奄美大島 移住 | 奄美群島への移住支援サイト ねりやかなや
「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、「海のかなたの楽園」の意味です。
奄美群島のこれまでのお問い合わせご感想
■お問い合わせへの回答に関するご注意
ねりやかなやでは、お問い合わせメールにて頂いた送信者様のプライベートに関わる質問等には、送信されたメールアドレスに直接回答返信しています。
着信拒否等で返信メールが届かない場合は、送信者様の個別具体的なご質問は一般公開を前提とした回答となりますこと、予めご了承ください。
カテゴリ・キーワード検索
2018.04.21
碧 様より
喜界島移住について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = 碧
在住都道府県 = 山梨県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

こんにちは。
喜界島への移住を検討しており、一度家族で秋ごろに行こうと思っています。

①交通手段ですが、バニラエアで奄美に16:35着後、
18:20発のフェリーで行く予定です。
奄美空港から名瀬港までバスで間に合いますか?

②銛突きをする際、漁協に申告するというような事が
移住関連のパンフレットに載っていたのですが
詳細を知りたいです。

③free wifiがある場所はありますか?

④行った時に移住に関して直接お話を聞ければと思うのですが、
どこに行けばよいでしょうか?

ご回答宜しくお願い致します。

------------------> Masumiからの返事
碧様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、
①空港16:35着でバス利用だと、18:20のフェリーには間に合いません。
フェリーをご利用の際は、奄美市名瀬までレンタカーをご利用ください。
レンタカー会社の一部は、名瀬乗り捨てが出来ます。

②利用可能な漁具は
http://www.pref.kagoshima.jp/af05/sangyo-rodo/rinsui/suisangyo/recreatio... に記載されていますが、
詳細については
喜界島漁業協同組合
〒891-6202喜界町湾2967(喜界島漁業協同組合内)
TEL:0997-65-0249  までお問い合わせください。

③フリーWi-Fiは、湾の施設や宿泊施設の一部で利用できます。

④移住相談ですが、喜界町役場の企画観光課が窓口となります。
http://www.town.kikai.lg.jp/densan/kanko-iju/index.html
また、移住検討をされる方向けにフリー滞在プログラムを用意しています。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2018_kikai/index.html#free
先輩移住者に話を聞くなどのメニューがありますので、ご活用を検討ください。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2018.04.20
きんぷら 様より
移住体験プログラムについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = きんぷら
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =

お世話様です。
今年の移住体験は何月ごろの予定ですか。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
きんぷら様

 初めまして。
奄美群島広域事務組合の沖と申します。
この度は、暮らし体験プログラムのお問い合わせありがとうございます。

 さて、暮らし体験プログラムについてですが、
今年度は「フリー滞在プログラム」と「移住体験ツアー」を計画しております。
「フリー滞在プログラム」は、各島随時お申込受付を行っております。
ご希望されております沖永良部島のページからお申込ください。

「移住体験ツアー」は、例年各島での日程調整及びプログラムの作成を
行い8月頃決定となっております。
今年度につきましても8月に決定し、その後ねりやかなやホームページから
情報提供を行う予定にしております。
 
 暮らし体験プログラムにご興味をお持ちいただきありがとうございます。
今年も素敵な体験プログラムをご提供できる様、各島担当者との調整を致します。
「移住体験ツアー」につきましては、申し訳ありませんが、
情報提供までもうしばらくお待ちください。

2018.04.20
Cozze11 様より
体験プログラムについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = Cozze11
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

奄美大島に移住を考えています。
妻と子供2人の4人家族です(4歳と6歳)。
体験プログラムに興味があります。
詳細を教えてください。
よろしくお願いします。

------------------> Masumiからの返事
Cozze11様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

奄美大島の島暮らし体験プログラムは、
①フリー滞在プログラム
②大和村国直集落丸ごと体験交流 の2つのメニューを現在、申込いただけます。

フリー滞在プログラムは、奄美群島12市町村の行政と民間が一体となって実施しています。
奄美大島のメニューは、http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2018_oshima/free.html で
ご覧いただけます。

大和村国直集落丸ごと体験交流は、奄美大島の北西に位置する大和村にある
NPO法人TAMASUが運営するプログラムです。
大和村の国直(くになお)集落限定で行われるプログラムですが、
小さな集落のことが良く分かるメニューがあります。

また、ツアーも検討中です。ただし、現時点では、時期・内容とも確定しておりません。
詳細が決まり次第、公開致しますので、今しばらくお待ちください。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。

2018.04.07
なお 様より
島おこしの求人について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = なお
在住都道府県 = 大阪府
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

こんにちは。
私は大阪で現在IT商社の営業として活動しております。
元より自然やマリンスポーツに興味があり、ここ最近は離島への移住を真剣に考えております。

そこで質問ですが、離島にて市役所の応募や島興し系の営業や企画の応募は只今御座いますか?

