漠然とした思いを具現化するために、どなたか相談に乗っていただけるとありがたいです。
特に一番は住まいの件についてアドバイスをいただけるとありがたいです。
長文でとりとめのない内容になってしまいましたが、よろしくお願いいたします。

------------------> Masumiからの返事
torin様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

生活道具一式が付いた移住体験住宅やウィークリー住宅は多くないので
移住体験住宅を持つ瀬戸内町役場と民間のウィークリー住宅を
ご覧になってはいかがでしょうか?
瀬戸内町役場の移住体験住宅は↓
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2018_oshima/free.html#S11
民間の代表的なウィークリー住宅は↓
http://kariyushiamami.net/

また、もろもろの相談は「奄美のトラさん」こと花井幸三さんに話されてはいかがでしょうか?
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2018_oshima/free.html#A2
リンクのフリー滞在プログラムから申し込みができます。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2018.08.01
もー 様より
行事日程に関するお問い合わせをいただきました!
ハンドルネーム = もー
在住都道府県 = 鹿児島県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

今年のあまぎ祭の日程を教えてください。
宜しくお願いします。

------------------> Masumiからの返事
もー様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。
今年のあまぎ祭は8/18~19が開催予定です。
詳しくは天城町にご確認ください。
奄美群島の夏祭りの日程は↓になります。
http://www.neriyakanaya.jp/blog/node/2858

今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2018.07.31
NOMURA 様より
NPO法人のイベントに関するお問い合わせをいただきました!
ハンドルネーム = NOMURA
在住都道府県 = 大阪府
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =

9/21,22のNPO法人ねりやかなやレジデンスの移住体験イベント http://npo-nr.org/blog/1832 に参加したく思っております。
航空券は自分で手配するのですが、奄美での21,22の宿泊に関してはどうすればいいのでしょうか?

------------------> Masumiからの返事
NOMURA様

りやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。
また、イベントへの参加もありがとうございます。

お問い合わせのイベントは、NPO法人ねりやかなやレジデンス http://npo-nr.org/ が開催します。
イベント詳細ページ http://npo-nr.org/blog/1832 に宿等の記載もありますので
参考にされてください。
また、イベントに関するお問い合わせ連絡先は下記になります。
イベントに関するお問い合わせ:
NPO法人ねりやかなやレジデンス
担当:佐藤
〒891-9112 鹿児島県大島郡和泊町和泊121-1(沖永良部島)
TEL:070-6656-0278
e-mail:info@npo-nr.org

不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。

2018.07.20
オジサン 様より
仕事に関するお問い合わせをいただきました!
ハンドルネーム = オジサン
在住都道府県 = 北海道
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

初めまして。
この度はお世話になります。
以前より南下したい意思があり、終の住処は南の島と決めております。
様々な情報を検討しました結果、奄美大島が一番自分に合っていると感じました。
住める環境があればどこでも構いません。
お仕事は福祉関係で職業指導員をしており、PC関係の資格のみ保有しております。
現在得ることが出来ます移住情報詳細などお教えいただけますと幸いです。
なるべく早期に移住したいと考えております。
どうかよろしくお願い申し上げます。

------------------> Masumiからの返事
オジサン様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

奄美大島を選択されたこと、嬉しく思います。
福祉関係の求人は多いですし、情報通信の人材も不足していますので
オジサン様が島を気に入られるかが鍵ですね。
移住関連情報は当サイトか、下記URLを参考にされてください。
http://www.neriyakanaya.jp/tatsugo_pamp/index.html
また、実際に来島されて、北海道との違いを体感されることをお勧めします。
湿度の高さや雨の多さ、冬の北風の冷たさは、多くの移住者が驚いています。
観光とは違う移住希望者を対象としたプログラムもありますので
活用をご検討ください。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2018_oshima/index.html

不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2018.07.06
ナカタク 様より
行事に関するご質問をいただきました!
ハンドルネーム = ナカタク
在住都道府県 = 神奈川県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =

