奄美大島 移住 | 奄美群島への移住支援サイト ねりやかなや
「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、「海のかなたの楽園」の意味です。
奄美群島のこれまでのお問い合わせご感想
■お問い合わせへの回答に関するご注意
ねりやかなやでは、お問い合わせメールにて頂いた送信者様のプライベートに関わる質問等には、送信されたメールアドレスに直接回答返信しています。
着信拒否等で返信メールが届かない場合は、送信者様の個別具体的なご質問は一般公開を前提とした回答となりますこと、予めご了承ください。
カテゴリ・キーワード検索
2016.06.02
まんぐりかまち 様より
物件のお問い合わせを頂きました!
ハンドルネーム = まんぐりかまち
在住都道府県 = 山梨県
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

龍郷町大勝で探しています。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
まんぐりかまち様
お問い合わせ回答: 

初めまして。奄美群島広域事務組合の宮原と申します。

ご質問の件、お探しのものは「住まい」もしくは「職」のことでしょうか。
それぞれ下記のとおり情報提供させていただきます。

【住まい】
現在、龍郷町の空き家バンクに登録されている物件はこちらになります。
http://www.town.tatsugo.lg.jp/sangyou_work/work_live/empty/

不動産取引についてはこちらをご参照ください。
http://www.neriyakanaya.jp/estate.html

【職】
仕事につきましては、下記の求人情報にてご確認ください。

ハローワークインターネットサービス
https://www.hellowork.go.jp/servicef/130020.do?action=initDisp&screenId=...

ジョブセンバ
http://jobsenba.com/

求人傾向などはこちらをご参照ください。
http://www.neriyakanaya.jp/job.html

以上、よろしくお願いいたします。

2016.05.19
rekq 様より
シングル移住費用について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = rekq
在住都道府県 = 大阪府
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

シングルで移住したいのですが、
移住にはどのくらいの費用がかかりますか?
奄美に知り合いがいて最低200万くらいかなと言っていたのですが、それくらいでいけるのでしょうか?

------------------> Masumiからの返事
rekq様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用頂き、ありがとうございます。

お問い合わせの移住に掛かる費用ですが、
ご本人様の状況により異なるので、主な項目から検討頂ければと思います。

引越代:
荷物の量によって、大きく変動します。
一般的には、大阪~鹿児島の陸送、鹿児島~離島までの海上輸送、
離島内の陸送と業者が複数入るため、かなりの高額になります。
運ぶものが決まっていれば、運送会社に見積もりを取ってみてください。

住居:
家賃の相場は、島内の繁華街と過疎区域で大きく異なります。
繁華街の賃貸は奄美大島で4万円~7万円/月くらいです。
敷金2か月、礼金は無し~1か月くらいが多いようです。
物件情報は、http://www.neriyakanaya.jp/estate.html を参照ください。

車:
離島の公共交通機関はバスで、利便性は決して良くないです。
島内の中古車は価格は高めです。
内地から運ぶ場合はフェリーの運送料が必要になります。
大阪からのフェリーは、A'LINEになります。
http://www.aline-ferry.com/hanshin/route.html

当面の生活費:
島での仕事がなかなか決まらない方が、島を離れるケースは決して少なくないです。
求人はありますが、希望の職種・収入の仕事は常時あるわけではありません。
仕事が決まるまでの期間の生活費を見込んでおかれる方が無難です。
求人の状況は、http://www.neriyakanaya.jp/job.html を参照ください。

最後に、島暮らしが合わずに島を離れるケースを想定して、島から離れるための
引越代も見越しておくことをお勧めします。
島暮らしは楽しいことがたくさんありますが、お金を貯めることには向いていません。
島で貯蓄することを前提にし、島を離れたくても離れられない人もいます。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。

2016.05.15
makoto 様より
移住について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = makoto
在住都道府県 = 神奈川県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

現在会社員です。
シングルですので、これからの第2の人生を大好きなきれいな海のそばで暮らせたらと思い問い合わせしました。
仕事、住まい、1ヶ月の生活費など知りたいと思います。
宜しくお願い致します。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
makoto様
お問い合わせ回答: 

