奄美大島 移住 | 奄美群島への移住支援サイト ねりやかなや
「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、「海のかなたの楽園」の意味です。
奄美群島のこれまでのお問い合わせご感想
■お問い合わせへの回答に関するご注意
ねりやかなやでは、お問い合わせメールにて頂いた送信者様のプライベートに関わる質問等には、送信されたメールアドレスに直接回答返信しています。
着信拒否等で返信メールが届かない場合は、送信者様の個別具体的なご質問は一般公開を前提とした回答となりますこと、予めご了承ください。
カテゴリ・キーワード検索
2013.02.23
高橋 様より
農業研修についてお問い合わせを頂きました!
ハンドルネーム = 高橋
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =

奄美大島にてコーヒー栽培をされていられる方があると伝え聞きました。
東京の太平洋上離島にて小規模のコーヒー農園を開きたいと考えています。
どうぞ農園経営をされていられる方のご指導をいただきたく、
ご情報をご教示くださるよう、お願い申しあげます。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
高橋様

はじめまして、
奄美群島広域事務組合の丸山と申します。
ねりやかなやへのお問い合わせありがとうございます。

お問い合わせの件についてですが、
徳之島でコーヒー栽培されている方がいらっしゃるという情報は
聞いたことがあります。

奄美大島の市町村担当者に問い合わせておりますので、
連絡先等が判明しましたら、ご連絡いたしますので、
しばらくお時間をいただけますでしょうか。

2013.02.12
tomo 様より
龍郷町の空家情報についてお問い合わせを頂きました!
ハンドルネーム = tomo
在住都道府県 = 鹿児島県
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

こんにちは!
初めての問い合わせです!

今年の3月中に入居できる龍郷町赤尾木の物件を探していますが
空いている町営住宅も一般賃貸もないようなのですが、
空きが予想される物件はありませんか。

3月中が無理でも、遅くても8月くらいまでに・・・

ぜひ情報をお待ちいたしております。

------------------> Masumiからの返事
tomo様

ねりやかなやをご利用頂き、ありがとうございます。

これから転勤族のトップシーズンになります。
転勤族は、家主にとって嬉しい借り主なので
借りられる可能性がある物件は全て彼らのために
キープされていると言っても過言ではありません。
ですので、一般物件は4月に入ってから探される方が
効率がいいかと思います。

なお、龍郷町の移住担当から、町営住宅について
4月1日入居予定の手広住宅と瀬留住宅が
現在、入居申し込み受付中だと連絡がありました。
詳しくは、町のHPをご覧ください。
http://www.town.tatsugo.lg.jp/docs/2013020800015/

2013.02.11
ゆうき 様より
助成付きのツアーについてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ゆうき
在住都道府県 = 神奈川県
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

こんにちは。
以前家族で4年間沖永良部島に住んだことのある者です。
このツアーに興味を持ってメールさせていただきました。

どこの島でもよいのですが、春休み頃に助成金の出るツアーの企画はありますか?
島の滞在中に、たとえばブログなどで、状況を発信できたらいいなと考えています。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
ゆうき様

はじめまして、奄美群島広域事務組合の丸山と申します。
ねりやかなやへのお問い合わせありがとうございました。

早速ではございますが、お問い合わせいただいた内容について、
回答申し上げます。

各島の状況をたずねましたところ、該当するツアー(観光モニターツアー含む)
は無いとのことでした。

助成金が出るツアーではありませんが、
今年度も移住体験ツアーを秋から冬にかけて開催する予定です。
ねりやかなやHPで情報を5月以降順次掲載していきますので、
ご興味がございましたら、今後とも閲覧をよろしくお願いいたします。

2013.01.14
TETSUYA 様より
格安物件についてご質問がありました!
ハンドルネーム = TETSUYA
在住都道府県 = 鳥取県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

奄美への移住について、初めてご相談させて頂きます。
何時も楽しく ねりやかなやを拝見させて頂いております。

以前より考えていました奄美大島への移住なのですが、
住居や就職といった問題が非常に困難だと思っております。

ですが、今春中学になる娘を含め、17歳の長女、
春に中学卒業予定の長男、それと小学生の三女の今後を考えて、
自然はもとより子育てに適している奄美移住を考えております。

勿論、家内も含めて家族6人なのですが、何もこれと言った贅沢な条件はありません。
有るとすれば格安で借りれる住居くらいです。
初めての書き込みで申し訳ありませんが、もし良きアドバイスが頂けるなら宜しくお願いします。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
TETSUYA様

