奄美大島 移住 | 奄美群島への移住支援サイト ねりやかなや
「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、「海のかなたの楽園」の意味です。
奄美群島のこれまでのお問い合わせご感想
■お問い合わせへの回答に関するご注意
ねりやかなやでは、お問い合わせメールにて頂いた送信者様のプライベートに関わる質問等には、送信されたメールアドレスに直接回答返信しています。
着信拒否等で返信メールが届かない場合は、送信者様の個別具体的なご質問は一般公開を前提とした回答となりますこと、予めご了承ください。
カテゴリ・キーワード検索
2017.04.19
みつまめ 様より
暮らし体験プログラムについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = みつまめ
在住都道府県 = 山梨県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

強く参加を希望しています。
いろいろお聞きしたいこと沢山あります。
最初の一歩を踏み出したいので宜しくお願い致します。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
みつまめ様

こんにちは。
奄美群島広域事務組合の島崎と申します。
お問い合わせ頂き、ありがとうございます。
奄美群島全般にご興味を持って頂き、嬉しく思います。
 
さて、島暮らし体験につきましては、現在、奄美群島各島において
「フリー滞在プログラム」を実施しております。
プログラム内容につきましては、各島様々ですが、
先輩移住者や地元の方との語り合い等といった見識を深めるメニューや、
不動産情報や空き家見学等といった住まいに関するメニュー、
農業体験等の仕事に関するメニューがございます。

みつまめ様ファミリーのご来島日程に合わせて、
1プログラムから実施できますので、ご活用頂ければ幸いです。

なお、2017年度のお仕事特化ツアー・移住体験ツアーにつきましては、
今後、各島でのツアー詳細を決めていく予定です。

詳細が決まりましたら、ねりやかなやHPにて順次公開させて頂きます。
※ ねりやかなやFacebookでも案内いたしますので、
よろしければフォローをお願いします。
https://www.facebook.com/amami.neriyakanaya/?fref=ts

2017.04.06
もずく 様より
暮らし体験プログラムについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = もずく
在住都道府県 = 千葉県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

島暮らしを検討中です。
島に移住してどんな生活になるのか、どんな仕事があるのか、実際に体験したいです。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
もずく様

こんにちは。
奄美群島広域事務組合の宮原と申します。
返信が遅くなり申し訳ありません。

島暮らし体験につきましては、現在、奄美群島各島に
おいて「フリー滞在プログラム」を開催しております。

例えば、先輩移住者と話そう や集落散策、農業体験など
実際の島民の暮らしを見ることができると思います。

また、本プログラムは、もずく様の来島日程に合わせて、
1プログラムから実施できますので、ぜひご活用頂ければ幸いです。

なお、2017年度の移住体験ツアーにつきましては、
これから各島でのツアー詳細を決めていく予定です。

詳細が決まりましたら、ねりやかなやHPにて
順次公開させて頂きます。

※ ねりやかなやFaceBookでも案内いたしますので、
よろしければフォローをお願いします。
https://www.facebook.com/amami.neriyakanaya/?fref=ts

2017.04.03
QUASAR 様より
フリー滞在プログラムについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = QUASAR
在住都道府県 = 埼玉県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

移住をする際、農業を取り入れようと思うのですが知識なく、またその農地の確保や空き家などもどのようにしていいのかわからないです。
ちなみに現時点で車の免許が無いのですがやっていけるのか。。。
先輩移住者や島民の方々の話など仕事など踏まえてお話をききたいです。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
QUASAR様

こんにちは。
奄美群島広域事務組合の宮原です。
お問い合わせ頂き、ありがとうございます。

さて、移住&就農をご検討ということですが、
以下の「フリー滞在プログラム」はいかがでしょうか?
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_amamioshima/free.html

・奄美大島で農業体験
・農業を教えてほしい(営農支援センター)
・空き家物件をみてみたい
・先輩移住者と話そう

実際に就農されている方から話を伺ったり、
同年代の方から話しを伺ったりと、移住後の生活が
イメージできるのではないかと思います。

日程もQUASAR様のご都合に合わせて調整可能ですので、
ぜひご検討ください。

なお、お申し込みにつきましては、お手数ですが、
ねりやかなやHPよりお願い致します。
http://www.neriyakanaya.jp/blog/node/2378