初めまして。奄美群島広域事務組合の宮原申します。
この度は、お問い合わせいただきありがとうございます。
また返信が遅くなり大変申し訳ありません。
ご質問の件、以下のとおり回答させて頂きます。

≪住まい≫
各島の市街地にある物件は不動産会社が取り扱いますが、
それ以外の地域では、大家と直接契約する相対取引が基本となり、
不動産会社での取り扱いが極めて少ない状況です。

これまで移住された方々の話を聞くと、スムーズに家探しを進めるには、
一度来島し、島民の知り合いを作ることが最短になることが多いようです。

空き家バンクなどの情報はこちらをご覧ください。
http://www.neriyakanaya.jp/estate.html#item01

≪仕事≫
仕事に関しましては以下をご参照ください。
http://www.neriyakanaya.jp/job.html
http://jobsenba.com/

≪ご紹介≫
奄美群島では、移住希望者を対象に島暮らしのイメージを
持っていただくため、各島で「フリー滞在プログラム」を実施しています。
このプログラムはツアーとは異なり、参加者様のご都合に
合わせてプログラムを組み合わせることができます。
1つからでもお申し込み可能ですので、ぜひご検討ください。
(空き家見学プログラムもあります)

奄美大島:http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2016_amamioshima/index.html#free
喜界島:http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2016_kikaijima/index.html#free
徳之島:http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2016_tokunoshima/index.html#free
沖永良部島:http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2016_okinoerabu/index.html#free
与論島:http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2016_yoron/index.html#free

なお、1ヶ月の生活費に関しては、それぞれの生活水準などに
大きく左右されますので、申し訳ありませんが回答を控え
させて頂きます。

≪ご参考:よくある質問≫
http://www.neriyakanaya.jp/qa/index.html

その他、ご不明な点がありましたらご連絡頂ければと思います。
以上、よろしくお願いいたします。

2016.05.08
ひろせ 様より
住宅の空き状況について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ひろせ
在住都道府県 = 鹿児島県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

一人で老後を過ごすための公営住宅など空きはありませんでしょうか?

------------------> Masumiからの返事
ひろせ様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやHPをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、公営住宅や定住促進住宅は原則、ファミリー優先の市町村が多いです。
ただし、市町村によって基準は違いますので、ご希望の居住先の行政に相談されてみてください。
空き家バンクの場合は、世帯人数を問わないことが多いようです。

単身世帯の公営住宅申込が不可の市町村は、
奄美大島の宇検村
徳之島の伊仙町、天城町
沖永良部島の知名町
与論島(与論町)

単身世帯の定住促進住宅申込が不可あるいは住宅の制度のない市町村は、
奄美大島の瀬戸内町、大和村
喜界島(喜界町)
徳之島の徳之島町、伊仙町、天城町
与論島(与論町)

空き家バンクでの単身世帯の申込が不可あるいは住宅の制度のない市町村は、
奄美大島の宇検村、大和村
喜界島(喜界町)
徳之島の徳之島町
与論島(与論町)

住宅の空き状況は、市町村に直接ご確認いただくか、または
http://www.neriyakanaya.jp/estate.html#item01 をご覧ください。
行政の窓口は
http://www.neriyakanaya.jp/policy_archipelago.html をご覧ください。

以上で回答となりますが、不明な点等があればお気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。

2016.05.06
ちゃかキング 様より
山間留学について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ちゃかキング
在住都道府県 = 兵庫県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

宇検村で山間留学があるって聞きましたが、
今もあるのですか?
他の地域でもあるのですか?