------------------> Masumiからの返事
なお様

奄美群島有人8島には12の市町村があり、
その全てで地域おこし協力隊が活躍しています。
ただし、今後の募集の有無、募集時期については
市町村によって異なります。
現在、募集中の市町村は
瀬戸内町 
https://www.town.setouchi.lg.jp/shinkou/kyoryokuataibosyu2018.html
天城町 の2町となります。
その他については、各市町村に直接、ご確認ください。

地域おこし協力隊は任期のある臨時職員となります。
定年まで働こうとする場合は、採用試験を受けて
正規採用者になる必要があります。
島の公務員試験は、新卒ばかりでなく、Uターンの方たちも
受けています。

民間団体については、随時募集をしているわけではありませんが、
下記のような団体があります。

各島に観光、物産等の団体がある他、

ラジオで島興しをしている「あまみエフエム」
http://www.npo-d.org/

情報発信で島興しをしている「しーま」
http://amamin.jp/

地域を活性化する「奄美イノベーション」
http://amami-innovation.com/

オーガニックで島興しをしている「オーガニックアイランド喜界島」
http://www.kazetohikari.jp/category/1448695.html

日本の離島を元気にする"島キャン"を開催している「カケハシ スカイ ソリュー
ションズ」
http://www.shimacam.com/index.php

求人の詳しい情報は、http://www.neriyakanaya.jp/living/index.html
を参照ください。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば
お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2018.04.05
丹沢独歩 様より
戸建て住宅について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = 丹沢独歩
在住都道府県 = 神奈川県
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =

大島郡で隠居生活をしたいと思っている76歳と67歳の「カップル」です。
静かなところで2DK程度の一戸建て住宅(賃貸または売買)を探しています。
適当なものがあればご紹介ください。

------------------> Masumiからの返事
丹沢独歩様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの不動産物件事情ですが、奄美市名瀬、南部の瀬戸内町古仁屋を除くと、
賃貸、売買とも仲介物件は少ないです。
奄美市名瀬地区、瀬戸内町古仁屋地区を除くエリアは、相対取引が主流になっているからです。
そのため、インターネットで情報を集めることは難しく、
地元民のクチコミでいい物件は流通していくので、口コミネットワークに入っていない場合は
足をこまめに使って地元物件情報を聞いて回るか、地元民の紹介を頼って物件情報を
入手することになります。

その中で、インターネット、メールで対応する会社を幾つかご紹介しますね。
弊社では不動産物件の斡旋は行わないため、直接、不動産会社にお問い合わせください。

奄美NEXT不動産 
http://www.amami-nextworks.com/

あまみ不動産 
https://amami-fudousan.com/

深田マザーホーム不動産事業部 
http://jrec.amamin.jp/

その他、市町村で空き家バンクを用意していますので、そちらも参考になさってください。
http://www.neriyakanaya.jp/living/amami.html

また、奄美大島南部の瀬戸内町では、半年まで滞在できる町営の移住体験住宅があります。
島暮らしを体験し、地元民との接点が広がると、物件探しでも幅が出てきます。
特定の場所に住みたいということでなければ、まずは体験してみるというのもお勧めです。
瀬戸内町の移住体験住宅は、↓を参考にされてください。
http://www.neriyakanaya.jp/living/housing.html#cont03

以上で回答となりますが、不明な点等があればお気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2018.03.30
来年移住 様より
島暮らし体験プログラムについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = 来年移住
在住都道府県 = 大阪府
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

年長さんの子どもを持つシングルマザーです。

今年の6月に奄美大島にいきます。(もう飛行機とってます)

その際にフリー体験ツアーを利用したいのですが、
3月までの期限?となっていますが可能でしょうか?