お世話になります。
今年、平成30年に行われるウヤンコーの日にちをお教えいただけますか。
よろしくお願い致します。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
ナカタク様

初めまして。奄美群島広域事務組合の沖と申します。
この度は、喜界島に関心をいただきまして、ありがとうございます。

今年度のウヤンコー(高祖祭)の日程ですが、11月26日となっているようです。
ウヤンコーについての詳細は、直接、喜界島役場(0997-65-1111)までお問合せ頂ければと存じます。

以上となります。
上記以外でご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

2018.04.21
碧 様より
喜界島移住について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = 碧
在住都道府県 = 山梨県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

こんにちは。
喜界島への移住を検討しており、一度家族で秋ごろに行こうと思っています。

①交通手段ですが、バニラエアで奄美に16:35着後、
18:20発のフェリーで行く予定です。
奄美空港から名瀬港までバスで間に合いますか?

②銛突きをする際、漁協に申告するというような事が
移住関連のパンフレットに載っていたのですが
詳細を知りたいです。

③free wifiがある場所はありますか?

④行った時に移住に関して直接お話を聞ければと思うのですが、
どこに行けばよいでしょうか?

ご回答宜しくお願い致します。

------------------> Masumiからの返事
碧様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、
①空港16:35着でバス利用だと、18:20のフェリーには間に合いません。
フェリーをご利用の際は、奄美市名瀬までレンタカーをご利用ください。
レンタカー会社の一部は、名瀬乗り捨てが出来ます。

②利用可能な漁具は
http://www.pref.kagoshima.jp/af05/sangyo-rodo/rinsui/suisangyo/recreatio... に記載されていますが、
詳細については
喜界島漁業協同組合
〒891-6202喜界町湾2967(喜界島漁業協同組合内)
TEL:0997-65-0249  までお問い合わせください。

③フリーWi-Fiは、湾の施設や宿泊施設の一部で利用できます。

④移住相談ですが、喜界町役場の企画観光課が窓口となります。
http://www.town.kikai.lg.jp/densan/kanko-iju/index.html
また、移住検討をされる方向けにフリー滞在プログラムを用意しています。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2018_kikai/index.html#free
先輩移住者に話を聞くなどのメニューがありますので、ご活用を検討ください。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2018.04.20
きんぷら 様より
移住体験プログラムについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = きんぷら
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =

お世話様です。
今年の移住体験は何月ごろの予定ですか。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
きんぷら様

 初めまして。
奄美群島広域事務組合の沖と申します。
この度は、暮らし体験プログラムのお問い合わせありがとうございます。

 さて、暮らし体験プログラムについてですが、
今年度は「フリー滞在プログラム」と「移住体験ツアー」を計画しております。
「フリー滞在プログラム」は、各島随時お申込受付を行っております。
ご希望されております沖永良部島のページからお申込ください。

「移住体験ツアー」は、例年各島での日程調整及びプログラムの作成を
行い8月頃決定となっております。
今年度につきましても8月に決定し、その後ねりやかなやホームページから
情報提供を行う予定にしております。
 
 暮らし体験プログラムにご興味をお持ちいただきありがとうございます。
今年も素敵な体験プログラムをご提供できる様、各島担当者との調整を致します。
「移住体験ツアー」につきましては、申し訳ありませんが、
情報提供までもうしばらくお待ちください。

2018.04.20
Cozze11 様より
体験プログラムについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = Cozze11
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

奄美大島に移住を考えています。
妻と子供2人の4人家族です(4歳と6歳)。
体験プログラムに興味があります。
詳細を教えてください。
よろしくお願いします。

------------------> Masumiからの返事
Cozze11様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

奄美大島の島暮らし体験プログラムは、
①フリー滞在プログラム
②大和村国直集落丸ごと体験交流 の2つのメニューを現在、申込いただけます。

フリー滞在プログラムは、奄美群島12市町村の行政と民間が一体となって実施しています。
奄美大島のメニューは、http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2018_oshima/free.html で
ご覧いただけます。