------------------> Masumiからの返事
ちゃかキング様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやHPをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの山間留学ですが、奄美群島で類似制度は下記になります。

◆瀬戸内町◆(奄美大島)
~~~にほんの里・加計呂麻(かけろま)島留学~~~
町外から加計呂麻島の小中学校に転入する生徒が対象です。児童生徒ひとり当たり月
額3万円の特別助成金を転入後から中学卒業月まで支給し、さらに、11,000円を上限
とし家賃の1/2を入居後1年間支給します。
問い合わせ:教育委員会(TEL: 0997-72-0113)

~~~古仁屋(こにや)高校ふるさと留学制度~~~
郡島内からの留学生に月額3万円、郡島外からの留学生に月額5万円を支給します。
問い合わせ:教育委員会(TEL: 0997-72-0113)

◆宇検村◆(奄美大島)
~~~親子山村留学制度~~~
阿室小中学校と名柄小中学校で、校区内に親子で移住する場合に助成します。
問い合わせ:宇検村教育委員会(TEL: 0997-76-2261)

◆徳之島町◆(徳之島)
~~~徳之島町ふるさと留学制度~~~
小学1年生~中学2年生を対象にした1年間の里親留学制度で、町立手々小・中学校で
募集しています。
http://www5.synapse.ne.jp/tetesyoutyuu/
問い合わせ:学校教育課(TEL: 0997-82-1308)

不明な点等があれば、お気軽にご相談ください。

2016.05.05
りくさま 様より
生活状況について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = りくさま
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

生活するための状況を知りたいです。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
りくさま様
お問い合わせ回答: 

こんにちは。奄美群島広域事務組合の宮原と申します。
お問い合わせ、ありがとうございます。

生活するための状況についてですが、仕事や住居はもちろん、
島で生活するためには、文化・風習や気候など様々なことを
知ったうえで移住することが大切だと考えています。

既にねりやかなやホームページをご覧になられてるかと思いますが、
当協議会が実施している「フリー滞在プログラム」をご活用
してみてはいかがでしょうか?
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2016_okinoerabu/index.html#free

プログラムでは「先輩移住者と語ろう」など、実際に
移住された方々から話しを聞いたりすることができますので
大変オススメです。
もちろん、市町村の担当者と話しをすることもできますので
移住に関する様々な疑問を解決することができると思います。

移住前に島の文化・風習を感じて頂くことで、
より一層移住へのイメージが湧くものと思いますので、
ぜひご検討頂ければと思います。

2016.05.04
かずキング 様より
住まいと仕事について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = かずキング
在住都道府県 = 兵庫県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

シングルファザーで、小学生6年になる双子の子供たちと70の母親と一緒に移住を考えています。
元々、両親は奄美の宇検村の出身で、父親の墓は宇検村にあります。
母親が奄美に帰りたいと言ってて、移住を考えています。
島は仕事があまり無いって聞きましたが、仕事はすぐに見つかりますか?
また、家の家賃はどれ位かかるのか知りたいです。
宜しくお願いします。

------------------> Masumiからの返事
かずキング様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、仕事については職種等に偏りがある、給与水準が全般に低いですが、求人はあります。
詳細については、http://www.neriyakanaya.jp/job.html を参考になさってください。

家賃は奄美大島の中心になる奄美市名瀬が一番高く5~7万円くらい、次いで南部の繁華街瀬戸内町古仁屋4~6万円くらい、中心地から離れるに従って家賃は下がります。
中心地以外の物件は、不動産会社が扱う物件は少なく、相対取引が主流となっています。
詳しくは、http://www.neriyakanaya.jp/estate.html#item01 を参照ください。
市町村によっては、公営住宅以外に定住促進住宅や空き家バンクの制度があります。
行政の取り組みについては、http://www.neriyakanaya.jp/policy_residence.html を参考にされてください。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願い致します。

2016.04.27
Coco 様より
2016年度の移住体験ツアーについて
ハンドルネーム = Coco
在住都道府県 = 海外
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

2016年度移住体験ツアーについての詳細が知りたく、
問い合わせしております。
こちらが負担する費用、開催日程など詳細を教えてください。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
Coco様
お問い合わせ回答: 

こんにちは。
奄美群島広域事務組合の宮原です。

お問い合わせの2016年度移住体験ツアーですが、
これから各島でのツアー詳細を決めていく予定です。

詳細が決まりましたら、ねりやかなやHPにて
順次公開させて頂きます。

また、ねりやかなやFaceBookでも案内いたしますので、
よろしければフォローをお願いします。
https://www.facebook.com/amami.neriyakanaya/?fref=ts