以上、よろしくお願いいたします。

2017.03.01
いなちゃん 様より
移住先を巡る旅旅程について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = いなちゃん
在住都道府県 = 千葉県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =

こんにちは。
突然のメールお許しください。

以前より奄美大島に興味を持っていて、移住先の一つだと思い、今回奄美大島、沖永良部島、与論島を巡る旅行を計画しています。
色々調べていくうちに貴社のHPを見つけてご連絡している次第です。
奄美大島にいる間は、空港でレンタカーをして廻ってみたいと思っています。

到着は3/13 1615着バニラエアーです。

①3/13に泊まる「現地の事情などをお聞かせいただける民宿」をご推薦いただけませんか?

②3/14 10:20古仁屋発の天長丸を予約しています。加計呂麻島に渡る予定です。
a.加呂麻島(瀬相)に到着後、ガイドさんにいろいろ話を聞きながら、島を巡りたいと思っています。4時間目安で、ガイドさんを推薦していただけませんか?
できれば、Iターンの方が理想です。
b.加計呂麻島に2泊する予定です。
地元の話が聞ける民宿をご推薦いただけませんか?

③その他、移住に関する情報などあれば、お知らせくださると幸いです。
(先日東京で、瀬戸内町の担当の方から移住に関するお話を伺ったことがあります)

以上よろしく御回答いただけると幸いです。

いなちゃん

------------------> Masumiからの返事
いなちゃん様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

加計呂麻島のIターンガイドさんに問い合わせしたところ、
既に3/14は予約が入っているとのことでした。
加計呂麻島の案内ですが、フリー滞在プログラムをご利用されるのは
いかがでしょうか?移住者に話を聞くなどのメニューがあります。
ご自分でご希望のメニューを組み合わせることが出来ます。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2016_amamioshima/free.html#setouchi

案内はU/Iターンの瀬戸内町の地域おこし協力隊がすると思います。
地域おこし協力隊のFACEBOOKはこちら↓
https://www.facebook.com/amami.setouchitai/

3/13の宿ですが、翌朝古仁屋から出航することを考えると
空港から2時間弱程度かかりますが、瀬戸内町まで移動される方が
楽かもしれません。
瀬戸内町本島側に、移住者が運営する宿が下記になります。
民宿よーりよーり http://yo-ri.la.coocan.jp/index.htm
海人スタイル奄美 http://www.amami-uminchu.com/
その他の宿はhttp://www.town.setouchi.lg.jp/kankou/kan/shukuhaku.html
ご覧ください。

3/14からの加計呂麻島2泊の宿ですが、大きな島なので
昼間の行動からも場所を考慮された方がいいかもしれません。
小さな宿はオーナーに「島事情を聞きたい」と伝えられると
気さくに話してくれることが多いです。
宿の情報は下記をご参照ください。
http://www.kakeroma-welcome.com/stay

瀬戸内町の担当者と既にお話されているということなので、
Iターンの住宅支援等はお聞きになっているかもしれませんが
奄美群島12市町村それぞれで内容が異なります。
住宅関連
http://www.neriyakanaya.jp/living/housing.html#cont04

仕事関連
http://www.neriyakanaya.jp/living/index.html#cont05

また、住環境については、下記を参照されてください。
医療事情
http://www.neriyakanaya.jp/life/healthcare/amami.html

集落事情
http://www.neriyakanaya.jp/life/village/index.html

以上で回答となりますが、不明な点等があればお気軽にご連絡ください。

2017.02.26
寅次郎 様より
障害を持った方の仕事事情に関するお問い合わせを頂きました!
ハンドルネーム = 寅次郎
在住都道府県 = 青森県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

はじめまして。
私は青森県に住む車椅子ユーザーです。
南方への移住を考えております。
そこで、質問なんですが、私は今、介護施設で生活相談員として仕事をしています。
レセプトを含む一切の業務をこなしています。
奄美のほうでは、車椅子の私でも仕事はあるのでしょうか。
また、移住するとなると、住居は中古住宅の購入を考えております。
そこらへんの全般の情報がほしいのですが…。
インフラはどの程度のバリアフリーなのでしょうか。
聞きたいことが多すぎて、文章にまとまりがなくて申し訳ありませんが
よろしく、ご回答の方、お願いいたします。