奄美群島広域事務組合の丸山と申します。
ねりやかなやへのお問い合わせありがとうございます。

ご家族での移住となると仕事や住居はもちろん、
子どもたちの学校のこともございますので、大変だろうと推察いたします。

各市町村より住宅の情報がよせられましたので、ご紹介いたします。

【奄美市からの回答】
奄美市では、笠利町の佐仁、城間、宇宿の定住促進住宅の募集を2月に開始する予定です。
入居は4月からになります。

佐仁 http://www.city.amami.lg.jp/pdf/kikaku/teiju/07.pdf
宇宿 http://www.city.amami.lg.jp/pdf/kikaku/teiju/08.pdf

城間は現在資料作成中です。

※お申し込みにつきましては奄美市HPをご参照ください
http://www.city.amami.lg.jp/update/398.asp
【笠利地区】(佐仁住宅、宇宿住宅)
   奄美市役所 笠利総合支所 地域総務課
 住所 〒894-0595 奄美市笠利町中金久141番地
 電話:0997-63-1111(内線3731)

【龍郷町からの回答】
龍郷町では、下記の物件が空いています。
よろしくお願いいたします。

①円集落(先ほど問い合わせがありましたので交渉中かもしれません)
http://www.town.tatsugo.lg.jp/_files/00004374/en1.pdf

②屋入集落
http://www.town.tatsugo.lg.jp/_files/00008006/yanyuu.pdf

③町営住宅(秋名集落)
http://www.town.tatsugo.lg.jp/_files/00008112/20130115tyoueijyutaku.pdf

①・②の問い合わせについては龍郷町役場企画財政課
③は龍郷町役場地域整備課
電話0997-62-3111

2013.01.08
H.HIDA 様より
長期滞在支援プログラムについてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = H.HIDA
在住都道府県 = 福岡県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =

前略
2月に有る職業体験と地域交流のプログラムに参加したいのですが出来ますか。
与論島と沖永良部島と奄美大島です。
移住を前提とした相談をしたいのですが。
一番気になるのが仕事と住居です。
上記の条件で無理だと思うようであれば、はっきりと言って下さい。
よろしくお願いします。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
H.HIDA様

お問い合わせありがとうございます。
奄美群島広域事務組合の丸山です。
明けましておめでとうございます。

お問い合わせいただいた各島の長期滞在支援プログラムについてと、
住居に関してですが、以下の状況となっております。

与論島:
申し訳ありませんが、助成枠はすでにうまっております。
助成なしでプログラムのみ参加されることは、受入先との調整が必要ですが可能です。
住居に関しては、今夏の台風のため甚大な被害を受け、住宅不足のようです。

奄美大島:
大人2人以上が助成対象ですので、こちらも助成なしでプログラムのみの参加は可能です。
住居に関しては、エリアと条件次第ですが、賃貸物件は比較的多いです。

沖永良部島:
助成枠はまだございます。
4万円の助成となります。
ただし、期間が2/8~2/13と限定されております。
住居に関しては、空き物件の数は少ないようです。

移住に関するご相談は、各島の役場の定住担当者が窓口となります。
長期滞在支援プログラムの際には役場担当者も関わりますので、ご質問いただければと思います。

よろしくお願いいたします。

2012.12.27
tabypapa 様より
移住支援プログラムの空き状況についてお問い合わせを頂きました!
ハンドルネーム = tabypapa
在住都道府県 = 大阪府
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =

与論島、喜界島、沖永良部島、奄美大島の助成枠についてお教え下さい。
各地、助成枠に現時点での空きがあるかどうかです。
以上よろしくお願い致します。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
tabypapa様

この度は奄美群島の長期滞在支援プログラムのお問い合わせをいただき、ありがとうございました。
私は奄美群島広域事務組合の丸山と申します。

早速ではございますが、現在全ての島において助成の枠がございます。
ただし、与論島が残り1枠、喜界島が2枠と少なくなっておりますので、よろしくお願いいたします。

2012.12.26
ハスラー 様より
動物病院開業についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ハスラー
在住都道府県 = 群馬県
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =

移住を考えております。
現在獣医、接骨院を開業中です。

移住後も仕事を続けようと思っておりますが、
一軒家と敷地200坪ほどの貸し物件を希望しております。

どうせなら獣医のいない島を希望しておりますが、
生活を考えるとある程度の人口がある島と言う事で、喜界島あたりを考えておりました。
3,000人あたりの人口でしたらどこでもかまわないのですが、適当な物件がありますでしょうか、
取り合えずメールをさせていただきました。
お手数でしょうが宜しくお願い申し上げます。

------------------> Masumiからの返事
ハスラー様

ねりやかなやをご利用頂き、ありがとうございます。

徳之島には動物病院がないので、地元では歓迎される可能性大です。
特に伊仙町では、ご紹介できる住宅もあると、役場職員より連絡が入りました。
詳細については、下記連絡先に直接お問い合わせ頂ければ幸甚です。