また、どのようにツアーを組み合わせて誰に連絡すれば良いかわかりません。

教えてください。

------------------> Masumiからの返事
来年移住様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせのフリー滞在プログラム・ツアーの件ですが、
来年度の公開準備が間に合わず、ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

奄美大島のフリー滞在プログラムは2018年度の全メニューとも4/1より実施致しますので
詳細については、主催者の奄美群島広域事務組合までお問い合わせください。
問い合わせフォームは↓です。
http://www.neriyakanaya.jp/blog/node/2346

ツアーに関しては、企画段階での決定事項を順次、ブログ等で公開していきます。
ただ、現段階で開催時期等は未定なので、6月の開催は厳しいと思います。

以上にて回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2018.03.12
pinkitty 様より
暮らし体験プログラムについて、お問い合わせを頂きました!
ハンドルネーム = pinkitty
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

奄美大島で滞在してみて、移住できるか 検討したいと考えています。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
pinkitty様

 初めまして。奄美群島広域事務組合の島崎と申します。
この度は、暮らし体験プログラムに関するお問い合わせを頂きありがとうございます。

 体験プログラムにつきましては、ツアーとフリー滞在プログラムの2種類ございますが
今年度のツアーが終了したため(次年度の開催時期等は未定です)、
近々奄美大島へのご来島を予定しているのであれば、フリー滞在プログラムをお勧め致します。

 http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_amamioshima/free.html にメニュー一覧が
ございますが、ご来島の日程に合わせてお選び頂いたプログラムを体験して頂くものとなっております。
受入側の都合により、日程によっては実施が出来ない場合もございますが、
移住のきっかけ作りとなるようなメニューをご用意しておりますので、
ご来島の際は是非活用ください。

 ご回答は以上となります。どうぞよろしくお願い致します。

2018.03.09
pieyon56 様より
住まいについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = pieyon56
在住都道府県 = 千葉県
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =

そちらに移住を考えていますが、住居があれば助かります。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
pieyon56様

 初めまして。奄美群島広域事務組合の島崎と申します。
この度は、沖永良部島に関するお問い合わせを頂きありがとうございます。

 沖永良部島の住居情報につきましては、沖永良部島の和泊町が運営している
「くらすわどまり」(URL:http://www.kurasu-wadomari.info/)というサイトで、
空き家情報をはじめとした沖永良部島に特化した移住情報が掲載されておりますので、
サイトの方をご覧頂ければと思います。

 ただ、こちらとしましては移住を希望する島へのご来島経験が無い中での、
いきなりの住まい探しはお勧めしておりません。
例えば、沖永良部島へのUターンであったり、複数回ご来島し移住のイメージが
十分掴めているのであれば特に問題は無いと思いますが、
もしもご来島経験があまり無いようであれば、移住後に
「こんなはずではなかった」とならないよう、十分な検討が必要だと考えます。
 その際は、移住体験プログラムをご用意しておりますので、
ご来島の予定がございましたら活用してみてはいかがでしょうか。
今年度の沖永良部島移住体験ツアーにつきましては既に終了
(次年度の実施・並びに期間は現在未定です)しておりますが
フリー滞在プログラム http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_okinoerabu/index.html#free に
つきましては年間を通して実施しておりますので、ご検討ください。

 ご回答は以上となります。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

2018.03.07
ナオ 様より
相談窓口について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ナオ
在住都道府県 = 群馬県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

はじめまして!
家族での 移住検討中の為 地域を厳選しています。

たくさん 読ませて頂き 参考にさせて頂いています。
まず一度 移住体験をしてみたいのですが、どのようなものがありますか?
今年中に、何回か行ってみたいと思っています。長期は難しそうなので
2泊3日程度の滞在で、主に学校関連や地域の生活、
移住した方々の生活など 知りたいと思っています。

本当は島全部 見て回りたい位ですが、無理そうなので、
奄美大島の中でも 地域を厳選していかないとないですよね?
また こういった相談やもっと 細かい疑問など
お話出来る窓口など ありましまら 嬉しいです。

何か 少しでも 教えて頂けたら 嬉しいです!
よろしく お願い致します。

------------------> Masumiからの返事
ナオ様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの窓口ですが、各市町村に移住窓口があります。
http://www.neriyakanaya.jp/life/admin/index.html

奄美大島全体のことであれば、当サイトでも分かる範囲でお答えしますし、
奄美群島広域事務組合でも対応致します。
http://www.neriyakanaya.jp/blog/node/2402 から問い合わせが出来ます。