------------------> Masumiからの返事
寅次郎様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

生活相談員の求人は、奄美大島と徳之島で月2~3件となっています。
詳しくはこちら↓をご覧ください。
http://www.neriyakanaya.jp/living/index.html#cont03

車椅子での仕事が可能かどうかは施設の状況によって異なるので
直接求人先にお問い合わせ頂いた方が宜しいかと思います。
最新の求人は、↓をご覧ください。
http://kagoshima-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/riyousha_mokuteki_menu/kyu...
「名瀬」が奄美大島/喜界島/沖永良部島/与論島のハローワーク、
「徳之島」が徳之島3町のハローワーク求人となります。

群島全体の傾向として、バリアフリーなど障害を持った方への対応は
都市部に比べて遅れていると思います。
スロープやエレベータがある民間住宅はあまり流通していないようなので、
最初のお住まいは市町村の公営住宅、定住促進住宅などを
ご検討されてはいかがでしょうか?
各市町村の住宅支援策は↓に記載していますので、参考にされてください。
http://www.neriyakanaya.jp/living/housing.html#cont04

以上で回答となりますが、不明な点等があればご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願い致します。

2017.02.24
AIKANA 様より
福祉関係の求人について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = AIKANA
在住都道府県 = 大阪府
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

はじめてご連絡させていただきます。
関西の大学の3回生の者です。
私は加計呂麻島へ2回生の夏にインターンへ行き2週間の滞在しました。そこから奄美へ魅力を感じ3回生の春と冬にも、来島をしています。
また、今、大学では社会福祉を学び、社会福祉士の国家資格も習得する予定です。
就職活動をすすめるなかで、自分が本当にしたいことは都会の企業で働くことではないと感じました。自分が好きな場所で、お金・出世関係なく、本当の意味で人のために頑張れるお仕事をしたい。そう思いました。
この社会福祉のような福祉の知識を奄美大島もしくは加計呂麻島で活かす就職をすることは可能でしょうか。

よろしくお願いします。

------------------> Masumiからの返事
AIKANA様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

奄美大島・加計呂麻島を含めた奄美群島は、他の離島に比べると
医療・福祉は充実していると思います。
(医療・福祉に関する情報は↓を参照ください。
http://www.neriyakanaya.jp/life/healthcare/amami.html

でも、医療関係者は不足しており、求人件数も多いです。
(求人情報は↓をご覧ください。)
http://www.neriyakanaya.jp/living/index.html
なので、AIKANA様のように資格を持っている方の求人は常にあります。
ただ、都会と違い、ご本人の望む給与や待遇でないことも事実です。
3/26から格安航空のバニラエアが関西国際空港~奄美大島を就航しますので、
一度、実態をご自分で確かめらえることをお勧めします。
現在のプログラムは3/31でいったん終了しますが、
ご自分の日程で知りたいこと、見学したいことをサポートするメニューは
来年度も実施する予定です。必要に応じて、ご利用ください。
フリー滞在プログラム
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2016_amamioshima/free.html 

また、瀬戸内町と宇検村が医療の連携を進めています。
詳細は近いうちに発表されると思いますが、地域で医療・福祉が完結できるように
行政・医療関係者が一緒に取り組みを進めています。

関連活動記事↓
http://www.nankainn.com/local/%E5%8D%97%E9%83%A8%E7%94%BA%E6%9D%91%E5%8C...

3/23に今年度最後の協議会を予定しており、参加者は医師だけでなく、
商工会、行政、市民代表も参加できるようです。
出席されたい場合は、ご連絡ください。
http://www.town.setouchi.lg.jp/cho/index.html

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2017.02.21
pochi 様より
観光の仕事について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = pochi
在住都道府県 = 神奈川県
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =

こんにちは。
現在使用していない半潜水艦があるのですが、
加計呂麻島で水中観光の営業をする事は可能でしょうか?
港湾の使用許可とか観光客の需要とか
わかる範囲で結構ですのでお教えください。

------------------> Masumiからの返事
pochi様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、門外漢のため、
集められた情報でお許しください。

グラスボートの営業に関する許可については、
国土交通省九州運輸局にお問い合わせください。
http://wwwtb.mlit.go.jp/kyushu/gyoumu/kaiji/file01b.htm