伊仙町 企画課 森 一途(もり かずと)
住所: 〒891-8292 鹿児島県大島郡伊仙町伊仙1842
TEL: 0997-86-3111

2012.12.24
H.HIDAk 様より
仕事と住まいについてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = H.HIDAk
在住都道府県 = 福岡県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =

前略
以前から移住を考えていました。
それも暖かい所と。

私は、今59歳男性独身です。
一番気になるのが仕事ですそれと住居です。
そこそこ暮らせるだけの仕事があるでしょうか。
年金が貰えるまでまだあります。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
H.HIDAk様

この度は長期滞在支援プログラムにお問い合わせいただき、
ありがとうございました。
私は奄美群島広域事務組合の丸山と申します。

奄美群島の職と住居に関するご質問ですが、群島は有人8島ございまして、
その中でも最大の奄美大島についての以下、ご説明となります。
奄美大島につきましては、選ばなければ仕事はございますが、
求人数・職種ともにそれほど多くはありません。
詳細はこちら

住居に関しましては、単身者の公営住宅入居は原則ございません。(高齢者のみ)
民間住宅では、最大の町である奄美市名瀬地区で家賃4万円程度からございます。

また、田舎のほうでは2万ぐらいになります。1月~3月にかけては物件が動く時期ですので、
比較的探しやすいかと思いますが、まずは来島された上で島の暮らしを感じていただいてから、
物件を探されることをおすすめいたします。

奄美群島は本土と比較して、物価は2割ほど高く、逆に平均的な給与水準は低い状況です。
精神的な豊かさはある程度望めると思いますが、雇用の状況・生活レベルは厳しいと言えます。

2012.12.21
teru 様より
移住へのご意思表明を頂きました!
ハンドルネーム = teru
在住都道府県 = 東京都
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

初めまして、
生まれも育ちも東京で、子供の頃からのんびりした性格で、
どうも住み難い郷だと思っていました。
奄美行政での移住を進めている目的がわかりませんが、
経済的貧困者でも、よければ体験後、是非永住を検討してみたいです。

------------------> Masumiからの返事
teru様

ねりやかなやをご利用頂き、また、この度は、お問い合わせをありがとうございました。

奄美群島が移住されたい方を支援している理由は人口減少に伴い、
産業や文化、コミュニティーの担い手と島を活性化するイノベーターが少なくなっているためです。

奄美群島、並びに各島の個別の理由や支援制度については
http://www.neriyakanaya.jp/archipelago.html
より直接、確認されてください。
当該ページより関係各組織に直接メール問い合わせができます。

奄美群島に興味を持って頂く方々は大歓迎であり、
是非、島々をお訪ね頂きたいと思います。

ただ、「観光で訪れる」のと「実際に住む」ことの間に
大きな違いがあることにご留意頂きたいと思います。

奄美群島に限ったわけではなく、全国の田舎でも同じだと思いますが、
人口が少ない=人口密度が低いということは、個々の人々の関係が濃く、
地域社会を一人ひとりが支えていることになります。

「田舎に住めば、ゆったり好きに生きられる」わけではないです。
田舎に住めば地域の担い手の一員となることを当然のように求められます。
人間は決して一人では生きていないことを自覚するのが田舎暮らしであり、
島暮らしだと私は考えています。

移住をご希望される方の多くは「住まい」と「仕事」に関心をお持ちになりがちですが、
島暮らしの場合、この2つはご自分の島ライフでやりたい事を明確にされ、
そのことが地域の中で共感されると後から付いてくることも多いです。

まずは、一度は島に来てみてください。
そして、住んだ時に何をやりたいのかをイメージしてみられてはいかがでしょうか。

2月末まで実施の長期滞在プログラムはイメージ作りに
役立てればと、奄美群島の仲間たちと行政が一緒に企画したものです。
http://www.neriyakanaya.jp/longstay2012.html
期間が迫っていますが、是非、ご検討ください。
今後とも、ねりやかなやを宜しくお願い致します。

2012.12.16
MAMI 様より
移住体験ツアーへの参加表明を頂きました!
ハンドルネーム = MAMI
在住都道府県 = 大分県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

喜界島移住体験ツアー希望です。
31歳女性 独身です。

母親の親が喜界島に住んでいました。
3年前に母親と初めて喜界島に行きました。
お母さんも私たちを産んでから行ってないとのことで20年以上喜界島に行ってませんでした。
お母さんの親は母が小さい時に鹿児島に移り、早くに亡くなりました。
お母さんと一緒に行った喜界島の事が忘れられません。
母もとても喜んでいました。帰りたくないとも言ってました。
島には母の友達がいます。
たまに連絡をとっているようです。