なお、2016年度の移住体験プログラムは公開しましたので
ぜひこちらもご検討頂ければ幸いです。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/

今後ともよろしくお願いいたします。

2016.01.21
あたみ 様より
移住検討宣言を頂きました!
ハンドルネーム = あたみ
在住都道府県 = 東京都
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

小学生の娘が一人いるシングルマザーです。
移住を考えています。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
あたみ様
お問い合わせ回答: 

初めまして。
奄美群島広域事務組合の宮原と申します。
お問い合わせいただき、ありがとうございます。

奄美大島への移住をご検討ということで、
既にご覧になっているかと思いますが、
ねりやかなやホームページに掲載して
いるフリー滞在プログラムを活用してみてはいかがでしょうか?

http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2015_amamioshima/free.html

このプログラムは、ツアーなどと異なり、日程・内容に縛られず、
参加されたいメニューをご自身で組み合わせて実施することができます。

プログラムでは「先輩移住者と語ろう」など、
実際に移住された方々から話しを聞いたりすることが
できますので大変オススメです。
もちろん、市町村の担当者と話しをすることもできます。

移住前に島の文化・風習を感じて頂くことで、
より一層移住へのイメージが湧くものと思いますので、
ぜひご活用頂ければと思います。

仕事・住まい・子育て情報につきましては、下記をご参考にされてください。

お仕事情報
http://www.neriyakanaya.jp/job.html
http://jobsenba.com/

住まい情報
http://www.neriyakanaya.jp/housing.html
http://www.neriyakanaya.jp/estate.html

子育て支援情報
http://www.neriyakanaya.jp/policy_childcare.html

また、山村留学制度を実施している市町村もありますので参考にされてください。
・大和村 http://www.vill.yamato.lg.jp/yamato01/yamato105.asp
・宇検村 http://e-amuro.jpn.org/
・瀬戸内町 http://www.town.setouchi.lg.jp/k-soumu/kan/iju/jutaku/ryugaku/ryugaku.html

以上、よろしくお願いいたします。

2016.01.20
さく 様より
移住体験プログラムの参加費用についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = さく
在住都道府県 = 千葉県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

千葉からそちらのプログラムに参加する場合、いくらかかりますか?

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
さく様
お問い合わせ回答: 

初めまして。
奄美群島広域事務組合の宮原と申します。
お問い合わせいただきありがとうございます。

ご質問の件ですが、本プログラムは全て「現地集合・解散」となっておりますので
千葉県から奄美群島までの移動費及び、奄美群島内での移動費
(レンタカーor公共交通機関)、宿泊費に関しましては、
参加者様のご負担となります。

各島への行き方については、こちら「奄美群島への賢い行き方」を
ご参照頂ければと思います。
http://www.neriyakanaya.jp/smartway_amamioshima.html

なお、フリー滞在プログラムの参加料金につきましては、
プログラム毎に料金が異なりますので、
各プログラムの詳細をご覧頂ければと思います。
(体験されたいプログラムを選んでお申し込み頂ければ、
こちらから参加料金をご案内いたします)

移住体験ツアーにつきましては、
千葉県から奄美群島までの移動費は参加者負担で、
島内での移動費、宿泊費はツアー料金に含まれております。

【3月末までの移住体験ツアー情報】
〇 喜界島ツアー
  実施時期2016/3/5(土)~3/7(月)の2泊3日
  募集人員1組4名(最少催行人員は1名)
  参加費15,000円(ひとり)
  http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2015_kikaijima/index.html#tour

〇 徳之島ツアー
実施時期3回
1回目2016/2/26(金)~2/29(月)
2回目 申込終了
3回目2016/3/10(木)~3/13(日)
募集人員1組2~5名(最少催行人員は2名)
参加費18,900円(ひとり)
  http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2015_tokunoshima/index.html#tour

その他ご不明な点などありましたらお気軽にお問い合わせください。
以上、よろしくお願いいたします。

2015.12.30
キョロ 様より
ペット可の賃貸物件についてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = キョロ
在住都道府県 = 兵庫県
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

はじめまして!
私は、来年の春、沖永良部に引っ越したいと思いっております。
その際、ペットを連れて行きたいのです。
インターネット等で調べてはいるのですが、
もともと物件情報自体がとても少なく、行き詰まっております。
市や県の住宅は、単身者や、ましてやペットなどは飼ってはいけないようですし・・・
物件を探すには、何か、良い方法はないでしょうか?