大和村国直集落丸ごと体験交流は、奄美大島の北西に位置する大和村にある
NPO法人TAMASUが運営するプログラムです。
大和村の国直(くになお)集落限定で行われるプログラムですが、
小さな集落のことが良く分かるメニューがあります。

また、ツアーも検討中です。ただし、現時点では、時期・内容とも確定しておりません。
詳細が決まり次第、公開致しますので、今しばらくお待ちください。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。

2018.04.07
なお 様より
島おこしの求人について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = なお
在住都道府県 = 大阪府
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

こんにちは。
私は大阪で現在IT商社の営業として活動しております。
元より自然やマリンスポーツに興味があり、ここ最近は離島への移住を真剣に考えております。

そこで質問ですが、離島にて市役所の応募や島興し系の営業や企画の応募は只今御座いますか?

------------------> Masumiからの返事
なお様

奄美群島有人8島には12の市町村があり、
その全てで地域おこし協力隊が活躍しています。
ただし、今後の募集の有無、募集時期については
市町村によって異なります。
現在、募集中の市町村は
瀬戸内町 
https://www.town.setouchi.lg.jp/shinkou/kyoryokuataibosyu2018.html
天城町 の2町となります。
その他については、各市町村に直接、ご確認ください。

地域おこし協力隊は任期のある臨時職員となります。
定年まで働こうとする場合は、採用試験を受けて
正規採用者になる必要があります。
島の公務員試験は、新卒ばかりでなく、Uターンの方たちも
受けています。

民間団体については、随時募集をしているわけではありませんが、
下記のような団体があります。

各島に観光、物産等の団体がある他、

ラジオで島興しをしている「あまみエフエム」
http://www.npo-d.org/

情報発信で島興しをしている「しーま」
http://amamin.jp/

地域を活性化する「奄美イノベーション」
http://amami-innovation.com/

オーガニックで島興しをしている「オーガニックアイランド喜界島」
http://www.kazetohikari.jp/category/1448695.html

日本の離島を元気にする"島キャン"を開催している「カケハシ スカイ ソリュー
ションズ」
http://www.shimacam.com/index.php

求人の詳しい情報は、http://www.neriyakanaya.jp/living/index.html
を参照ください。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば
お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2018.04.05
丹沢独歩 様より
戸建て住宅について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = 丹沢独歩
在住都道府県 = 神奈川県
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =

大島郡で隠居生活をしたいと思っている76歳と67歳の「カップル」です。
静かなところで2DK程度の一戸建て住宅(賃貸または売買)を探しています。
適当なものがあればご紹介ください。

------------------> Masumiからの返事
丹沢独歩様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの不動産物件事情ですが、奄美市名瀬、南部の瀬戸内町古仁屋を除くと、
賃貸、売買とも仲介物件は少ないです。
奄美市名瀬地区、瀬戸内町古仁屋地区を除くエリアは、相対取引が主流になっているからです。
そのため、インターネットで情報を集めることは難しく、
地元民のクチコミでいい物件は流通していくので、口コミネットワークに入っていない場合は
足をこまめに使って地元物件情報を聞いて回るか、地元民の紹介を頼って物件情報を
入手することになります。

その中で、インターネット、メールで対応する会社を幾つかご紹介しますね。
弊社では不動産物件の斡旋は行わないため、直接、不動産会社にお問い合わせください。

奄美NEXT不動産 
http://www.amami-nextworks.com/

あまみ不動産 
https://amami-fudousan.com/

深田マザーホーム不動産事業部 
http://jrec.amamin.jp/

その他、市町村で空き家バンクを用意していますので、そちらも参考になさってください。
http://www.neriyakanaya.jp/living/amami.html

また、奄美大島南部の瀬戸内町では、半年まで滞在できる町営の移住体験住宅があります。
島暮らしを体験し、地元民との接点が広がると、物件探しでも幅が出てきます。
特定の場所に住みたいということでなければ、まずは体験してみるというのもお勧めです。
瀬戸内町の移住体験住宅は、↓を参考にされてください。
http://www.neriyakanaya.jp/living/housing.html#cont03

以上で回答となりますが、不明な点等があればお気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2018.03.30
来年移住 様より
島暮らし体験プログラムについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = 来年移住
在住都道府県 = 大阪府
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

年長さんの子どもを持つシングルマザーです。

今年の6月に奄美大島にいきます。(もう飛行機とってます)

その際にフリー体験ツアーを利用したいのですが、
3月までの期限?となっていますが可能でしょうか?