一昨年、また喜界島に行こうと話していたのですが、
環境の状況が変わり、約束していたのにいけませんでした。

今は 前よりももっと喜界島への思いが強くなっています。
すぐには住めないとは思いますが、すぐにでも喜界島へ母と行きたいと思っています。
移住するのが私の希望ですが、母や父はどうかは聞いてません。
姉は結婚していますが、妹、父、母と私家族で一緒にすめたらなぁと感じてます。
私は結婚もしていないので、喜界島で運がよければ相手を見つけたいとも思っています。

母親の親戚の方たちは一昨年、喜界島へ行った際にお会いしました。
喜界島の会話(言葉)はまるで外国語でした。
喜界島は外国のハワイのように、それ以上に美しい島だと私は感じました。
私は今、失業保険給付が終わる頃です。4月からの就職に就く予定です。
この間にお金を貯めて母親とまた一緒に喜界島へ行こうと思いネットを調べていたらここにつきました。
とてもタイミングがいいいと思っています。
長くなりました、どうぞ宜しくお願いします。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
MAMI様

この度は喜界島に関するお問い合わせをいただき、ありがとうございました。
奄美群島広域事務組合の丸山と申します。

来年3月までに喜界島に来島されたいとのことですね。
希望されておられる移住体験ツアーは、11月に終了しておりますが、
1組2名以上で5泊以上滞在されると、1組あたり4万円の助成がある
長期滞在支援プログラムは来年2月末までございます。

職業体験と交流体験の2種類のプログラムに参加していただくことで、地元の方たちとのふれあいの中から、
より喜界島での暮らしをイメージできる内容となっております。

2012.11.21
あかり 様より
役場職員募集についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = あかり
在住都道府県 = 愛媛県
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

ここ3年ほど、徳之島のトライアスロンに参加させていただき、徳之島のファンになりました。
現在、夫と二人暮らしですが、移住を考えております。

仕事は、二人とも特に手に職があるわけでもなく、貯金もありませんので、島での生活は少し不安はあります。

私は、今までの経験を活かして事務の仕事をしたいのですが、役場の職員募集は毎年ありますか?
臨時職員でもかまいません。
年齢制限に余裕がないのでできれば来年、受験してみたいと思っています。
受かるかどうかは別としてですが(笑)

直接役場へ問合せしたほうが良かったかもしれましんが、
このHPを見つけて、夢がちょっと近づいて今後も教えていただきたいことも出てくるかと思い、
問い合わせさせていただきました。

お忙しいところお手数をお掛けして申し訳ありませんが、
ご回答いただけると嬉しいです。

------------------> Masumiからの返事
あかり様

ねりやかなやをご利用頂き、ありがとうございます。

さて、お問い合わせの件ですが、
徳之島の3町(徳之島町、天城町、伊仙町)に問い合わせてみました。

<徳之島町からの回答>
毎年採用試験があるわけはありません。
HPで告知をしておりますが、来年度採用者の一次試験は既に終了しております。
http://www.tokunoshima-town.org/

また、ほかの市町村も大差ないと思われるのですが、
徳之島町の場合、一般事務で30歳、土木などの資格所有者で35歳が上限となっております。
臨時職員に関しても、なんらかの技能をもっていなければ、声を掛けてもらうのが難しいと思われます。

厳しい言い方かもしれませんが、「トライアスリート」として徳之島に何度も来て下さっている事は、
島民の皆さんも大変有り難く、常に温かく迎え大声援を送っておりますが、島で暮らすことは別次元の話です。
本気で移住をお考えなら、一度は住民目線での現地視察をなさる事が望ましいと思います。

<天城町からの回答>
天城町では職員募集は毎年はありません。
募集を行う場合は町のホームページにて広報しています。
http://www.yui-amagi.com/

<伊仙町からの回答>
伊仙町も毎年はやってません。
募集する場合、ホームページで呼びかけます。
http://www.town.isen.kagoshima.jp/

3町とも毎年採用しているわけではなく、臨時職員の採用状況も厳しいのが現実のようです。
徳之島での民間も含めたハローワークでの求人傾向は、
ねりやかなやHP内お仕事情報を参考になさって下さい。

徳之島に限らず、奄美群島内の求人、住居の確保は、内地に比べてスムーズにいくとは言い難い状況です。
でも、そのような環境の中でも移住してくる方々はいて、楽しく島暮らしをしている人がいる一方、
その3倍くらいの人たちが理由があって島を離れていきます。

親御さんの介護など、ご本人たちの事情によるところもありますが、
内地での生活イメージをそのまま引きずり、所得、人間関係など、
島での現実の生活とのギャップを埋めきれなかった方が多いのです。