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
キョロ様
お問い合わせ回答: 

こんにちは。奄美群島広域事務組合の宮原と申します。
お問い合わせいただきました件につきまして回答いたします。

まず、キョロ様の仰るとおり、ペット可の賃貸物件は非常に少ないのが現状です。
(沖永良部島の公営住宅についてはペット飼育は不可とのことです)
これは沖永良部島に限らず奄美群島全体で同様の傾向があります。

ただ、2月~3月は異動の時期となり、空き家情報も出てくる可能性はございますので、
詳細については直接、以下の地元不動産業者にお問い合わせ頂ければと思います。

〇第一地所不動産部(TEL:0997-92-3273)
〇松山不動産(TEL:0997-92-0570)

ご不明な点等ございましたら再度ご連絡下さい。
よろしくお願いいたします。

2015.12.22
とらぽんた 様より
家探しについてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = とらぽんた
在住都道府県 = 大阪府
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

今年の夏に初めて家族4人で奄美大島を訪れました。移住先探しも兼ねて昨年より日本全国旅して来ましたが、その一度で全員がここに住んでみたい!と移住先の第一候補になりました!

来月主人と2人で一週間滞在する予定で、移住にむけて下見や住まい探しも出来たらと考えています。

今はネットなどで情報を集めているところなのですが、まず第一の不安要素はやはり住居に関してで、私達は奄美大島に親戚や知人など全く皆無です。島在住の保証人の方なしでの賃貸契約はやはり難しいのでしょうか?

私達のように奄美大島にゆかりの無い移住者の方々はどのように住居を見つけられたのでしょう?

------------------> Masumiからの返事
とらぽんた様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。
奄美大島を移住先候補に挙げていただき、うれしく思います。

来月に来島されるのであれば、ぜひ、フリー滞在プログラム参加をご検討ください。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2015_amamioshima/free.html
先輩移住者に話を聞いたり、役場職員が空き家見学に連れて行ってくれます。

不動産会社が仲介する賃貸物件の大半が島内保証人を求めたり、
リーズナブルな物件は仲介物件とならなかったりと、残念ながら
家探しは簡単とはいきません。
また、「家を探している」と地元民に情報を求めると、必ずと言っていいほど
「仕事は何をするの?」と聞かれます。
移住希望者からすると余計なお世話に聞こえますが、かつて賃料を滞納された
大家さんが一人でもいると、その情報は島中に広がり、
他の大家さんも顔見知り以外に貸すことに躊躇してしまったようです。
島で安定した暮らしができるのか、どれほど真剣に暮らそうと思ってるのかが
分かるまで、なかなか情報が集まらないのが現実です。

また、広い島なので、どこの集落に住むのかを決めるのも一苦労です。
集落によって慣習や生活環境がかなり異なるので、集落の状況を事前に
確かめるのも大切なことです。
島に知り合いが出来ると、情報は自然と集まってくるようになります。
物件を探す前に、ぜひ、島のいろんな集落の人々と交流をお持ちになってください。

ただ、移住したい人がいきなり集落の話や先輩移住者と会おうとしても
大変なので、島の移住支援の仲間たちでフリー滞在プログラムを開催しています。

また、市町村によっては定住促進住宅や空き家バンクを制度化しています。
http://www.neriyakanaya.jp/policy_residence.html#amami_rent
上記のプログラムからでも見学の申込みはできます。

以上で回答となりますが、不明な点等があればお気軽にご相談ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願い致します。