また、どのようにツアーを組み合わせて誰に連絡すれば良いかわかりません。

教えてください。

------------------> Masumiからの返事
来年移住様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせのフリー滞在プログラム・ツアーの件ですが、
来年度の公開準備が間に合わず、ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

奄美大島のフリー滞在プログラムは2018年度の全メニューとも4/1より実施致しますので
詳細については、主催者の奄美群島広域事務組合までお問い合わせください。
問い合わせフォームは↓です。
http://www.neriyakanaya.jp/blog/node/2346

ツアーに関しては、企画段階での決定事項を順次、ブログ等で公開していきます。
ただ、現段階で開催時期等は未定なので、6月の開催は厳しいと思います。

以上にて回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2018.03.12
pinkitty 様より
暮らし体験プログラムについて、お問い合わせを頂きました!
ハンドルネーム = pinkitty
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

奄美大島で滞在してみて、移住できるか 検討したいと考えています。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
pinkitty様

 初めまして。奄美群島広域事務組合の島崎と申します。
この度は、暮らし体験プログラムに関するお問い合わせを頂きありがとうございます。

 体験プログラムにつきましては、ツアーとフリー滞在プログラムの2種類ございますが
今年度のツアーが終了したため(次年度の開催時期等は未定です)、
近々奄美大島へのご来島を予定しているのであれば、フリー滞在プログラムをお勧め致します。

 http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_amamioshima/free.html にメニュー一覧が
ございますが、ご来島の日程に合わせてお選び頂いたプログラムを体験して頂くものとなっております。
受入側の都合により、日程によっては実施が出来ない場合もございますが、
移住のきっかけ作りとなるようなメニューをご用意しておりますので、
ご来島の際は是非活用ください。

 ご回答は以上となります。どうぞよろしくお願い致します。

2018.03.09
pieyon56 様より
住まいについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = pieyon56
在住都道府県 = 千葉県
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =

そちらに移住を考えていますが、住居があれば助かります。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
pieyon56様

 初めまして。奄美群島広域事務組合の島崎と申します。
この度は、沖永良部島に関するお問い合わせを頂きありがとうございます。

 沖永良部島の住居情報につきましては、沖永良部島の和泊町が運営している
「くらすわどまり」(URL:http://www.kurasu-wadomari.info/)というサイトで、
空き家情報をはじめとした沖永良部島に特化した移住情報が掲載されておりますので、
サイトの方をご覧頂ければと思います。

 ただ、こちらとしましては移住を希望する島へのご来島経験が無い中での、
いきなりの住まい探しはお勧めしておりません。
例えば、沖永良部島へのUターンであったり、複数回ご来島し移住のイメージが
十分掴めているのであれば特に問題は無いと思いますが、
もしもご来島経験があまり無いようであれば、移住後に
「こんなはずではなかった」とならないよう、十分な検討が必要だと考えます。
 その際は、移住体験プログラムをご用意しておりますので、
ご来島の予定がございましたら活用してみてはいかがでしょうか。
今年度の沖永良部島移住体験ツアーにつきましては既に終了
(次年度の実施・並びに期間は現在未定です)しておりますが
フリー滞在プログラム http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_okinoerabu/index.html#free に
つきましては年間を通して実施しておりますので、ご検討ください。

 ご回答は以上となります。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

2018.03.07
ナオ 様より
相談窓口について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ナオ
在住都道府県 = 群馬県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