島の人たちは決して移り住んでこようとしている方を拒絶しているわけではなく、
厳しい現実も見据えた上で決断してほしいと考えています。

職探しも大変重要ですが、まずは、ご自分たちが徳之島に移住してどのような生活をしていくのかの
イメージ作りをしてはいかがでしょう?
今現在、徳之島でも長期滞在支援プログラムを実施中で、
5泊以上の滞在で4万円の滞在助成金が支給されるととともに、
地元の人との交流や徳之島の産業での職業体験など、イメージ作りに貢献する内容だと思います。
是非、ご検討ください。
http://www.neriyakanaya.jp/longstay2012.html#help_tokuno

以上で回答となりましたでしょうか?
不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。

今後とも、ねりやかなやを宜しくお願い致します。

2012.11.14
ピーパパ 様より
移住体験ツアーに関するご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ピーパパ
在住都道府県 = 三重県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

ねりやかなや様 
お世話になります。
来年の一月、二月でしたでしょうか?
ねりやかなや様主催の移住体験ツアーに参加したいと考えています。

有給休暇、特典航空券を使って行きたいので
ツアーの日程が決まり次第教えて頂けると大変助かります。
奄美大島に行くのが楽しみです。

------------------> Masumiからの返事
ピーパパ様

この度は、お問合せをありがとうございます。

大変申し訳ないのですが、奄美大島の移住体験ツアーは今週末の実施で、
すでに募集は締切となっています。

現在、長期滞在支援プログラムを開催中で、来年2月末まで継続しています。
移住体験ツアーと異なり、最低限2つのプログラムメニューに参加いただく自由行動主体の企画になります。

奄美大島/加計呂麻島/請島/与路島の指定宿泊先に、連続5泊以上滞在する同一世帯(2名以上)を対象として、
1世帯当たり4万円の滞在助成金が支給されます。
詳しいことは、http://www.neriyakanaya.jp/longstay2012.html#をご覧ください。

メニューには、集落散策や職業体験などが豊富に含まれておりツアーとは違って、
じっくり島の生活や風土を感じて頂けると思います。

ご案内が遅れましたこと、お詫び申し上げるとともに是非、
長期滞在支援プログラムの参加をご検討頂けると幸甚です。

今後とも、ねりやかなやを宜しくお願い申し上げます。

2012.11.13
ぱくぱく 様より
島の状況についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ぱくぱく
在住都道府県 = 神奈川県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

こんにちは。
神奈川県横浜市在住、妻、子供4人、おなかに5ヶ月の子、
今のところ6人家族です。

以前より田舎島暮らしを考えています。
現在、生活は普通に出来ていますが、日々のストレスなど、
特定の理由はわかりませんが、ギスギス感みたいなものがあります。

そういったものは子育て、家庭環境に良くないなぁと思い、
また以前よりキャンプなど自然と戯れるのが大変好きなこともあり、
田舎暮らし、自給自足がしたいと思っています。

そこでお聞きしたいことがあります。

・市街地より田舎希望ですが、不動産物件(賃貸、買取含めまして)、
 仕事求人情報(妻が幼稚園教諭、保育士資格ありますので)は 現在どうでしょうか?

・また、子連れですので保育園の待機児童の有無です。

・子育て支援制度はありますか?

・農業等支援制度はありますか?

実現にむけて、少しでも進めたらと思います。
お忙しいところ申し訳ございませんが、
ご教授いただけると幸いです。よろしくお願い致します。

------------------> Masumiからの返事
ぱくぱく様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

さて、お問合せの件ですが、
現在、奄美群島12市町村の定住支援制度を添付PDFにまとめましたので、
参考にされてください。

奄美市
奄美市以外の11町村

求人については、お仕事情報lに最新のハローワーク掲載情報をまとめています。
ちなみに、保育士の求人は毎回ではありませんが、コンスタントにあります。

不動産については、各市町村が把握している物件を不動産物件情報に掲載しています。

ご希望の田舎の物件は仲介物件として市場に出回ることが少なく、
顔見知りどうしの相対取引が主体になっています。
残念ながら、これまで移住した人たちの多くが、実際に来島して、
住みたい地域で物件を訪ねて根気よく探しているのが実情です。
移住者たちの住まい探し体験談また、徳之島の徳之島町より下記の回答がありましたので、
合わせて記載させていただきました。
他の市町村より回答があり次第、またご連絡いたします。

-------徳之島町からの回答----------
・不動産や仕事に関しては、現地の実情(住宅事情や待遇)を理解して合わせられるかが、先ず大事と思います。
 実際に物件を見て頂き、その上で条件が折り合えば、見つけることは可能と思います。
 それと、徳之島管内では保育士の求人が複数ありました。