現在、グラスボードを営業しているのは2社です。
http://amamiseto.jp/
https://www.navitime.co.jp/poi?spt=00004.46164200006

格安航空のバニラエアが成田に加え、関空発着が増便されるので
観光客自体は増加傾向にあります。
ただし、海峡が入り組んでいて操船は簡単ではないことに加え、
昔に比べ珊瑚が少なくなっているため、営業的には厳しいようです。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。
他に情報が入りましたら、またご連絡いたします。
今後とも、ねりやかなやHPをよろしくお願いします。

2017.02.17
ゆうや 様より
やりたいことの実現について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ゆうや
在住都道府県 = 大阪府
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

こんにちは。
21歳の男です。
この前まで医療大学に通っており、実習などを通して
これが自分のやりたいことが何なのかな?って思い始めました。
本当に自分がやりたいことって何かな?って思っていたら、
たまたまこのサイトを見かけました。
大阪では見つからない自分のやりたいことを奄美大島なら
自分のやりたいことが見つかるのかなって思っています。
お便り、お願いします。

------------------> Masumiからの返事
ゆうや様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。
また、奄美大島に関心を持っていただき、嬉しい限りです。

大阪ではなく、奄美大島でやりたいと思われていることが
何かにもよりますので、まずは奄美大島の医療事情について
お知らせしますね。

奄美大島は他の離島に比べ、医療施設は充実しています。
鹿児島県立の大島病院、徳洲会病院を始め、総合病院が複数あります。
救急車が病院をたらい回しされることもありません。

施設数等は「奄美の暮らし>医療・介護/福祉
http://www.neriyakanaya.jp/life/healthcare/amami.html」ページを
参照されてください。

それでも、医師は研修医を含めて募集していますし、
資格を持った医療関係者も求人しています。

ただ、医師の場合と違い、医療関係者は即戦力となる、
より経験を積んでいるスタッフが求められています。
また、給与は作業療法士で20万円前後と内地に比べると
低めに設定されていると思います。

3月26日からバニラエアが大阪関西国際空港~奄美大島路線を就航予定です。
これまでよりも気軽な料金で来島できますので、ご自分のやりたいことが
奄美大島で出来るかを確かめるためにも、最初は気軽に来島されては
いかがでしょう?

夏の海はどこにも負けないくらい綺麗ですが、
ミストサウナのような梅雨や、気温はそれほど下がらずとも
晴天の日がほとんどない冬もあります。
また、人間関係は都会に比べるとかなりディープで、
同じ年代以外の人たちとの付き合いも多いです。
仕事も大事ですが、普段の生活がご本人に合わなければそれはそれで大変です。

以上で回答となりますが、不明な点等があればお気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2017.02.08
murasakihime 様より
2017年度フリー滞在プログラムについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = murasakihime
在住都道府県 = 岐阜県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

初めまして
現在、岐阜に住んでます。
子供2人いるシングルです。
フリー滞在プログラム、来年度(2017.4~)からもありますか?
3月までは、ちょっと日程が調節できず、
4月以降、参加したいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
murasakihime様

こんにちは。
奄美群島広域事務組合の宮原です。
お問い合わせ頂きました来年度のフリー滞在プログラムにつきましては、
これからプログラム内容等の調整を行うため、
公開できるのが早くても4月以降となる予定です。

申し訳ありませんが、4月以降に改めてご確認頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

2017.01.03
la_s 様より
フリー滞在プログラムについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = la_s
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

母子家庭で、現在7ヶ月の息子がいます。
移住を考えています。
フリー滞在プログラムは、現地までの往復や宿泊は
自分で手配するということですか?

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
la_s様

新年明けましておめでとうございます。

この度は奄美群島フリー滞在プログラムへのお問い合わせをいただき
ありがとうございます。
私は、奄美群島広域事務組合の濵川と申します。

さて、早速ではございますが、お問い合わせいただきました件に
つきましてですが、
フリー滞在プログラムは、そのプログラムが実施される場所までは、
原則、参加者ご自身でご移動されることとなっております。
例えば、与論島を例に上げますと、東京-与論島間の移動、
与論島内での移動・宿泊はすべて参加者ご自身で手配いただく事となります。

取り急ぎ、以上となりますが、その他ご不明な点等ございましたら
お気軽にご連絡下さい。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

2016.12.21
うみねこ 様より
たんかん通販について、激励メッセージを頂きました!
ハンドルネーム = うみねこ
在住都道府県 = 茨城県
メッセージ =

来年はたんかんを購入できるのですね。
あ~~~よかった。
絶対申し込みますね!