2泊3日である程度現地の感覚をつかむには、フリー滞在プログラムをご利用されては
いかがでしょうか?来年度も継続実施の予定です。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_amamioshima/free.html
移住者宅訪問や、学校見学等のメニューがあります。
1回の滞在をどこかの市町村に定めて滞在し、重点的に見て回るのが効率的だと思います。
奄美大島は1周500㎞ありますので、欲張っていろいろな地域を回ろうとすると
移動に時間がとられてしまいます。
また、集落に暮らす雰囲気をつかむには、瀬戸内町の移住体験住宅を活用されては
いかがでしょうか?
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_amamioshima/free.html#S11
自分たちで買い物・自炊をするので、生活感は分かると思います。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2018.02.26
まい 様より
住まい特化ツアーについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = まい
在住都道府県 = 埼玉県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

こんにちは。
住まい特化ツアーは5月に予定はないでしょうか?

私は猫を飼っていて、空き家を探しています。
ペット可であればアパートでもなんでもいいのですが、
大抵高くて、大島の給料実態ではやっていけそうにないと思っています。
いくつか集落や役場をまわって訪ねたりもしましたが、
住める空き家がなく、島外の部外者でシングルということもあって
現実は厳しいものでした。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
まい様

 初めまして。奄美群島広域事務組合の島崎と申します。
この度は、暮らし体験プログラムへお問い合わせ頂きありがとうございます。

 早速ですが、ご回答させて頂きます。
まず、住まい特化ツアーにつきまして、こちらは「移住体験ツアー」として実施しているもので
今年度の奄美大島における移住体験ツアーのテーマを「住まい特化」としているため、
次年度に実施の際の内容が住まいに特化したものになるのかは未定でございます。
また、移住体験ツアーの実施は予定しておりますが、時期につきましても
申し訳ありませんが、m未定となっております。

 例年、10月以降に実施する傾向にございますが、「ねりやかなや」の新着情報を
随時チェック頂けますと幸いです。

 そして、「空き家」につきまして、既に集落や役場を周られたとの事ですので、
ご自身にて様々な情報を入手されている事と存じますが、
集落における空き家探しの手段の一つとして「集落に溶け込み、集落住民から空き家情報を得る」と
いう方法がございます。必ず住まいが見つかるという保証はございませんが、
例えば、伝統行事やボランティア等の集落行事に参加し、自らを集落に周知し、
集落内での知人を増やすことにより、移住にあたっての有益な情報を
集落住民から得るというものでございます。
伝統行事:http://www.neriyakanaya.jp/life/event/amami.html#wrapper

 集落行事の具体的な内容や日程等については各市町村担当者へ
お問い合わせ頂く事となりますが、一部の行事につきましては、
フリー滞在プログラムのメニューにもございますのでご検討ください。
市町村担当者:http://www.neriyakanaya.jp/life/admin/index.html
フリー滞在プログラム:http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_amamioshima/free.html

 ご回答は以上となります。どうぞよろしくお願い致します。

2018.01.18
khk 様より
開業相談について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = khk
在住都道府県 = 大阪府
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

はじめまして。

大阪で18年ほど美容師をしております。
奄美大島に移住して美容室を開業出来れば良いなと思っています。
妻は保育士で共働きの予定です。

開業の相談などの窓口はありますか?

------------------> Masumiからの返事
khk様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、市町村や金融機関で相談できると思います。
奄美市
http://www.neriyakanaya.jp/living/job.html#cont04
奄美群島振興開発基金
http://www.amami.go.jp/

他の市町村窓口は↓をご覧ください。
http://www.neriyakanaya.jp/life/admin/index.html

以上で回答となりますが、不明な点等があればお気軽にご連絡ください。

2018.01.18
移住希望 様より
来島時期について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = 移住希望
在住都道府県 = 大阪府
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

以前から何度か連絡させて頂いている者です。

子どもが今年年長となるので、小学校からは奄美大島で暮らしたいと考えています。

希望は瀬戸内町ですが、仕事を考えると古仁屋に車で行ける範囲が良いと考えています。

もしくは住用でも仕事的に可能ならば良いと考えています。

私として疑問なのは移住時期です。

子どもの保育所卒業式は今の所でと考えています。

仕事の条件的に良いところがあれば、早くに移住することが望ましいと思いますが、そうなると保育所の卒業式はでれないのではと思っています。

また、何度も奄美に通うことが大事かと思いますが、こどもも連れて奄美に行き来すると相当な金額がかかって来るので2回ほどしか決まるまでは行けない状態ですので安い時期に的確に行きたいと思っています。