・待機児童に関しては、共働き夫婦の優先順位が高くなるので、将来的に自給自足を目指しているとしても、
 現状で就業可能な仕事に就いて備えるのが現実的だと思います。

・金銭的な子育て支援制度はありません。民間の組織(NPO)が、子育て支援の活動しています。

・移住者向けの農業支援制度は、今のところありません

------------以上---------

希望の島を絞り込むのも大変ですが、
実際に暮らすとなると島や地域の人たちとの相性がとても重要になってきます。

是非、移住を決められる前にその土地を訪れられることをお勧めします。
今現在、奄美群島(奄美大島、加計呂麻島、喜界島、徳之島、沖永良部島与論島)では、
長期滞在支援プログラムを開催中です。
http://www.neriyakanaya.jp/longstay2012.html
5泊以上同じ島に滞在すると、滞在助成金が支給されますのでこの機会のご利用をご検討くださいませ。

以上で回答となっておりますでしょうか?
疑問等があれば、お気軽にご連絡ください。

今後とも、ねりやかなやを宜しくお願い致します。

2012.11.07
山田 様より
農業研修についてお問い合わせを頂きました!
ハンドルネーム = 山田
在住都道府県 = 鹿児島県
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

こんにちは。初めまして。
鹿児島県本土に東京から夫婦で移住してきました、山田と申します。

現在、有機農業の研修を、夫婦それぞれ別の研修先で受けつつ、
鹿児島県内での就農を目指しています。

そして、1年間の研修も終わりに近づいていますので、
本格的に定住場所・就農場所を探しております。
私共は離島に強い憧れをもって東京からやってきましたが、
ひとまず技術を身につけようとバタバタ過ごしており、
お恥ずかしながら奄美のことを何も理解できておりません。
もちろん、すぐに奄美のどこかで農地が見つかるとは考えておりませんが、
農業に携わりながら、地道に農地を探していく覚悟です。

長くなってしまいましたが、そういった農業の研修生を受け入れてくださったり、
働かせてくださる農家さんを現在探しています。
HPを見たのが遅く、ツアーには間にいませんでしたが、もちろん見学にも伺いたいです。
奄美諸島での定住に、強い想いがありますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

山田

------------------> Masumiからの返事
山田様

ねりやかなやの山腰です。
ねりやかなやをご利用頂き、ありがとうございます。

さて、お問い合わせの件ですが、奄美群島内でも島によって農業のやり方や規模は大きく異なっています。
沖永良部島は大規模農家で中国研修生を雇って手広くやっているところもありますが、
その他の島々はどちらかというと、ファミリー農家が多いように感じます。

また、作物によって利益率もばらつきがあると聞いています。
例えば、フルーツが最も利益率が高く、耕作面積が最も大きいサトウキビは低収入だそうです。
マンゴは徳之島が一番進んでいて、花は沖永良部島など、島によって得意となる作物も違うようです。

耕作放棄地が多い奄美大島は就農研修制度もあり、農地自体を借りることはできるようるようですが、
耕作地自体に余地がない沖永良部島、与論島、喜界島は新規で農地を獲得するのは極めて困難なようです。
でも、沖永良部島では働き手は大歓迎なので、農地を取得するのでなく、
技術を磨くという点では他の島よりもいいかもしれません。
農地の空き状況や就農制度等の詳しい事柄については、直接市町村にお問い合わせください。
こちらからメール送信できます。
http://www.neriyakanaya.jp/archipelago.html

今現在、開催中の長期滞在支援プログラムでは、多くの島で農家が協力してくれています。
長期滞在支援プログラムは来年2月までやっていますので、ご都合があえば是非、ご参加ください。
詳しくは→ http://www.neriyakanaya.jp/longstay2012.html

上記で回答となってますでしょうか?
不明な点があれば、お気軽にご連絡ください。

今後とも、ねりやかなやを宜しくお願い致します。

<参考>
奄美市の定住支援制度
奄美市以外の奄美群島町村の定住支援制度

2012.10.25
オカシン 様より
下見情報についてお問い合わせを頂きました!
ハンドルネーム = オカシン
在住都道府県 = 大阪府
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

2月の中旬から奄美群島組合の長期滞在支援プログラムで来島を予定しています。
滞在中に仕事・住居など探したいと考えています。
役場の方で何か情報があれば、教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
オカシン様

返信が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
以下、与論島からの回答を記載いたします。
求人・住宅ともに厳しい内容となっております。