移住したくて島を訪ねたのは、もうはるか20年弱前。
すっかり年を重ねてしまいました。
もう、おばさんには移住は遠い話。
行きたかったなあ・・・・

------------------> Masumiからの返事
うみねこ様

ねりやかなやHPをご利用いただき、ありがとうございます。
また、たんかん通販への応援メッセージもありがとうございます。

20年前と違い、今はバニラエアも運航しているので、
是非、お気軽に遊びにいらしてください。
20年前とちょっとだけお洒落になったと思いますが、
趣や印象はきっと変わってないはずですよ。

2016.12.20
すみれ 様より
与論島移住体験ツアーについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = すみれ
在住都道府県 = 神奈川県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =

こんにちは。
1月27日からの与論移住体験ツアーに参加したいと検討しています。
まだ空きはありますか?

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
すみれ様

はじめまして。
奄美群島広域事務組合の宮原と申します。

この度はお問合せ頂きありがとうございます。
1月の与論島移住体験ツアーの空き状況ですが、残り1組(2名)となっておりま
す。

ぜひご検討ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

2016.11.24
Precious786 様より
移住について、お問い合わせを頂きました!
ハンドルネーム = Precious786
在住都道府県 = 埼玉県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =

家族全員で移住したいのですが、私の家族は三世帯のため
いろんな面で知りたい事が沢山あります。
先ずは子供の教育。
次に私達の仕事。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
Precious786様

この度は、奄美群島へのお問い合わせをいただきありがとうございます。
奄美群島広域事務組合の濵川と申します。

さて、教育についてですが、奄美群島には12の市町村があり、小学校82校、中学校47校、高校8校の教育機関がございます(平成28年5月現在)。
詳細は次のURLからご確認下さい。
http://www.neriyakanaya.jp/life/childcare/amami.html

一例をあげますと、徳之島町にある母間(ぼま)小学校では、授業の中にテレビ会議システムを活用した取組を行うなど、各市町村・学校単位で独自の取組を行っている
ところもございます。
【母間小学校】
https://www.tokunoshima-town.org/chose/koho/photonews/160218boma.html

「暮らし体験プログラム」の中に「子育て施設見学」というメニューがございますので、こちらのご利用をご検討いただけると幸いです。

次に、仕事については最新のハローワーク情報は次のURLからご確認いただけます。
http://www.neriyakanaya.jp/living/index.html

ハローワークから出される求人については、医療・介護、建設、流通関連のお仕事が多いことが特徴かと存じます。
ハローワークの他にも、民間が運営している奄美版ハローワークの「ジョブセンバ」という求人サイトもあり、こちらからも求人情報がご覧いただけます。
【ジョブセンバ】http://jobsenba.com/

取り急ぎ、以上になります。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

2016.11.22
kario 様より
移住体験ツアーについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = kario
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

与論島の移住体験ツアー第二回に参加を考えています。
ホームページはいろいろ読ませていただきました。
延泊し、1日プログラムに参加なども考えています。
1人で参加希望です。可能でしょうか。
他にもっといろいろ知りたいことがあります。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
kario様

この度は、移住支援プログラムに関するお問い合わせをいただきありがとうございます。
奄美群島広域事務組合の濵川と申します。

さて、早速ではございますが、ご照会の与論島移住体験ツアーへのご参加についてですが、
お一人様でもご参加いただくことは可能です。
また、延泊してプログラムと組み合わせることも可能ですので、ご希望のプログラム等が
ございましたらご連絡下さい。

どうぞ、宜しくお願い致します。

2016.11.02
aiueo70000 様より
家探しについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = aiueo70000
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

奄美群島広域事務組合 担当者様

初めまして

加計呂麻島に夫婦での移住を考えているのですが、
現在は東京在住の為、まずは現地で借りる家を探す事を
考えており、今度休暇を兼ねて加計呂麻島に行く予定を
立てております。