2015.12.17
w 様より
移住体験について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = w
在住都道府県 = 山梨県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

移住体験などの古民家などはありませんでしょうか?
移住するところを探しています。
子供が3人いるので保育園などの情報を教えて頂きたいです。

------------------> Masumiからの返事
w様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの移住体験のできる家ですが、喜界島と徳之島にあります。
どちらも島の都会というよりは田舎にあるので、島暮らしの体験ができると思います。

喜界島「花良治(けらじ)おもてなしハウス」
http://kerajihouse.amamin.jp/

徳之島「ゲストハウスあむとぅ」
http://guesthouseamuto.web.fc2.com/

また、ただ泊まるわけではなく、集落の方々との接点がありますので
保育所事情や田舎で暮らす利点やデメリットなどを率直に聞けます。
また、現在、どちらも移住体験ツアーの参加者募集中です。
体験されたいことや聞きたいことがコンパクトな日程で可能になりますので
ご検討されてみてください。

移住体験ツアー
喜界島 3/5~3/7 15,000円(ひとり)
http://www.neriyakanaya.jp/tour//tour2015_kikaijima/tour_keraji.html

徳之島 全部で3回あります。 2/26~2/29、3/4~3/7、3/10~3/13 18,900円(ひとり)
http://lier-lab.com/go-tokunoshima/

また、奄美大島の瀬戸内町では移住体験住宅を用意しています。
詳しいことは瀬戸内町にお尋ねください。
企画課 企画振興係
担当:信島・太原
TEL:0997-72-1112

奄美群島の保育園等の子育て支援情報は下記を参照されてください。
http://www.neriyakanaya.jp/policy_childcare.html

不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願い致します。

2015.12.14
ポンタ 様より
移住体験ツアーについてご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ポンタ
在住都道府県 = 岩手県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

移住体験というより、移住を考えています。
仕事、住まいも心配なので、その点も知りたいです。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
ポンタ様
お問い合わせ回答: 

こんにちは。奄美群島広域事務組合の宮原と申します。
お問い合わせいただきありがとうございます。

奄美群島への移住をご検討ということで、既にご覧になって
いるかと思いますが、ねりやかなやホームページに掲載して
いる移住体験ツアーや、フリー滞在プログラムを活用して
みてはいかがでしょうか?

http://www.neriyakanaya.jp/tour/

このツアー・プログラムは、観光だけでなく地元民との交流を
通じて移住をイメージしてもらうことを目的としております。

プログラムでは「先輩移住者と語ろう」など実際に移住された
方々から話しを聞いたりすることができますのでオススメです。
また、市町村の担当者と話しをすることもできます。

移住前に島の文化・風習を感じて頂くことで、より一層移住への
イメージが湧くものと思いますので、ぜひご活用頂ければと思います。

なお、来年2月に喜界島と、徳之島の移住体験ツアーを実施予定です。

仕事・住まい情報につきましては、下記をご参考にされてください。

お仕事情報
http://www.neriyakanaya.jp/job.html
http://jobsenba.com/

住まい情報
http://www.neriyakanaya.jp/housing.html
http://www.neriyakanaya.jp/estate.html

以上、よろしくお願いいたします。

2015.12.09
ひこにゃん 様より
島暮らしについて、コメントを頂きました。
ハンドルネーム = ひこにゃん
在住都道府県 = 大分県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

舞台は外国ですが、結構当てはまるのではないかと思いリンクを貼らせてもらいます。
http://tabi-labo.com/219687/lifechangingcaribbeanisland/

------------------> Masumiからの返事
ひこにゃん様
お問い合わせ回答: 

再度のメッセージをありがとうございます。

教えていただいたHPを拝見しました。
舞台はカリブ海ですが、日本の島暮らしに当てはまることも多いと思いました。
不便さ等を筆者と同じように感じるかが、移住してよかった/悪かったを
分けることになると思います。

