奄美大島 移住 | 奄美群島への移住支援サイト ねりやかなや
「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、「海のかなたの楽園」の意味です。

現在地

戸建て住宅について、ご質問を頂きました!

2018.04.05
丹沢独歩 様より
戸建て住宅について、ご質問を頂きました!
ハンドルネーム = 丹沢独歩
在住都道府県 = 神奈川県
ご家族構成 = カップル
ご年齢 = 60歳~
メッセージ =

大島郡で隠居生活をしたいと思っている76歳と67歳の「カップル」です。
静かなところで2DK程度の一戸建て住宅(賃貸または売買)を探しています。
適当なものがあればご紹介ください。

------------------> Masumiからの返事
丹沢独歩様

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの不動産物件事情ですが、奄美市名瀬、南部の瀬戸内町古仁屋を除くと、
賃貸、売買とも仲介物件は少ないです。
奄美市名瀬地区、瀬戸内町古仁屋地区を除くエリアは、相対取引が主流になっているからです。
そのため、インターネットで情報を集めることは難しく、
地元民のクチコミでいい物件は流通していくので、口コミネットワークに入っていない場合は
足をこまめに使って地元物件情報を聞いて回るか、地元民の紹介を頼って物件情報を
入手することになります。

その中で、インターネット、メールで対応する会社を幾つかご紹介しますね。
弊社では不動産物件の斡旋は行わないため、直接、不動産会社にお問い合わせください。

奄美NEXT不動産 
http://www.amami-nextworks.com/

あまみ不動産 
https://amami-fudousan.com/

深田マザーホーム不動産事業部 
http://jrec.amamin.jp/

その他、市町村で空き家バンクを用意していますので、そちらも参考になさってください。
http://www.neriyakanaya.jp/living/amami.html

また、奄美大島南部の瀬戸内町では、半年まで滞在できる町営の移住体験住宅があります。
島暮らしを体験し、地元民との接点が広がると、物件探しでも幅が出てきます。
特定の場所に住みたいということでなければ、まずは体験してみるというのもお勧めです。
瀬戸内町の移住体験住宅は、↓を参考にされてください。
http://www.neriyakanaya.jp/living/housing.html#cont03

以上で回答となりますが、不明な点等があればお気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。