そこでお伺いしたいのは、当日から家を借りて
宿泊する事は可能なのでしょうか。

当初より考えていた流れとしては、

①宿泊施設(旅館・ペンションなど)を確保
②フリー滞在プログラムを予約し、
 空き物件などを見学・その後契約

という流れになるかと考えておりましたが、
もし訪島当日より賃貸契約などが可能であれば
その様にしたいと考えていた次第です。

以上になります。

面倒な質問で大変恐縮ですが、何卒宜しくお願い致します。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
aiueo70000様

この度は奄美群島に関するお問い合わせをいただきありがとうございます。
奄美群島広域事務組合の濵川と申します。

ご照会の件についてですが、まず、加計呂麻島の不動産状況についてですが、
加計呂麻島には不動産事業者がなく、本島側に2社あるのですが、
加計呂麻島の不動産情報は保有していないようです。

加計呂麻島に移住される方の家の見つけ方としては、大きく分けて
以下の二通りのようです。

①瀬戸内町空き家バンクを活用
②移住体験住宅等に滞在されながら、個人で集落区長へ打診

①については、現在、西阿室(にしあむろ)という集落に1件の物件が
掲載されていますが、賃貸ではなく売買物件となっております。
こちらについては、前もってご連絡をいただければ、物件見学や所有者との
面会なども可能なようです。
写真を見る限り、家電や家具など揃っているようなので、事前にご相談いただければ
即日契約、即日入居も可能かもしれません。
もし、こちらをご希望される場合は、直接、瀬戸内町役場企画課へお問い合わせ下さ
い。

【空き家バンクのご利用について】
http://www.town.setouchi.lg.jp/shinkou/cho/kurashi/sumai/akiya/index.html
【物件情報(西阿室)】
http://www.town.setouchi.lg.jp/shinkou/cho/kurashi/sumai/akiya/documents...

aiueo70000様が当初、ご計画されていたように、加計呂麻島に移住される多くの方は、
②の流れで家を探しているようです。ただ、この方法ですと、ご希望されている
即日契約、即日入居は難しいのではないかと思っております。

ちなみに、1週間以上の滞在であれば、移住体験住宅のご利用も可能であり、現在は
空きがあるようです。
【瀬戸内町移住体験(押角(おしかく))】
http://www.neriyakanaya.jp/estate/information/349

取り急ぎ、以上になります。

どうぞ、宜しくお願い致します。

2016.10.04
イクミン 様より
移住体験ツアーへのコメントを頂きました!
ハンドルネーム = イクミン
在住都道府県 = 神奈川県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =

奄美市住用(すみよう)移住体験ツアーにとても興味があります。
3回行ってますが、本当にそちらでの拠点が可能かどうか。
シングルもしくはカップルということで検討中。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
イクミン様

この度は奄美群島移住支援プログラムに関するお問い合わせをいただき
ありがとうございます。奄美群島広域事務組合の濵川と申します。

さて、早速ではございますが、奄美市住用町移住体験ツアーに興味を
持って頂き、ありがとうございます。

本ツアーについては、11月4日(金)~11月6日(日)の2泊3日の行程で
実施を計画しております。
現在、最終の確認作業を行っておりますので、近日募集開始の予定です。
募集開始からツアー当日まで、期間のない中での募集となってしまい、
大変恐縮ではございますが、ご参加についてご検討いただけると幸いです。
募集開始しましたら、メールにて改めてご案内致しますので、
宜しくお願い致します。

また、移住体験ツアーのほか、「集落民と語る」、「先輩移住者と語る」、
「不動産情報を知る」などの体験プログラムも用意致しております。
この移住体験ツアーや体験プログラムを通して、「奄美に拠点を置くことが
出来るかどうか」をご判断いただける一助になれば幸いです。

どうぞ、宜しくお願い致します。

2016.09.22
べいぶ 様より
移住についてのコメントを頂きました!
ハンドルネーム = べいぶ
在住都道府県 = 千葉県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

私は岡山県出身ですが、千葉にきて10年。子育てのしにくさに胸を痛めています。

主人は仕事が忙しく、相談もままなりません。都会は便利ですが、周囲には節約したり、自然を大切に思う人がいなくて悲しいです。

光化学スモッグ、お水の味も未だに慣れませんし、現在の子育ての波に乗ることが出来ません。穏やかな時間、美しい空気と海に憧れます。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
べいぶ様