アドバイス頂ければありがたいです。

------------------> Masumiからの返事
移住希望様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

飛行機代が下がる来島シーズンについてですが、バニラエアのご利用は
検討されましたでしょうか?
関西国際空港発ですが、閑散期は4,780円~となります。
https://www.vanilla-air.com/jp/

JALをご利用の場合は、先得等の割引をご検討ください。
http://www.jal.co.jp/dom/sakitoku/index.html

早めに計画を立てられると、それだけ安いチケットが購入できます。

飛行機代が下がる閑散期は下記が該当すると思いますが、
料金は各社のHP等でお確かめください。
正月明け~春休み
春休み後~ゴールデンウィーク前
ゴールデンウィーク後~夏休み前
9月のシルバーウィーク後
※連休、週末は料金が高めになります。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば
お気軽にご連絡ください。

2017.11.29
がんちゃん 様より
喜界島ツアーに関するお問い合わせ
ハンドルネーム = がんちゃん
在住都道府県 = 鹿児島県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =

2018お仕事特化ツアーの参加可能でしょうか。

------------------> りえらぼからの返事
がんちゃん様

このたびは、お問合せありがとうございます。
ツアー事務局の合同会社りえらぼの佐藤です。

お問い合わせの件ですが、
喜界島のお仕事特化ツアーは、現在「参加可能」な状況です。
日程、内容等をご確認いただき、お申し込みいただければと思います。
===================================
日程:2018/2/23(金)~2/25(日)
参加費 25,000円 (ひとり)
※喜界島までの往復の旅費は含みません。
ツアーの詳細:
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_kikaijima/shigoto.html
====================================

ご不明な点などありましたら、お気軽にお問合せください。

2017.11.03
カク 様より
移住体験住宅について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = カク
在住都道府県 = 大阪府
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

1ヶ月~2ヶ月ぐらい移住体験したいですが、空き家があればすぐご入居できますか?
どの手順で申し込みしたらいいですか?
教えていただければありがたいです。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
カク様

初めまして。奄美群島広域事務組合の島崎と申します。
この度は、お問い合わせ頂きありがとうございます。

短期型の移住体験住宅につきまして、行政取扱い分に関しては奄美大島内の瀬戸内町と沖永良部島内の和泊町が貸出を実施しておりますが、現在、空きが無いとのことでした。
お問い合わせ並びにお申込方法につきましては、下記のリンクをご覧ください。
【瀬戸内町移住体験住宅】http://www.neriyakanaya.jp/estate/setouchicho/
【和泊町定住促進住宅】http://www.town.wadomari.lg.jp/wadomari02/kikaku34.asp
そして、和泊町からの情報提供として、11月中旬頃から短期型移住体験住宅の入居者募集を開始予定との事でした。
募集開始時は下記の移住情報サイトに掲載されるそうですので、リンクを貼付致します。
http://www.kurasu-wadomari.info/

また、喜界島では、農家のお家に滞在し農業のお手伝いをしながら島暮らしを体験するという取り組み(ファームステイ)を実施しておりますのでリンクを貼付致します。
http://blog.livedoor.jp/kikaijimachioko/archives/18114238.html

その他、民間で取り扱っている滞在ハウス等につきましては、「ねりやかなや」内の↓のページを参考にされるか、
http://www.neriyakanaya.jp/living/housing.html#cont03
「〇〇(島名) ウイークリーマンション」や「〇〇(島名) ゲストハウス」等でネット検索して頂き、ご検討くだされば幸いです。

1~2ヶ月程度の移住体験を希望という事ですが、奄美群島内には8つの島がございますので、まずは「行ってみたい島」を当サイト含むネットや、知人等からの情報により絞って頂きたいと思います。
滞在までは移住希望者自身で手配して頂きますが、滞在中にはフリー滞在プログラムを活用できますので、「行ってみたい島」と「滞在先」が決まりましたら、ぜひご検討ください。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/index.html

ご回答は以上となります。今後ともよろしくお願い致します。

2017.10.13
うっちゃん 様より
移住体験ツアーについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = うっちゃん
在住都道府県 = 広島県
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =

移住体験ツアーの募集が締め切られていましたのですが、行ったときに移住者や地元の方にお話しできるツアーはないでしょうか?
また、仕事や商売などの情報はございますでしょうか?