【与論島の10月31日現在の仕事・住宅について】

① 求人情報について

求人情報に関しては、与論町役場が週に1度発行する「お知らせカレンダー」に掲載しておりますが、
あくまでも町内の各事業所等から求人掲載依頼があった場合のみの掲載となっております。
週報は「Webヨロン島」というホームページでご覧いただけます。
URL:http://www.yorontou.net/
※10月は求人情報の掲載はなかったようです。

その他の求人情報については、ハローワークでの情報収集になるかと思います。
(奄美大島の名瀬ハローワークの管轄となっております。)

② 住宅について
公営住宅については与論町役場で募集業務を行っておりますが、残念ながら現在空きはありません。
公営住宅の空きがあった場合は、町のホームページ・週に1度発行する「お知らせカレンダー」に掲載しております。

一般の賃貸住宅については役場で斡旋等は行っていないので、下記不動産業者にご相談ください。
・吉田不動産システム 0997-97-5122
・谷山不動産     0997-97-3501

※ 9月に立て続けに襲来した台風16・17号の影響で民家等が大きな被害を受けたことにより、
  住宅不足となっているようです。

2012.10.22
ミューズ 様より
物件探しについてコメントを頂きました!
ハンドルネーム = ミューズ
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =

昨年の色々な出来事で、主人が徳之島で自給自足の生活をしたいとの話しを聞かされ
愕然としましたが、 今ではポジティブに考えるよう物件探しに悪戦苦闘の日々を過ごしております。

今年になって三回ほど徳之島に行きましたが、中々思う物件が無く
経費だけがかかり、落ち込んでしまいます。
また、11月前半に物件探しに行く予定にしておりますが、どうなることでしょう・・・。

私的には市町村で空き家情報など住宅情報を積極的に発信して頂きたかったのですが・・・。

離島に本当に人口を増やしたいと考えておられるには、しっかりしたコンセプトを立てて、
離島に行きたい人々のサポートをして頂けたら幸いです。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
ミューズ様

この度は徳之島に関するお問い合わせを頂きありがとうございました。
私は奄美群島広域事務組合の丸山と申します。

すでに住居探しをしておられるわけですね。

まずは、情報発信が少ない理由です。
徳之島に限った話ではありませんが、奄美群島の各島では、空き物件の絶対数が少ないことと、
もう一つ、狭いコミュニティの中で、引越し情報がすぐ広がるので、
不動産業者が情報を掲載する前に借り手が見つかるということが多々あります。

つまり、新聞やHPに掲載する前に借り手が決まることから、
特にHPによる情報発信には至っていないことが多いと言えます。

とはいえ、ミューズ様がおっしゃるように、民間・行政問わず情報発信が不十分な面も当然感じており、
移住支援をする上で、今後の課題として真摯に受け止めております。

これまで3度来島して物件を探しているが気に入った物件が無いとのことですが、
物件を見て回る中で徳之島の住宅事情というのが、ある程度見えてこられましたでしょうか。

古くて、きれいとはとても言えない物件が多い割に家賃は高めですので、
求める条件と合わない物件が多いであろうと推察いたします。
ただ、そういった中で実際に島の人たちは生活しておりますので、
島の暮らしと本土の暮らしとの違う部分だと言えるかもしれません。

2012.10.09
まつ 様より
Uターンに関するご質問を頂きました!
ハンドルネーム = まつ
在住都道府県 = 東京都
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

こんばんは!
夜分、失礼します。

奄美大島出身で現在東京住まいの27歳サラリーマンです。
2~3年以内に移住する予定です。

サイト内の色々な移住の感想をみて、生きた情報が得られるので面白いなと感じました。

東京から島に帰り父の自営業(インターネットと電話の配線工事)を
継いで生計立てていこうと思うのですが、
何か気をつけることやアドバイスなどがありましたらぜひ教えて下さい!

図々しいお願いかとは思いますが、ただ島に帰るのではなく
貢献できるアイデアや材料をもって帰りたいなと思ったので。

------------------> Masumiからの返事
まつ様

ねりやかなやをご利用頂き、ありがとうございます。
また、返信が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

Uターンされるとのこと、私も含め島の人々にとって若い方が戻られるのは嬉しい限りです。
お問い合わせのご家業の件ですが、配線工事自体は門外漢なので、
関連することについて私見を少々書かせて頂くことに致しました。

島内の大部分が光回線に代わりましたが、サービスの選択肢はやはり、東京に比べると少ないですね。
また、サービスの勧誘はコールセンターからで、島の実情を感知しているとは思われないものも多くあります。
島にふさわしいサービスをご検討頂き、島に持ち帰って普及して頂けると嬉しい限りです。

では、奄美大島でお帰りをお待ちしていますね。
また、何か気になることがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。

