奄美大島 移住 | 奄美群島への移住支援サイト ねりやかなや
「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、「海のかなたの楽園」の意味です。

現在地

地域への溶け込み方について、ご質問を頂きました!

2017.08.21
ふっくん 様より
地域への溶け込み方について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = ふっくん
在住都道府県 = 福岡県
ご家族構成 = シングル
ご年齢 = ~29歳
メッセージ =

昨年、加計呂麻ハーフマラソンや奄美大島観光桜マラソンに参加して、自然が多く穏やかな生活ぶりに憧れて移住を考えるようになりました。
以前、ハローワークのサイトで見つけた精神保健福祉士の求人が残っていて採用が決まれば、移住をしようと思っています。

単身で地域の中に溶け込むことに若干の不安を感じるのですが、皆さん、どうやって地域交流を始めるのでしょうか?
移住したら、地域に溶け込むよう地域行事の手伝いなど積極的に参加したいですが、誰の紹介も無くそのような場に行っても、よそ者扱いされないかと不安に思います。

------------------> Masumiからの返事
ふっくん様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの件ですが、地域に溶け込むために行事等に積極的に参加されれば
自ずと地域の一員として認められていくはずです。
奄美大島の名瀬地域など市街地の一部を除き、引越すると集落費や行事等の説明を
集落区長など自治組織のメンバーが行うのが一般的です。
集落民が集まる行事等で入居者は紹介されたりします。

ただ、最初のきっかけが掴みにくいと不安に感じられたり、
どの地域に住むかを検討する場合には、フリー滞在プログラムをご利用されることを
お勧めします。
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2017_amamioshima/free.html

地元の人々と移住前に知り合っておくことで、家探しや引越など
いろいろアドバイスに乗ってくれる機会が増えると思います。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。