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
うっちゃん様

初めまして。奄美群島広域事務組合の島崎と申します。

この度は、暮らし体験プログラムへお問い合わせを頂き、ありがとうございます。
まず、ツアーにつきまして、「移住体験ツアー」と「お仕事特化ツアー」の
2種類がございますが、与論島・沖永良部島共に現在募集中です。
(ただし、沖永良部島の移住体験ツアーはお申込をされてもキャンセル待ちとなりますが)
奄美大島と徳之島の移住体験ツアーにつきましては、現在準備中となっております。

与論島のツアーにつきましてはコチラ
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_yoron/index.html
沖永良部島のツアーにつきましてはコチラ
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_okinoerabu/index.html

また、ツアーとは別に「フリー滞在プログラム」がございますが、
こちらは年間を通して実施しております。
各市町村ごとに移住に関するプログラムメニュー(例:移住担当者と話そう、
先輩移住と話そう 等)を準備しており、希望者自身で選んだメニューを
希望者の来島日程にあわせて体験して頂くものとなっております。
(受入側の都合により実施出来ない場合もございます)
ご参考までに奄美大島のメニュー一覧ページを貼付致します。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_amamioshima/free.html
 
そして、お仕事や商売に関しまして上記のツアー・プログラム体験を活用し、
現地にて直接情報を得て頂く形もございますが、ハローワークの求人情報への
リンクを貼付致しますのでご覧ください。
(なお、当方では求人斡旋は行っておりませんことを申し添えます)
http://www.neriyakanaya.jp/living/index.html

以上となります。よろしくお願い致します。

2017.09.30
ヤマモト 様より
住まいについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ヤマモト
在住都道府県 = 三重県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

来年の4月から与論島に移住をする予定です!
職場からはOKをいただき、職は決まっているのですが、住むところが決まっておりません。
一応知り合いにはどこかあれば教えてほしいと頼んでいるのですが、住むところは少ないと聞いているので、どこかあればご紹介いただきたいなと思っております。
一人暮らしの女性です。
できれば一軒家よりもアパート希望です。
よろしくお願いします。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
ヤマモト様

初めまして。奄美群島広域事務組合の島崎と申します。
この度は、与論島に関するお問い合わせを頂き、ありがとうございます。

住居に関しまして、与論町のホームページにて町営の定住促進住宅入居者募集をしておりますのでページのリンクを貼付致します。
http://www.yoron.jp/life/pub/Detail.aspx?c_id=27&id=1493&pg=1&type=list
詳しい内容につきましては、与論町総務企画課(TEL:0997-97-3111)までお問い合わせください。

また、申し訳ございませんが、民間の不動産に関しまして、当方では不動産の斡旋・仲介は致しかねますので、以下の不動産まで直接お問い合わせください。
・有限会社吉田不動産システム TEL:0997-97-5122
・谷山不動産 TEL:0997-97-3501

ご回答は以上となります。よろしくお願い致します。

2017.09.29
nanohana 様より
島暮らし体験プログラムについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = nanohana
在住都道府県 = 千葉県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

仕事は見つかるでしょうか?

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
nanohana様

初めまして。奄美群島広域事務組合の島崎と申します。
この度は、暮らし体験プログラムに関するお問い合わせを頂き、ありがとうございます。

お仕事に関しましては、移住希望者ご自身にて見つけて頂くものであり、こちらはそのサポートという形になります。
ただ、サポートと言いましてもお仕事の仲介・斡旋ではなく、移住体験プログラム等を通じた「移住へのきっかけづくり」をサポートしております。
現在の求人情報に関してはハローワークへのリンクを掲載しておりますので、http://www.neriyakanaya.jp/living/index.html からご覧ください。
(就業場所が和泊町もしくは知名町となっているものが沖永良部島の求人情報です)
また、別サイトとなりますが、和泊町が運営している移住情報サイト「くらすわどまり」にもお仕事の情報が掲載されておりますのでご覧ください。
http://www.kurasu-wadomari.info/
そして、求人情報に掲載がない場合でも、現地で直接募集しているケースや現地での人脈作りの結果により地元住人からお仕事を紹介されるケースも考えられますので、移住をご検討中であれば、何度かご来島して頂くのがよろしいかと存じます。
その際は、体験プログラムの活用をご検討頂けますと幸いです。

 ご回答は以上となります。よろしくお願い致します。

2017.09.29
Mick 様より
町おこしについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = Mick
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =

はじめまして、
ゲストルームを営みたく思い、単身赴任で奄美大島へ移住する予定です。
さらに町おこしに参加したいのですが、何処に行けば良いでしょうか?