この度は、奄美群島移住支援プログラムに関するお問い合わせをいただきありがとうございます。
奄美群島広域事務組合の濵川と申します。

まず、私も小学生になる娘がおりますので、一人の親の立場からの目線ですが、私もしばしば出張で東京などに行くことがあるのですが、人混みの中を小さな子ども連れのファミリーが歩いているのをよく見かけます。

また、遊園地等の施設は整っているかもしれませんが、子どもを自由に遊ばせる空間が少なく感じます。
学校や塾など、学習に関する施設などは選択肢も多く、「大都会」を感じておくことは大事なことだとは思いますが、幼いころは、自然や友達、おじいちゃんやおばちゃんなどの大人と触れ合い、感性を磨くことの方が大切だと考えております。その点については、奄美は子育てのしやすい環境にあると感じております。

ちょうど先日、娘と家の近くの公園に遊びに行ったのですが、遊んでいると周辺の子どもたちが集まり、子どもたちだけで遊んでいました。私は、奄美大島の隣の喜界島というところの出身なのですが、現在住んでいる”奄美市名瀬”は喜界島の人にとっては”都会”と感じます。奄美のど真ん中で子どもたちだけで自由に遊べる環境がまだあることに驚きを感じると共に、嬉しさを感じ、ここで子育てをしていて良かったなぁと感じた次第です。

個人的な想いを長々と述べてしまい申し訳ございません。

さて、唐突ではございますが、奄美群島へはいらっしゃったことはございますでしょか?現在、お住いのところのように「実際に住んでみたら思っていたのと違った」というような想いをされないように、何度かは直接足を運んでいただき、「自分たちにあっているのか」、「ここで暮らしていけるのか?」を肌で感じていただくことをおすすめ致します。

千葉在住とのことですので、成田空港から奄美空港までの直行便(バニラエア)をご利用いただけると移動しやすく、より安価で移動出来るかと存じます。また、こちらでは、移住体験ツアー・仕事体験ツアー・各種体験プログラムなど、普通の観光では味わうことができない様々な体験メニューをご用意致しております。こちらのメニューをご活用いただくことで、”ありのままの奄美”を体験出来ると思いますので、ご活用いただけると幸いです。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/

上記で、子育てのしやすさを述べましたが、地域によっては集落の行事が多く、「平日は仕事、休みは集落行事」というような生活だったり、「台風等の影響で1週間船が来ない」といったこともあり、「自然豊か=虫が多い」といったことだったりと、不便・不快と感じることも多々あるかと思いますので、実際に地域の方々や先輩移住者からの生の声を聞きながら移住に関し、ご判断いただくことをおすすめ致します。

以上、長々となりましたが、その他、ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

どうぞ、宜しくお願い致します。

2016.09.05
ちゃかキング 様より
宇検村の支援について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ちゃかキング
在住都道府県 = 兵庫県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

奄美に移住を考えています、
今現在、小学校6年の双子の子供をもつシングルファザーです。
家や仕事や学校の事を教えてください。
宇検村に移住を考えています。
何か支援とかあれば、教えてください。

------------------> Masumiからの返事
ちゃかキング様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

宇検村や他の市町村の移住支援については、下記を参照ください。
◆子育て支援
http://www.neriyakanaya.jp/life/childcare/amami.html#cont03
宇検村の阿室(あむろ)校区が親子山村留学制度が再開しました。
児童生徒を受け入れていますが、移住前に体験留学が必要になります。
助成制度等の詳細はホームページをご確認ください。

阿室校区活性化対策委員会:http://e-amuro.jpn.org/
阿室小中学校ブログ:http://amurokko.synapse-blog.jp/

◆住まい
http://www.neriyakanaya.jp/living/amami.html
※宇検村は移住者を対象とした住宅に関する支援は行っていません。
公営住宅は、現在、芦検(あしけん)、湯湾(ゆわん)、平田(へだ)集落で空いております。
他に一軒家を改修した小規模住宅が複数ありますが、現在は空きはありません。
なお、宇検村には不動産賃貸物件がないため、まずは公営住宅に入って家を探す方がよいかと思います。

◆仕事
http://www.neriyakanaya.jp/living/index.html#cont05
※宇検村は、仕事に関する支援は行っていません。

宇検村の集落の雰囲気は、下記を参照ください。
http://www.uken.net/rk/files/filelink/guidemap.pdf

以上で回答となりますが、不明な点等があればご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願い致します。