例えば、「電気がなくても全然平気!」。
筆者は停電で自然を感じることやコミュニケーションの大事さを認識したと
良い面を書いていましたが、真夏の台風時に停電になり、使えなくなるのは
PCやスマホだけではありません。
冷凍冷蔵庫の食材がダメになり、止まったエアコン、扇風機の代わりに
うちわで扇ぐことにもなります。
台風自体が数日居座ることがざらで、停電も数日になることがあります。
不便、不自由な中で、「耐える」だけか、他に「新たな価値を見つける」かは
人それぞれなので、ご自分ならどう感じるかを大切にしてくださいね。

2015.12.09
さとうきび 様より
タンカンの移動禁止について、コメントを頂きました。
ハンドルネーム = さとうきび
在住都道府県 = 茨城県
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

タンカンの移動禁止…ショックです。
農家の方はそれ以上のショックですよね。
奄美に行けば食べられるのかな?
早くコバエが絶滅できますように・・・

------------------> Masumiからの返事
さとうきび様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

タンカンの移動禁止で、今シーズンは本土の方々にタンカンの美味しさを
お届けできないのは非常に残念であり、農家にとっても
たんかんを扱う流通業者にとっても痛手となっていますが、
早期解決に向けて、島内が一丸となって対応しています。

島内では食べれるという話も聞いたりしますが、
暖かくなるとミカンコミバエが活性化するので、その前に
摘果し処分すると聞いています。
タンカンの旬となる2月中旬に熟したタンカンがあるかは不明です。

ご迷惑をおかけしますが、今後とも奄美のタンカンをよろしくお願いします。

2015.12.06
ひこにゃん 様より
島暮らしの注意点について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ひこにゃん
在住都道府県 = 大分県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

来年3月より沖永良部で働く事になりました。
幸いな事に住居も確保出来てます。
島暮らしを送るにあたり、注意点等を教えて頂けないでしょうか?
人付き合いは嫌いではなく、むしろ好きな方です。
この件は面接の時、いの一番に聞かれました。
あと「これは絶対に必要」って物も教えて頂けると幸いです。
宜しくお願いします。

------------------> Masumiからの返事
ひこにゃん様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

沖永良部島で島暮らしされるとのこと、うれしい限りです。
面接時にも聞かれたとのことですが、島暮らしで一番肝心なことは
近隣のみならず島民との人間関係の円滑さにあるかと思います。

離島と本土の違いの一つに人間関係の濃さがあるかと思います。
出入りが少ないこともあり、島に住んでいる人間で災害時を含め
粗方のことを対応していくのが当たり前の環境です。

そのため、青壮年団などの地域活動や集落行事などへの参加を求められます。
仕事等で出席しない人もいるので決して義務ではありませんが、
周囲とのコミュニケーションはとても重要だとお考え下さい。
島の慣習と本土の慣習が微妙なところで違ったりすることで、
誤解が生じて人間関係がギクシャクしたりすることがあります。
まずは、疑問に思ったこと、対応に困ることなどが出てきたら
ためらわずに周囲の人に聞いてみてください。

その他、本土の都市部との違いとしては、
◆集落費または字費(≒自治会費)が概して高い
→転居の際に、集落の区長さんにご挨拶する際にでも聞いてみてください。
◆台風や強風時には島外移動が出来ないことが多い
→飛行機はもとよりフェリーも欠航します。
◆引越代がびっくりするほど高い
→九州から運ぶよりも、ネット通販で購入したほうがいい場合もあります。
島で必要なものは生活している過程で分かってきますし、
必要なものはセンスを問わなければ島でも手に入ることが多いです。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば
お気軽にご連絡ください。
沖永良部島で楽しい島暮らしをお祈りしております。

2015.12.01
たかたか 様より
一人移住について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = たかたか
在住都道府県 = 岐阜県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

女性一人での移住は厳しいでしょうか?
家族もみんな手を離れ、
自分の時間をこれから大切に、ゆっくりと過ごしたいと思っています。

でも新しい地で職を探して、一人でというのは難しい土地でしょうか?

一度行ってみたい…と今は夢が広がるばかり。
12月末とか急には行けないものでしょうか?

