奄美大島 移住 | 奄美群島への移住支援サイト ねりやかなや
「ねりやかなや」とは奄美地方の方言で、「海のかなたの楽園」の意味です。

現在地

2018.08.02
copacabana 様より
下見について、ご質問をいただきました!
ハンドルネーム = copacabana
在住都道府県 = 福岡県
ご家族構成 = ファミリー
ご年齢 = 30~39歳
メッセージ =
お問い合わせ内容: 

こんにちは。
家族5人(46歳,34歳,4歳,2歳,1歳)で、移住を(2年後に)考えています。
旦那のお父さん、お母さんが奄美大島出身ということもあり、住むなら奄美がいいと旦那が言っており、話し合った結果、長女が小学校入学時期に奄美大島へ行こうと決まりました。
しかし、遠いので、そうしょっちゅう伺うことできず、移住まで1-2回の訪問で職や住む場所が決まるかどうか不安があります。
行くなら、1週間ほど滞在し、市役所訪問しようと考えております。
移住体験プログラムにも参加したいのですが、家族総出で奄美へ行くとお金もかかるので、参加が難しいです。
移住体験プログラム以外でなにかオススメのものがありましたら、教えて頂きたいです。
ちなみに、親戚は、あった事もないですし、いたとしてもかなりのご高齢なので、あてもありません。
長々と、申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

------------------> Masumiからの返事
copacabana様
お問い合わせ回答: 

ねりやかなやをご利用いただき、ありがとうございます。

奄美大島を移住候補に選んで頂き、うれしく思います。
1~2回の来島で移住計画を決定したいとの前提で、
いくつか質問させてください。

①奄美大島5市町村のどの集落が候補になるかは決めていらっしゃいますか?
外周約500㎞あるので、移住候補地が未定だと候補地選びだけで
初回は終わりになってしまう可能性があります。
地勢だけでなく、お子さんの教育環境や行政の移住支援策なども
候補地選びに影響を与えると思うので、事前に調べられることは
調べて来島されるとよいと思います。
奄美大島の地勢 http://www.neriyakanaya.jp/life/geography/index.html#cont01
5市町村の子育て・教育支援情報 http://www.neriyakanaya.jp/life/childcare/amami.html
奄美大島の集落情報 http://www.neriyakanaya.jp/life/village/index.html
行政の住宅支援情報 http://www.neriyakanaya.jp/living/housing.html#cont04

②お仕事の候補はありますか?
都会と違い、常に希望の職種の求人があるわけではないので
移住するタイミングに仕事が見つけられない可能性があります。
奄美大島の主な求人は医療・介護、建設、その他サービスで
職種としては事務、調理、看護の仕事になります。
詳しくは→を参照ください。 http://www.neriyakanaya.jp/living/index.html
初回の来島で求人事情をハローワークや転職サイトで聞かれてはいかがでしょうか?
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2018_oshima/free.html#com4

フリー滞在プログラムには、市町村の移住担当者に話を聞くなど
無料のメニューも多くありますので、ご利用をご検討されてはいかがでしょうか?
http://www.neriyakanaya.jp/tour/tour2018_oshima/free.html#menuListFrame
滞在中に可能な限り地元民と接点を持たれることで、島にいないと得られない情報が
集まってくることが多いです。

以上で回答となりますが、不明な点等があれば、お気軽にご連絡ください。
今後とも、ねりやかなやをよろしくお願いします。