今後とも、ねりやかなやを宜しくお願い致します。

2012.10.07
miki 様より
物件情報に関するお問合せを頂きました!
ハンドルネーム = miki
在住都道府県 = 埼玉県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

現在、埼玉県の公立中学校で教員をしています。
しかし、子供をのびのび育て、今しか体験できない多くのことを体験させていきたいと考え、
退職し、移住を考えています。

与論島を視野にいれたのは、夏に旅行に行ったときにであった、
千葉から移住された方が、「与論島のこどもはよく遊び、勉強をする」と。
また、すごく移住者に対しても親切で、住みごこちが良いと伺ったからです。
そこで、私は、小学校から、中学、高校までの教員免許(理科、化学、工業)を所有しているので、
非常勤講師や、アシスタント、支援員や初任者の後補充要員、学童保育などの仕事があれば仕事に就いて、
生活していきたいと考えています(なければ、観光業でもなんでもやるつもりです)。

そこで、住まいのことも気になり、教員住宅や、公営住宅などの空き状況を伺いたいと思っています。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
miki様

お問い合わせ頂いた件につきまして、与論町の担当者から回答がありました。
以下、参考にされてください。

【公営住宅】
与論町の公営住宅は現在空きがないとのことです。
ちなみに島外から公営住宅の空き状況をチェックするには、ホームページを随時チェックして頂くか、
直接役場建設課に問い合わせて確認する方法しかないようです。

【教員住宅】
教員住宅については、基本的に鹿児島県の教職員が入居することになっていますが、
古い教員住宅については入居希望がなく空いている状態にあるため、一般の方も入居できるような制度があります。
ただし、一年以内の短期間の入居に関しての募集となります。

下記URLのお知らせ「教育委員会事務局から」
http://www.yoron.jp/life/pub/list.aspx?c_id=26#54

【教育関係の求人について】
現在のところ募集はないようです。
その他の教育関係の仕事は鹿児島県の管轄になるとのことです。
現在、関係機関に問い合わせておりますので、回答がありましたら、改めてご報告しますとのこと。

以上です。
参考になりましたでしょうか。
よろしくお願いいたします。

2012.10.05
太陽 様より
瀬戸内町の物件情報に関するお問合せを頂きました!
ハンドルネーム = 太陽
在住都道府県 = 鹿児島県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

現在、奄美大島瀬戸内町で空き家はありませんか?

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
太陽様

奄美群島広域事務組合の丸山です。

瀬戸内町内の空き家物件に関しては、
瀬戸内町役場HP内の「せとうち空き家バンク」で掲載されている物件をご参照ください。

また、上記HPで掲載されている物件以外にも空き家情報があるので、
「詳しくは下記までお問い合わせください」とのことでした。

奄美・田舎暮らし支援センターせとうち
瀬戸内町役場企画課 企画開発係 森・中島
TEL 099772-1112(直通)
FAX 0997-72-1120
メール kikaku@amami-setouchi.org

よろしくお願いいたします。

2012.09.29
あんず 様より
看護職の求人状況についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = あんず
在住都道府県 = 長野県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =

現在、夫婦と娘の3人で大島への移住を検討している家族です。

私の職業は看護師なのですが、結婚後から現在に至るまでの5年間、
臨床現場を離れずっと行政機関で看護師として働いてきました。
高齢者福祉分野(介護保険)の保健師業務の補助的な仕事をしておりました。

移住後も子どもが小さい間は臨床に戻るつもりはないため、
できれば行政で看護師として働ければありがたいのですがそういった求人はあるのでしょうか?

病院以外の分野での看護職の求人が具体的にどのようなものがあるのか?
数少ない求人しかないのか?等、教えていただけると助かります。

自分がここ数年していた仕事と近い仕事があれば
移住も思い切って踏み切れるかな・・・と思い質問させていただきました。

------------------> Masumiからの返事
あんず様

ねりやかなやをご利用頂き、ありがとうございます。

さて、お問い合わせの件ですが、過去1年間(2011/10~2012/9)の
保健師・看護師(准看護師等も含む)の求人を調べてみました。
※ハローワークで募集される求人件数を単純集計したものなので、
 数回に渡って同じ求人が掲載されているものは重複計上となっています。

あんず様のお仕事は群島内ではかなりの求人がでますが、
ご希望の役場職員等の求人はそれほどでもないのが実情です。

ただ、全くないわけではないので、
時期を特定していなければ必ず募集はあると思います。

短い期間だと奄美に限らず人口の少ない田舎では、看護職に限らず「希望職種の求人がない」ことが多いので、
気長に根気よく求人情報を見て頂くのが一番だと思います。

弊社サイトの「お仕事情報」内に求人情報を掲載していますので、
参考になさってください。

以上で回答となりましたでしょうか?
不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。

ページ