はじめまして!
家族での 移住検討中の為 地域を厳選しています。

たくさん 読ませて頂き 参考にさせて頂いています。
まず一度 移住体験をしてみたいのですが、どのようなものがありますか?
今年中に、何回か行ってみたいと思っています。長期は難しそうなので
2泊3日程度の滞在で、主に学校関連や地域の生活、
移住した方々の生活など 知りたいと思っています。

本当は島全部 見て回りたい位ですが、無理そうなので、
奄美大島の中でも 地域を厳選していかないとないですよね?
また こういった相談やもっと 細かい疑問など
お話出来る窓口など ありましまら 嬉しいです。

何か 少しでも 教えて頂けたら 嬉しいです!
よろしく お願い致します。

------------------> Masumiからの返事
ナオ様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの窓口ですが、各市町村に移住窓口があります。
http://www.neriyakanaya.jp/life/admin/index.html

奄美大島全体のことであれば、当サイトでも分かる範囲でお答えしますし、
奄美群島広域事務組合でも対応致します。
http://www.neriyakanaya.jp/blog/node/2402 から問い合わせが出来ます。

2泊3日である程度現地の感覚をつかむには、フリー滞在プログラムをご利用されては
いかがでしょうか?来年度も継続実施の予定です。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_amamioshima/free.html
移住者宅訪問や、学校見学等のメニューがあります。
1回の滞在をどこかの市町村に定めて滞在し、重点的に見て回るのが効率的だと思います。
奄美大島は1周500㎞ありますので、欲張っていろいろな地域を回ろうとすると
移動に時間がとられてしまいます。
また、集落に暮らす雰囲気をつかむには、瀬戸内町の移住体験住宅を活用されては
いかがでしょうか?
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_amamioshima/free.html#S11
自分たちで買い物・自炊をするので、生活感は分かると思います。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2018.02.26
まい 様より
住まい特化ツアーについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = まい
在住都道府県 = 埼玉県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

こんにちは。
住まい特化ツアーは5月に予定はないでしょうか?

私は猫を飼っていて、空き家を探しています。
ペット可であればアパートでもなんでもいいのですが、
大抵高くて、大島の給料実態ではやっていけそうにないと思っています。
いくつか集落や役場をまわって訪ねたりもしましたが、
住める空き家がなく、島外の部外者でシングルということもあって
現実は厳しいものでした。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
まい様

 初めまして。奄美群島広域事務組合の島崎と申します。
この度は、暮らし体験プログラムへお問い合わせ頂きありがとうございます。

 早速ですが、ご回答させて頂きます。
まず、住まい特化ツアーにつきまして、こちらは「移住体験ツアー」として実施しているもので
今年度の奄美大島における移住体験ツアーのテーマを「住まい特化」としているため、
次年度に実施の際の内容が住まいに特化したものになるのかは未定でございます。
また、移住体験ツアーの実施は予定しておりますが、時期につきましても
申し訳ありませんが、m未定となっております。

 例年、10月以降に実施する傾向にございますが、「ねりやかなや」の新着情報を
随時チェック頂けますと幸いです。

 そして、「空き家」につきまして、既に集落や役場を周られたとの事ですので、
ご自身にて様々な情報を入手されている事と存じますが、
集落における空き家探しの手段の一つとして「集落に溶け込み、集落住民から空き家情報を得る」と
いう方法がございます。必ず住まいが見つかるという保証はございませんが、
例えば、伝統行事やボランティア等の集落行事に参加し、自らを集落に周知し、
集落内での知人を増やすことにより、移住にあたっての有益な情報を
集落住民から得るというものでございます。
伝統行事:http://www.neriyakanaya.jp/life/event/amami.html#wrapper

 集落行事の具体的な内容や日程等については各市町村担当者へ
お問い合わせ頂く事となりますが、一部の行事につきましては、
フリー滞在プログラムのメニューにもございますのでご検討ください。
市町村担当者:http://www.neriyakanaya.jp/life/admin/index.html
フリー滞在プログラム:http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_amamioshima/free.html

 ご回答は以上となります。どうぞよろしくお願い致します。

ページ