------------------> Masumiからの返事
Mick様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、町おこしに関する窓口は行政が行っていることが多いです。
移住先となる市町村に問い合わせてみてください。
奄美大島の市町村連絡先↓
http://www.neriyakanaya.jp/life/admin/index.html#cont01

また、各市町村役場に「地域おこし協力隊」が着任しており、様々な地域おこしに
取り組んでいます。市町村役場で取り組み内容は分かるので、合わせて確認してみてください。
奄美市の地域おこし協力隊↓
http://www.city.amami.lg.jp/kikaku/tiikiokosi.html

以上で回答となりますが、不明な点号があればお気軽にご連絡ください。

2017.09.26
山本 様より
移住の準備について、質問を頂きました!
ハンドルネーム = 山本
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =

徳之島か奄美大島へ移住を考えています。
職業は建築関係事務所です。
のどかな暮らしにあこがれています。
10月にでもと思っています。
何から準備をすればよいのでしょうか。
行き方から暮らし、仕事、資金などなどご教授願います。

------------------> Masumiからの返事
山本様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

徳之島か奄美大島で移住を検討されているとは嬉しい限りです。
仕事や家は、選択肢は多くはありませんが、あります。
特に建築関係は設計、施工とも人が足りていない状態です。

検討準備ですが、まずは来島され、日常をイメージしていただくのが
最初だと考えています。
住まいや仕事を確定させることが先とお思いでしょうが、
自然環境や集落のつながりに馴染めず、島を離れる方もいるのも現実です。
まずは、観光より少し突っ込んで島を巡って、可能な限り島民と
お話されることをお勧めします。

毎年、移住体験ツアーを実施していて、
奄美大島はまだツアー詳細が決まっていませんが、
徳之島は1月頃実施予定です。

また、ツアー以外に参加者ご本人が自由にメニューを選べる
フリー滞在プログラムもあります。
奄美大島
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_amamioshima/free.html
徳之島
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_tokunoshima/index.html#free

上記のようなプログラムをご活用いただき、島に知り合いを作ってみてください。
仕事も家も、おひとりで探すよりも早く、適切な情報を島民が
持ってきてくれるようになります。

奄美大島/徳之島への行き方は、http://www.neriyakanaya.jp/access/amami.html
を参照なさってください。

以上で回答となりますが、不明な点等があればお知らせください。

2017.09.08
ja9 様より
下見の時期について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ja9
在住都道府県 = 富山県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =

一度現地を見たいと思っております。
出来れば閑散期と思いますが、良い時期を教えてください。
又島へ行った際、行政の方と話しが出来ると有難いです。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
ja9様

初めまして。奄美群島広域事務組合の島崎と申します。
この度は、暮らし体験プログラムに関するお問い合わせを頂き、ありがとうございます。
お問い合わせの件につきまして、以下のとおりご回答致します。

まず、時期につきまして、将来的な移住を見据えたご来島であれば、台風シーズン後の11月頃がよろしいかと存じます。(台風シーズンに来島し、あえて台風を体験されるのも移住の検討において、重要な経験ではありますが・・)

そして、行政担当者とのお話をご希望とのことですが、喜界島・与論島どちらもフリー滞在プログラムメニューに「移住担当者と話をする」メニューがございますので、プログラムの利用をご検討されると幸いです。
ご参考までに各リンクを貼付致します。

喜界島への行き方: http://www.neriyakanaya.jp/access/kikai.html
与論島への行き方: http://www.neriyakanaya.jp/access/yoron.html
喜界島フリー滞在プログラム(メニュー一覧):
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_kikaijima/index.html#menuListFrame
与論島フリー滞在プログラム(メニュー一覧): http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_yoron/index.html#menuListFrame

ご回答は以上となります。どうぞよろしくお願い致します。

ページ