------------------> Masumiからの返事
たかたか様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

女性一人で移住される方はいらっしゃいます。
ただ、仕事や住まい探しは簡単ではないと思います。
賃貸住宅の大半が島内保証人を求める物件や不動産会社を介さない相対取引で
自分の気に入った物件にたどり着くにはかなりの時間と労力が必要だったりします。
仕事については、求人はあるものの、給与や処遇、職種などの選択肢が限られています。
詳細は http://www.neriyakanaya.jp/job.html を参考にされてください。

でも、島の一人暮らしで一番大変なのは、地域行事や台風などの後始末など
自分でコントロールできない仕事がたくさんあり、自分の都合だけで動けることが
都会よりも少なくなることかもしれません。

厳しい現実もありますが、それでも島の暮らしが楽しいと思うかどうかは
ご本人の価値観なので、一度来島し、多くの移住者や島民と話されて
意思を固められることをお勧めします。

12月以降に実施するツアーが2つあります。
奄美大島 やまとそん女子旅(同年代の方の参加がすでに決まっています)
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2015_joshitabi/index.html#free

徳之島 移住体験ツアー
近いうちに詳細が決まります。

また、ご自分の予定で自由にメニューが組めるフリー滞在プログラムを
奄美群島で実施中です。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/index.html

ツアーやプログラムをご利用いただくと、短時間で多くの島民と接することが
出来るので、より早く島暮らしがイメージできると思います。
ぜひ、参加をご検討ください。
また、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。

今後とも、ねりやかなやをよろしくお願い致します。

2015.11.04
ニシアムロレイ 様より
加計呂麻島の移住体験プログラムについて、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ニシアムロレイ
在住都道府県 = 鹿児島県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 50~59歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

瀬戸内町の加計呂麻島の移住体験のプログラムはありますか?

------------------> Masumiからの返事
ニシアムロレイ様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、現在実施の加計呂麻島のプログラムは
「<S6> 加計呂麻島のIターン者と話がしたい」
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2015_amamioshima/free.html となっています。
加計呂麻島にはIターンの方もたくさんいらっしゃるので、
いろいろな話が聞けると思います。

ただ、他に関心ごとや知りたいことがあれば、瀬戸内町役場に相談してみては
いかがでしょうか?
移住関連の担当は、企画課企画振興係(信島さん・太原さん)です。
TEL:0997-72-1112
瀬戸内町の移住関連の取組は下記になります。
http://www.town.setouchi.lg.jp/shinkou/kan/iju/jutaku/seikatsu/shien.html

以上で回答となりますが、不明な点等があれば
お気軽にご連絡ください。

2015.10.26
りょう 様より
移住について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = りょう
在住都道府県 = 愛知県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

21歳の独身の男ですが
奄美大島の移住を考えてます。

移住に関してのアドバイスや
どうやったら移住できるのか
教えてもらいたいです。

若いので信じてもらえ
ないかもしれないのですが
冷やかしではなく
本気で移住したいと思ってるので
返信お待ちしております。

------------------> Masumiからの返事
りょう様
お問い合わせ回答: 

お問い合わせの件ですが、移住検討の際に最も質問を頂くのは
仕事と住まいに関することです。
でも、仕事や家をどうするかを具体的に考える前に1度でも来島し、
島で暮らすイメージを先に持つことをお勧めしています。

同じ日本とは思えない島独特の慣習があったり、価値観が違ったりすることが
あります。
島のいい面や悪い面を見つめずに移住し、「こんなはずではなかった」と
島を離れる方もいらっしゃいます。

具体的に仕事や家を探す前に、「暮らす」目線で島に滞在してみてはいかがでしょう?
現在、奄美大島でフリー滞在プログラムを実施中です。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2015_amamioshima/free.html

可能な限り、いろいろな島民と話すことで、生活イメージが掴みやすくなるはずです。
また、先輩移住者に体験談を聞いてみるのも参考になると思います。
移住前のイメージと違ったこと、やりたかったのに出来なかったことなど
生の話は今後の検討に大いに役立つと思います。

ページ