奄美大島 移住 | 奄美群島への移住支援サイト ねりやかなや
「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、「海のかなたの楽園」の意味です。

現在地

移住検討について、ご質問を頂きました!

2016.08.13
美紀 様より
移住検討について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = 美紀
在住都道府県 = 海外
ご年齢 = 40~49歳
メッセージ =

今、米国にいます。
子供達と主人は日本語を話しませんが、日本の南の島に移住を考えています。
でも、島があまりにもありすぎてどこから手をつけていいか全くわかりません。
色々な情報をはじめに集めたいと思います。

------------------> 奄美群島広域事務組合からの返事
美紀様

この度は奄美群島に関するお問い合わせをいただき、ありがとうございます。
奄美群島広域事務組合の濵川と申します。

まず、奄美群島についてですが、鹿児島県本土と沖縄県の間に位置しており、
有人8島12市町村で構成されております。
http://www.neriyakanaya.jp/life/geography/index.html

年間を通して温暖な気候で、自然豊かな奄美群島は、世界自然遺産の
登録候補地となっております。

また、島暮らしという狭いコミュニティでの生活となるため地域単位での行事や
催しが盛んであり、人と人との距離も近く、互いに助け合う「結い(ゆい)の精神」が
あるのも奄美の特徴であると感じております。

しかしながら、台風の常襲地帯でもあり、台風の通過に伴い、飛行機・船便の欠航や
停電なども毎年のようにあるため、不便を感じることもしばしばございます。

世界自然遺産登録に向け、外国人受入れ対応のために様々な取り組みを始めて
おりますが、現状としては十分なものであるとは言えないと存じます。

また、奄美群島在住の外国人も少なからずいるものの、その数は少ないと
感じております。そのため、地域の方々(特に田舎にいけばいくほど)も外国人に
慣れていない人が多いと思いますので、苦労を感じることもあろうかと思います。

米国にお住いということですので、難しいこととは承知しておりますが、
まずは、実際にその土地を訪れ、「ここに住みたいのか」「ここで暮らしていけるのか」を
肌で感じることが一番だと思います。

そのためにも事前に判断する材料が必要かと存じますので、もし、差し支えなければ、
「何故、日本の南の島に移住を考えているのか?」「どのような暮らしをしたいと
考えているのか?」「どんな情報がほしいのか」など、具体的にご教示
いただけますでしょうか?

どうぞ、宜しくお願い致します。