2016.08.22
てつま 様より
体験プログラムについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = てつま
在住都道府県 = 北海道
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

数年後に妻と二人で移住を考えています。
移住先はまだ決まっていませんが、暖かい地方を考えており、
試しにご連絡してみました。
よい体験プログラムがありましたら、ご紹介ください。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
てつま様

この度は、奄美群島の移住支援プログラムに関するお問い合わせをいただき、
ありがとうございます。
奄美群島広域事務組合の濵川と申します。

さて、奄美群島への移住についてですが、他の地域とも同様のところがあるかと
思いますが、地域の方々と交流を深め、信頼を得ていくことが重要となってきます。

空き家情報や仕事情報など、田舎に行けば行くほどオープンにならない場合が
多いですが、地域の方々から信頼を得ることによって、人伝いに紹介して
もらえることがあります。

そのため、当組合では「人との交流」というところに重点を置いたプログラムを
ご用意させていただいております。
まずは、「地元を知る」「地元民と語る」「移住者と語る」関連のプログラムを
おすすめ致します。

また、秋以降に各島において移住体験ツアーを実施致します。
この移住体験ツアーも「人との交流」というところをメインとしておりますので、
こちらへのご参加もご検討いただけると幸いです。移住体験ツアーの詳細・募集に
つきましては、現在、最終確認を行っている段階で、準備が整い次第、
各島のツアーページに掲載致しますのでそちらをご確認下さい。

最後になりますが、今週末の8/26~28にかけて札幌の真駒内セキスイハイムスタジアムで
開催される「HTBイチオシ!まつり」に出展するために北海道に向かいます。
台風の影響が心配ではありますが、何もなければ私も参りますので、
ご都合がよろしければ、是非、ご来場をご検討いただけると幸いです。
奄美黒糖焼酎などの特産品を持って行きますので、少しでも”奄美”を
感じていただけるのではないかと思います。

http://www.htb.co.jp/ichimatsuri/2016/booth/shop/index.html

他にご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡下さい。

どうぞ、宜しくお願い致します。

2016.08.13
美紀 様より
移住検討について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = 美紀
在住都道府県 = 海外
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

今、米国にいます。
子供達と主人は日本語を話しませんが、日本の南の島に移住を考えています。
でも、島があまりにもありすぎてどこから手をつけていいか全くわかりません。
色々な情報をはじめに集めたいと思います。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
美紀様

この度は奄美群島に関するお問い合わせをいただき、ありがとうございます。
奄美群島広域事務組合の濵川と申します。

まず、奄美群島についてですが、鹿児島県本土と沖縄県の間に位置しており、
有人8島12市町村で構成されております。
http://www.neriyakanaya.jp/life/geography/index.html

年間を通して温暖な気候で、自然豊かな奄美群島は、世界自然遺産の
登録候補地となっております。

また、島暮らしという狭いコミュニティでの生活となるため地域単位での行事や
催しが盛んであり、人と人との距離も近く、互いに助け合う「結い(ゆい)の精神」が
あるのも奄美の特徴であると感じております。

しかしながら、台風の常襲地帯でもあり、台風の通過に伴い、飛行機・船便の欠航や
停電なども毎年のようにあるため、不便を感じることもしばしばございます。

世界自然遺産登録に向け、外国人受入れ対応のために様々な取り組みを始めて
おりますが、現状としては十分なものであるとは言えないと存じます。

また、奄美群島在住の外国人も少なからずいるものの、その数は少ないと
感じております。そのため、地域の方々(特に田舎にいけばいくほど)も外国人に
慣れていない人が多いと思いますので、苦労を感じることもあろうかと思います。

米国にお住いということですので、難しいこととは承知しておりますが、
まずは、実際にその土地を訪れ、「ここに住みたいのか」「ここで暮らしていけるのか」を
肌で感じることが一番だと思います。

そのためにも事前に判断する材料が必要かと存じますので、もし、差し支えなければ、
「何故、日本の南の島に移住を考えているのか?」「どのような暮らしをしたいと
考えているのか?」「どんな情報がほしいのか」など、具体的にご教示
いただけますでしょうか?

どうぞ、宜しくお願い致します。

ページ